コードバンにオススメの防水スプレー!オールデンレザーディフェンダー


出典:CRISPIN

Advertisement

数ある高級紳士靴の中でも異彩を放つブランド。

オールデン(ALDEN)

男の憧れであり、まさに一生物!

オールデンの代名詞と言われるコードバンレザーを使用した靴は、必ず一足はストックしておきたい定番中の定番

、、、、、、

しかしコードバンの手入れは難しく、雨に弱いのが最大の弱点であり、”履きたい”と言う気持ちとは裏腹なんとなく避けてきたんじゃないでしょうか??

今回はそんなコードバンを守るオススメ防水スプレーと手入れ方法をご紹介します。

そもそもコードバンって??

コードバンは「黒いダイヤモンド」と言われるほど希少価値が高く、唯一無二の輝きを放ちます。

そのレザーの正体は馬一頭のお尻から、ほんのわずかにに取れるレザーであり、いつの日かコードバンはなくなるであろうとさえ言われている希少価値の高いマテリアルです。

その輝きはカーフレザーのそれとは全く別物で、歩く度に艶は増す一方。

着用者の歩き癖とともにシワを残し、まるでオーダーメイドの靴のように足に吸い付きます。

※コードバンの発祥地などは実は不明であり、(スペインのコルバト地方が最有力??)

希少価値の高さと厚さ2mmの極厚の革を取る際の行程がまるでダイアモンドの発掘のようでることから「革のダイアモンド」と例えられるようになりました。

最大の天敵は雨


1年の内3分の1が雨である日本!

その雨は恵みの雨であるとともに、オールデン(ALDEN)や革靴好きの感度の高い男性の悩みのタネでもあります。

雨の日はスエード素材や、ポリッシュドレザーなどを履くしか方法が無く、万が一コードバンの靴を履くような日があれば瞬く間にくっきりとした雨ジミが残ってしまいます。

雨に弱い理由は、従来の革は2層構造で正面に膜が張ってあるのにあるのに対し、コードバンの1層構造
その為、雨や傷などから守る事が出来ずダイレクトにレザーにそのダメージが伝わってしまいます。

しかし1重構造で高密度の繊維がむき出しになっているからあのような素晴らしい輝きを放つのです。

オールデン(ALDEN)を守るシューケア用品:レザーディフェンダー

CRISPIN

1重構造のコードバンであるオールデン(ALDEN)を雨から守るケア用品を紹介します。

オールデン社から発売されている優れもの。

その名もオールデンレザーディフェンダー

オールデンから発売されているだけあって、まさにオールデンのコードバンの為のものと言ってしまってい良いでしょう!!

簡単に効力を言ってしまえば、1層のコードバンをレザーディフェンダーを塗ることによって2層にしてしまう。という事です。

オールデンレザーディフェンダー使用方法

ポイント1

・吹きかけるのでは無く、クロスを使う。

・直接吹きかけてしまうと、コードバンの吸収力の高さに負けてしまし、表面に膜を貼る前に中に入り込んでシミになる可能性があるので要注意です。

ポイント2

・あくまで表面に塗る。
靴磨きとは違い、あくまで表面に膜を張るイメージなので、普段使っている柔らかいクロスに吹付け、その後に優しくコードバンの表面に塗りましょう。

摩擦が起こらないくらい、塗るのではなくて当てるというイメージで!!

ポイント3

2度に分けて塗る

オールデンレザーディフェンダーは15分ほどで乾くので、最初につけてから、15分後に1回目より気持ち多めに塗りましょう。

2回目は1回目の膜がコードバンを守っているので、シミを気にすること無く塗ることが出来るので、少し多めに!!これが意外と重要です!!

☆オールデンの靴のラスト(木型)についての記事も書きました。合わせてどうぞ
一足目のオールデンは日本人にあうフィット感のバリーラストがおすすめ

最後に

オールデンのケア用品、オールデンレザーディフェンダーはあくまで撥水加工を施すスプレーなので、期間をあけると効力は弱まりますが、雨が振りそうな日や定期的に日曜日の休日にでも、使用すれば怖いものなしです。

オールデンをすでに持っている。オールデンをこれから購入するという人は、マストでこのアイテムをオススメします。

Advertisement
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。