時計ブランドKnot(ノット)その特徴とおすすめモデル紹介

出典:Knot(ノット)

Advertisement

時計ブランドKnot(ノット)

聞き慣れない方も多いかと思いますが、実はオシャレな人の間かなり人気が出ているJAPAN MADEブランド。

比較的に安価で手に入るのも人気の秘密ですが、それ以上にバリエーションの多さが最大の人気の理由。

今回は2,3万円で購入することの出来るKnot(ノット)の良さをご紹介します。

□こんな方に読んでほしい
★ノットが気になるる
★サファイアガラスってなに?
★ノットのおすすめのモデルが知りたい。

ノットの時計と相性良いシンプルな財布グレンロイヤル。気になる方はこちらもどうぞ。
グレンロイヤルの財布「マネークリップ」ブライドルレザーのウォレットならこれがおすすめ

Advertisement

Knot(ノット)とは

出典:Knot(ノット)

東京吉祥寺で誕生した時計メーカー、Knot(ノット)

すべての生産工程を海外に委託すること無く,MAID IN JAPANを貫いている数少ない時計メーカー

日本のものづくりを成し遂げたKnot(ノット)は値段以上の最高のパフォーマンスを発揮しています。

正直言って7~10万円くらいの中堅価格の時計を買うなら、2万円ほどで買えちゃうKnot(ノット)のほうが断然オススメです。

Knot(ノット)の素材

Knot(ノット)の時計が良いとされる一つの理由として、低価格に見合わない高品質というのが挙げられます。

ポイント1

サファイアガラス

出典:Knot(ノット)

時計を少し知っている人なら絶対に知っているであろうワード、サファイヤガラス。 (文字盤を覆うガラス部分である風防に使われる素材)

ロレックスやオメガなどの高級時計で使用されることが殆どで、安めの時計でもハミルトンなどの価格帯じゃないと使用されない高級素材。

Knot(ノット)の風防はこのサファイヤガラスを使用しています。

恐らくですが2万円台の時計でサファイヤガラスを使用しているブランドは世界中を探してもKnot(ノット)しか無いと思います。

低価格の時計にはアクリルガラスや、ミネラルガラスという比較的安価な素材が使用されることが多く、この2つも非常に良いのですが、強度の面を見るとサファイヤガラスの足下にも及びません。

サファイヤガラスは名前の通りサファイヤほどの強度がありダイヤモンド以外で摩擦を加えても、傷一つ付かないと言われるほどの強度なので、日常生活での仕様で傷が付くことはほぼ無いと言えるでしょう。

ポイント2

栃木レザー、姫路レザーのベルト

出典:Knot(ノット)

日本の2大タンナーブランドと称される、栃木レザーと姫路レザーをベルトに使用しています。

栃木レザーはレザーブランドのSLOWなんかでもメインで使われているレザーであり、最大の特徴はその鞣し方にあります。

フルベジタブルタンニンという鞣しを行っており、滑らかかつ強度を手に入れたレザーは身につける度ににきれいな経年変化が生まれます。

一方の姫路レザーはクロム鞣しを行っており、現在ではこの方法で作られるレザーが主流となりましたが、その数あるクロムレザーの中でも日本でトップのクオリティを誇るのが姫路レザーです。

クロムレザーは栃木レザーほどわかりやすい経年変化はしませんが、耐久性が非常に強く雨にも負けない防水性があることが特徴です。

この日本の2大タンナーメーカーの革を使用しているKnot(ノット)は、つけ心地も最高品質です。

組み合わせ自由。Knot(ノット)の豊富なデザイン

出典:Knot(ノット)

栃木レザーと姫路レザーだけで終わらないのがKnot(ノット)!!

レザー以外にも定番のNATOベルトや、メタル素材のベルトも取り扱っており、様々なベルトが用意されています。 そんな数多くあるベルトと時計本体を自由に組み合わせる事ができる。 これがKnot(ノット)の最大の特徴です。

従来の時計だと時計とベルト部分はセットで販売されることが基本でしたが、Knot(ノット)はベルトと時計本体を分けて販売することによって、自由な組み合わせが出来るようになり、デザインの幅を格段に広げました。

ワンタッチでベルトの取替が可能なので、ベルトを数種類持っているだけでカジュアルな時はNATOベルトをつけたり、フォーマルな時はレザーベルトをつけたりと、ONとOFFの切り替えができ、自分だけのお気に入りの時計の組み合わせを考える楽しさが生まれました。

なんとそのレパートリーは8000以上!! これはありそうでなかったことですが、ファッションとして時計を見た日本ブランドだからこそ成せた技なのでしょう。

Knot(ノット)のオススメモデル

出典:Knot

直径36ミリの小さめのモデル。Knot(ノット)の時計はシンプルなものが多く、クラシックスモールセコンドはその中でも非常に癖が無いので、どのベルトとも相性抜群。 さり気なく身につけたい人にオススメ。

Knot(ノット)“クラシック スモールセコンド”シルバー & アイボリー時計本体のみ(ベルト別売り)腕時計/メンズ/レディース/サファイアガラス/日本製/MADE IN JAPAN/

価格:15,120円
(2018/1/2 01:50時点)
感想(21件)

 

クラシック クロノグラ

説明不要の男心をくすぐるクロノグラフ。 ベルトは蛇腹でも良いですがNATOベルトでカジュアルにするのもオススメ。

Knot(ノット)“クラシック クロノグラフ”シルバー & ネイビー時計本体のみ(ベルト別売り)腕時計/メンズ/レディース/サファイアガラス/日本製/MADE IN JAPAN/

価格:20,520円
(2018/1/2 01:49時点)
感想(1件)

クラシック スクエアスモールセコンド

高級感を出すならスクエアタイプがオススメ。 レザー部分はNATOなどよりもリザードレザーや型押しレザーなどで、よりラグジュアリー感をだすとGOOD!!

Knot(ノット)“クラシック スクエアスモールセコンド”イエローゴールド&シルバー時計本体のみ(ベルト別売り)ウォッチ/メンズ/男性/レディース/女性/サファイアガラス/日本製/腕時計/MADE IN JAPAN/おしゃれ/腕時計/

価格:17,280円
(2018/1/2 01:47時点)
感想(1件)

Advertisement
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。