カナダグースVSウールリッチ 徹底比較!

暖かく機能性に優れたダウンJKT。それは冬になると必ず欲しくなるもの。

今回はその定番中の定番とも呼べるカナダグースのジャスパーウールリッチのアークティックパーカを紹介します。

是非高性能ダウンが気になっていた方は参考にしてみて下さい。




カナダグース(CANADA GOOSE)とは


1957年カナダのトロントで創業したダウン専業ブランドであるカナダグース。

従来の ”軽くて温かいのが良いダウン” という考えとは少し違い、あくまで極寒の地での労働に耐えうるタフさと温かさを追求したオーバースペックブランド!!

南極探検家や登山チーム。更には様々な企業が使用しており、タフさは間違いなくこの手のダウンの中ではナンバーワンでしょう。

アークティック・テックというカナダグースが独自で開発した高密度に織られた特殊素材を使用することにより、雨雪をいとも簡単に弾き、労働の中で起きる摩擦にも耐えうる耐久性を実現しました。

また徹底的にMADE IN CANADAを貫き通し、クオリティーを落とさず良心的な値段を維持できているところもGOOD POINTです。 高いと思った方は大間違い!!着てみるとわかります!

その中でも定番中の定番のジャスパーは夏には各有名セレクトショップなどで予約が始まり、冬になる頃にはすでに売り切れてしまっているほどの人気商品です。

カナダグースのベストの定番フリースタイルベストが気になる方はこちらの記事へ !サイズ感抜群!カナダグースフリースタイルベスト 

ジャスパー(JASPER)のスペック


Crouka

カナダグースの数あるモデルの中でも不動の人気を誇るモデル、ジャスパー(JASPER)

スペック

  • 着脱式のコヨーテファーが付いているフードは帽子の上からでも被れる設計
  • フロントジッパーは大きめのYKKジップを使用しているので、手袋の上からでも難なく開閉可能
  • フリースのウェルトハンドウォーマーポケット2か所
  • ジッパー付きナポレオンポケットが左胸に配置
  • 内ポケット3か所。ジッパー付きセキュリティーポケット1か所、ドロップインポケット2か所
  • 袖口をリブ仕様にすることで、風の侵入を防ぐ
  • 独自開発のアークティック・テック素材を採用
  • 625フィルパワー(ダウンの量)
  • カナダ製

ジャスパー(JASPER)のサイズ感


WOODY COMPANY

サイズ表記  XS  S  M  L
着丈  77 cm 81 cm 84 cm 86cm
胸囲  100 cm 106 cm 108 cm  112 cm
肩幅 44 cm 45 cm  46 cm 47cm
袖丈  64 cm 66 cm 68cm 68.5  cm
身長目安 160cm~165cm 165cm~172cm 173cm~178cm  70cm~

※国内正規商品サイズ(海外規格はサイズが違うので注意)

ジャスパーの国内正規商品サイズは、オリジナルのカナダグースの物とはサイズ感もダウンの量も異なり、ダウンは従来のものよりも少なく、身幅やアームホールはかなり絞られた設計です。

袖丈を長めに設計しているので、細身の体型の人でしたら身長目安プラス5センチくらいは高くても問題と思います。

ちなみに私の場合177センチ63キロですが、Sサイズがジャストサイズです。

ジャスパー(JASPER)の良い点と悪い点


Good Point

1、日本規格はかなり細身で街使いに最適

2、サイズの幅がXSからあり、どの体型の人でも必ず合うサイズに出会える

3、ハイスペックなのでインナーは薄着でOK

Bad Point

1、オーバースペック過ぎて、体温調節が難しい

2、素材の強度が強いが硬いため、他ブランドの物に比べると動きづらい

3、細身過ぎるので、JKTの上から羽織りづらい ※スーツスタイルで合わせたいと考えている方は、並行輸入の物を選ぶかサイズを一つ上げるとGOOD。

スーツスタイルに合うBAGを探している方は

スーツとの相性バツグン。高機能BAGアークテリクス(ARC’TERYX)ブレード20も合わせてお読み下さい




ウールリッチ(WOOLRICH)とは


1830年にジョン・リッチによってペンシルバニア州で誕生したアウトドアブランド。

ウールという名をブランドに掲げているだけありWOOL素材の商品に定評ありアメリカ最古のアウトドアブランドとして今なお不動の地位を確立しています。

アームホールの太いネルシャツや、野暮ったい着丈の長めのマウンテンパーカーを古着屋でよく見る!!

というイメージが強い方も多いと思いますが、2006年にイタリアのWPラヴォリ社と契約を結び、「ウールリッチ ウーレンミルズ(WOOLRICH WOOLEN MILLS)」と名前を変え、現代的にサイズ感や素材など全てを見直し、アップデートされています。

カナダグースのようにダウン専業ブランドでは無いですが、ウールリッチの長い歴史から生まれたダウン製品は高品質でダウン専業ブランドに負けず劣らずの素晴らしい完成度です。

その中でも特に完成度の高いアークティックパーカはダウンJKTの完成形と言えるでしょう。

アークティックパーカ(ARCTIC PARKA)のスペック


WOODY COMPANY

  ウールリッチの数あるモデルの中でも不動の人気を誇るモデル、アークティックパーカ(ARCTIC PARKA)

スペック

  • 着脱式のコヨーテファーが付いているフードは帽子の上からでも被れる設計
  • フロントジッパーは大きめのYKKジップを使用しているので、手袋の上からでも難なく開閉可能
  • フリースのハンドウォーマーポケット2か所
  • 大きなフラップポケット2箇所
  • 内側にドロップインポケット2か所、胸元に1箇所
  • 袖口をリブ仕様にすることで、風の侵入を防ぐ
  • ナイロン60%コットン40%配合の64クロスを採用
  • 650フィルパワー(ダウンの量)
  • 中国製またはモルドバ製が主流

アークティックパーカ(ARCTIC PARKA)のサイズ感


WOODY COMPANY

サイズ表記  XS  S  M  L
着丈 73.5 cm 76 cm 78 cm 79cm
胸囲 104 cm 108 cm 112 cm 117 cm
肩幅 42 cm 43.5 cm 44 cm 45.5cm
袖丈 63.5 cm 64.5 cm 67cm 68.5  cm
身長目安 160cm~165cm 165cm~174cm 175cm~185cm 185cm~

カナダグースのジャスパーに比べて着丈を短く身幅をやや広くした設計になっています。

かと言って着丈が短いわけではないので、サイズ選びとしては、着丈は気にせずに身幅を一番に考えると良いと思います。

ちなみにジャスパーも私はSサイズですがカナダグースより少しゆとりがあるように感じられます。

アークティックパーカ(ARCTIC PARKA)の良い点と悪い点


Good Point

1、64クロスなので生地がナイロン100%より柔らかく、動きやすい

2、身幅を少し大きめに取っているので、JKTの上から羽織りやすい

3、ウエストのドローコードを調整することで、キレイめにもカジュアルにも対応

Bad Point

1、64クロスは長年使うと、色が褪せてくる

2、オーバースペック過ぎて、体温調節が難しい

3、今ではMAID IN CHINAかモルドバ製が主流

※ロクヨンクロスがあまり好きでない方は、新素材を使ったニューアクティックパーカがオススメ!!

最後に


ジャスパー(JASPER)とアークティックパーカ(ARCTIC PARKE)を比べてみると、正直スペックはどちらも申し分なく。日本の気温であれば何処にいても何の問題もありません。

あとは着用するシーンの違いだけでしょうか。

街を歩くとスーツの上からカナダグースを着用している人を多く見ますが、何処か窮屈で細身の見た目を重視してしまっていて個人的にはスーツのようなJKTスタイルにメインで合わせるのであれば断然ウールリッチの方をおすすめします。

逆にカジュアルに、サラッと薄着の上から羽織りたいのであればカナダグースが良いと思います。

楽天からジャスパーを探す

楽天からアークティックパーカを探す




シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。