ジョンスメドレーのメリノウールカーディガン。イージー・スタンダード・スリムフィットの違いと特徴

Advertisement

新年が明け、セールに見向きもせず、すでにもう春夏に目を向けてる。。。

なんて人も多いのでは無いでしょうか??

春前になると、なんだか欲しくなる普通のカーディガン。

今回は普通のカーディガンの中の最高峰。

ジョンスメドレー(John Smedley)を紹介します。

イギリスの名門バラクータが気になる方はこちらもどうぞ!
歴史的名作「男の憧れ」バラクータのスイングトップG9

ジョンスメドレーとは??ブランド紹介

ジョンスメドレーは1784年に誕生したニットウェアブランド

最高級の素材である、ニュージーランドのメリノウールジョンスメドレーズシーアイランドコットンという素材を使用しており、

何と言っても30ゲージという超軽量の網目の細かいハイゲージニットを得意とし、生産をしています。

30ゲージで編むというのは、他のブランドが簡単に真似できることではなく、これがジョンスメドレーのジョンスメドレーたる所以であり、最大の特徴です。

最近ではコンピューターの導入をしていて、昔ながらの製法に加え、コンピューターの精巧さも活かしているので、形はすごくきれいで、どんな体型の人にもあう、最高の肌触りのニット製品を作っています。

ジョンスメドレー(John Smedley)のカーディガン

今回ピックアップしたいアイテムはカーディガン

春・秋・冬と3シーズン活躍してくれるカーディガンは無くてはならない物。

あくまでサブ的な役割をするので、柄だったり個性は特に必要ない物。

求めるのは着心地と、サイズ感だけ。

ジョンスメドレーのカーディガンは大きく分けて4種類のサイズパターンがあってどの国の人にも合うようになっているので、バチッとキマるサイズが無いなんてことで困ることはありません!!

最高の素材で最高のサイジング見つかるのがジョンスメドレーです!!

サンスペルのポロが気になる方はこちら!
サンスペルのリヴィエラポロシャツとダニエル・クレイグの関係性

カーディガンの特徴とサイズ

基本的はイージーフィット・スタンダードフィット・スリムフィットの3種類。

そして新たに、日本人向けのジャパンフィットが誕生しています。(2016年〜)

この4つの特徴をご紹介します。

イージーフィット(easy fit)

サイズ S M L
肩幅 37 38 39
着丈 66 67 70
身幅 51 54 56
袖丈 57 57 58

イージーフィットは見ての通りの、オーバーサイズ気味な作り

スーツの中に着る。。と言うよりはこのカーディガン単体でファッションを楽しむのに適しているサイジングです。

袖は長く、リブでしまった手首にだぼつきが生まれ、身幅も広めにとっているので脇にあまりが出来る。

しかし着丈を短めに設定しているので、野暮ったさはそこまででない。

という絶妙なサイズ感です。

身長が小さい人よりは、身長が高く、ガッチリしている人向けなのかなぁと思います。

スタンダードフィット

サイズ S M L
肩幅 35.5 36.5 37.5
着丈 62.5 64 65.5
身幅 50 53 55.5
袖丈 64 64.5 65

スタンダードフィットでも実は割りと、日本人に取ってはオーバーサイズ

胸板があって、ガッチリしている人だと、びしっとスーツの中に着たり出来ますが、一般体型の人だと、まだまだ生地のあまりがあるサイジングです。

フォーマルで着たい人にはあまりお勧めできませんが、カジュアルに着るには何の問題もないサイズ感。

スリムフィット

出典:MODERN BLUE

サイズ S M L
肩幅 34 35 36
着丈 61 62 63
身幅 48 51 54
袖丈 65 66 67

そしてスリムフィット

体のラインに合わせて裁断されたカーディガンは非常に形が綺麗で、体にぴたっと張り付くような着心地です。

脇のあまりも無く、フォーマルやオフィスカジュアルなど仕事の際のカーディガンというイメージが強いでしょうか。

もちろん私服でもカッコイイですがどちらかと言うと、キレイめ!!

手の短い人は袖丈の長さを気にすると良いと思います。

せっかくきれいな形なのに腕だけダボダボになるのは避けたい所!!

ジャパンフィット ニューベーシック

出典:ginlet

サイズ S M L
肩幅 34 35 36
着丈 61 63 66
身幅 48 51 53
袖丈 64 65 66

2016年に誕生した日本人向けのジャパンフィット。

完全に日本人の体型にあうようにリサイズされています。

無駄のない袖丈、スリムフィットほど絞っていない身幅。

などなど、細身体型の日本人に合う、絶妙なサイジングに変更されており、これはこれでオススメ!!

しかし言い返せば、イギリス感は、、、無いです。

何を持ってイギリス感というのかは難しいところですが、イギリス人に合うように設計された袖の長さ。ちょっと余る身幅。

日本人が着ると少し余る感じが逆に、これぞジョンスメドレーって感じもするので、はじめての1枚目はイージー、スタンダード、スリムのどれかが良いかも。

そのあと自分自身の体型に本当にあったジャパンフィットを買うのがワタシ的にはオススメです。

まずは英国式のジョンスメドレーを楽しみましょう!!

Advertisement
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。