ウイングスアンドホーンズとレイニングチャンプのパーカーの歴史と特徴

Advertisement

ここ最近はアメリカブランドとイギリスブランドばかり紹介していたので、たまには違うとこの良い物も。

MADE IN CANADA

この生産国表記って、意外とMaid in USAより見つけるの難しい。

カナダグースを始め、大自然の多いカナダだからこその素晴らしい商品がたくさんあるのに。

日本への流通量的にカナダブランドはまだまだ日本にあまり入ってきていないんですかね??

wings+horns(ウイングアンドホーンズ)とその派生ブランドのREIGNING CHAMP(レイニングチャンプ)

素材に重きをおいてるブランドのパーカー。

めちゃくちゃ着心地いいです。

私の中では日本で言うところのヤエカやループウェラーみたいなイメージ。(良い着心地・良い素材)

今回はそんなブランドの春先に約立つパーカーを紹介します。

カナダ製と行ったらカナダグース!こちらの記事もどうぞ
カナダグースVSウールリッチ 徹底比較「歴史やサイズ感など網羅」

wings+horns(ウイングアンドホーンズ)とは??

ウイングスアンドホーンズは2004年にクレイグアトキンソンが立ち上げたバンクーバーのブランド。

ファクトリーブランドであり、アークテリクス、シュプリーム、ノア(NOAH)などにOME生産を請負っていた、かなり信頼できるファクトリーブランド!!

ファクトリーブランドって、作りが雑だったり、どこかのオマージュ的なものを手がけてるイメージがありますが、このブランドはそんなことは一切なく、かなり作り込まれています。

ヘビーウェイトなスエットが特に有名ですが、北米ではそれだけに留まらず、立派なアパレルブランドとして知名度があります。

ちなみにアディダスやダナーなど超有名ブランドとのコラボもシーズン毎に展開しています。

アークテリクスが気になる方はこちら!
春先にオススメ。アークテリクスの軽めのマウンテンパーカー

REIGNING CHAMP(レイニングチャンプ)とは??

レイニングチャンプとウイングスアンドホーンズを違うブランドみたいに書いちゃいましたが、

ウイングスアンドホーンズのものよりスウェット素材により特化した派生ブランドがレイニングチャンプ!!

よりシンプルで、パーカー1つ取っても、ライトウェイト、ミドルウェイト、ヘビーウェイトなど季節に応じた幅広いチョイスが出来るのが良いところ!!

カジュアルなウイングスアンドホーンズとは違って、スポーティーな印象が強く、スニーカーにスエットパンツみたいな、気の抜けたオフスタイルに合いそうなブランドです。

いわゆるアスレチックウェアー

wings+horns(ウイングアンドホーンズ)のパーカー

ウイングスアンドホーンズのど定番パーカーはこのLarge Loop Zip Hoody

カナダ産の上質なコットン生地を、タイトに仕上げたこのパーカ。

タイトながらも、袖とウエスト部分のリブ仕様を長めに取っているので窮屈感は無く、着心地は最高。

またジップもririを使用しており、高級感があります。

着丈は短めに取って、袖丈は長めに取り、フードは大きめ。

普通のパーカーに見えて実は個性を持っていて、一目見ただけで、何処のブランドか分かる存在感があるのもGood Point!!

REIGNING CHAMP(レイニングチャンプ)のパーカー

いわゆる普通のパーカー。
身幅も袖丈も何もかもが普通です。

その普通の中に詰まった見えない部分である、写真ではわからない高品質な素材。

着心地は最高でショットした外出から、お洒落したいときまで、かなり使い勝手の良いパーカーです。

チャンピョンの定番スエットなんかにあきた時に手にとって見るのがいいかも!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。