おすすめ!アークテリクスの都会向けライン。ヴェイランスとその特徴

Advertisement

アークテリクスの別ラインで、より街使いに特化している都会向けライン

アークテリクス ヴェイランス(Arc’teryx VEILANCE)

 

現行のアークテリクス(Arc’teryx)は世界最高峰のアウトドアブランドであり、どのような過酷な環境下でも最高のパフォーマンスを発揮する事ができる素材とデザインが最大の特徴。

 

他のアウトドアウランドよりはスタイリッシュなデザインですが、動きやすさ考慮しアームホールを太めにしたり、インナーを十分に着込めるように身幅を広く設計したりと、都会使いに問題は無いですが、アウトドアファッションの枠の中から抜け出すことは出来ていませんでした!!

 

いわばどこまで突き詰めても結局はアウトドアブランドでした。

 

一方のアークテリクスヴェイランスはより無駄を省き、より都会向けに考えられたデザインを採用しており、街で使うに当たっての最高峰のパフォーマンスを発揮します。

デザインもアウトドアブランドとは思えないスタイリッシュなデザイン。

 

まるでハイブランドのようなカッティングで、初めて見る人や着る人からすればアウトドアブランドとは恐らく思えないでしょう。

 

アウトドアっぽくない格好をしたくない時に、アウトドアブランドの洋服を着るという最高の矛盾を実現させました!!!

 

今回はそんなヴェイランスラインのオススメアイテムを紹介します。

アークテリクスの定番マウンテンパーカーが気になる方はこちらへ!
アークテリクスの最強マウンパ。LT・AR・SVの違い。

Advertisement

アークテリクス ヴェイランス ブレザーLT

初めにおすすめしたいのがこれ!!!

ブレザーLT!

軽量かつ、通気性が抜群にいい優れもの。撥水加工もしているので多少の雨なら問題なく弾き返します。
まさかあのアークテリクスからラペルのあるJKTが生まれるなんて!!

初めてみた時は感動を覚えました。

 

ラペルはどんなシーンでも活躍するノッチドラペル。
ボタンが従来のブレザーと違い外側に見えな設計のスライド式スナップボタン。(COBRAX社製)

 

前身頃の裏にはパスポートなど多少の大きさのものなら収納可能なポケットが付き、アウトドアブランドでは、よく使用される止水ジップを採用。

また縫い目部分にはシームテープを施しているも特徴。

 

まさにアウトドアブランドが作ったジャケットって感じが素晴らしいです!!

 

アークテリクス ヴェイランス Nomin Pack

初めてこのリュックを見た時は、「どうしてこんなに高いんだ??」と驚きましたが機能性や素材のことがわかると、なるほどと頷けました。

 

リップストップナイロンという、ウレタンラミネートを施したAC² ナイロンという加工を施していて、耐久、耐水、耐候性に優れた素材を使用してます。

 

めちゃくちゃ軽いのに、かなり頑丈というのが特徴

持ってもらうとわかりますが、とにかく軽い!!!

インサイドも都会向けの仕様になっており、パソコン収納用のポケットや、その他街使用に非常に便利な構造になってます。

もちろんジップは止水ジッパー!!

 

アークテリクスのブレード20のバッグが気になる方はこちらへ!
スーツとの相性バツグン。高機能バッグアークテリクスのブレード20

アークテリクス ヴェイランス Node Down Jacket

ヴェイランスのヘビーアウターである、Node Down Jackt

 

ダウン特有のごわつきやもこもこ感は一切なく、着丈が短いのでブルゾンの様に軽い感じで羽織る事ができます。

 

もちろん止水ジッパで防水加工されているタフな素材です。

 

ダウンパックは内側に配置されており、中のダウンは850フィルパワーのヨーロピアングレーグースダウンを使用。

アークテリクスなら、プリマロフトを使用するのかなと思うところを、逆にしっかりとダウンを詰めるところがナイスです。

 

アークテリクスのマウンテンパーカーの劣化が気になる方はこちら。
ゴアテックスジャケットの経年劣化例と長く使うためのケア方法

Advertisement
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。