手入れ失敗。ポリッシュドレザーが剥がれてきた!サンダース編

長年大好きで使用していたサンダースのミリタリーダービー

使用年数5年が過ぎたサンダースのミリタリーダービーが良くない経年変化になってしまいました。涙

手入れいらずのイメージのガラスレザー、雨も強く、光沢感がなんともきれい。

ですが、剥がれや傷が出来てしまうと修理するのは難しいという欠点を持っています。

手入れをおろそかにしたつけがついに回ってきたようです。こんな事にならないようにお気をつけください。

ミリタリーダービーってどんな靴?っていう基本情報はこちらの記事へ!
「徹底分析」サンダースの定番シューズ。ミリタリーダービー!「サイズ感や履きやすさ等網羅」

 

素材別・アイテム別で様々な物のケア方法をコチラで紹介しています。
「【永久保存版】洋服別&素材別の正しいケア方法を紹介」

 

そもそもガラスレザーって何?

一般的にガラスレザーは革を鞣したあとに、合成塗料を上から塗り光沢が生まれたものを指します。

エナメルレザーほどテカテカしていなく、通常の鞣しまでの革靴よりも光沢がある。

質の悪い牛革でもガラスレザーで覆ってしまえばよいのだから、ほとんどのガラスレザーの革は安価。

けれど、SANDERSのミリタリーダービーは別物。

 

 

少し大げさに良いように言えば、じっくり育てたコードバンに遠目で見ると似ている。(個人的見解)

別名ポリッシュドレザーとも呼ばれます。名前の通り、磨いたあとの光沢だからポリッシュド!!

ガラスレザーのメリット

その1 雨に強い

とにかく雨に強い。合成樹脂が水分の侵入を塞ぐ防水仕様。雨の日のビジネスシューズとして重宝されます。SANDERSのミリタリーダービーはソールがコマンドソールなのでグリップ力があり、雨で濡れた地面でも問題なし。

その2 見た目がきれい

革靴を磨く時間がない。もしくはあまり好きではない、てひとでもずっと光り輝いた靴を手入れることができます。雨で泥を被っても布で軽く拭いてやるだけですぐにピカピカ。ズボラな靴好きの味方。

ガラスレザーのデメリット

その1 蒸れる

ガラスレザーは革を合成樹脂で覆うので、レザーが息が出来ていない状態です。


外からの水分には強いですが、汗をかいた靴の中は湿気を吐き出すことが出来ない。そうなると匂いやカビの原因となります。

普通の靴以上に乾燥剤を入れなければいけません。


その2 寿命がある

これもちょっと待ったと言う人もいると思いますが、私が思うに一般的なカーフレザーと違い一生モノでは有りません。

理由は革が息ができないので樹脂で覆われた中の革がヘタってくるということと、表面の樹脂も剥がれてきて修復不可能になるから。

この記事の本題、私の使用していたSANDERSが剥がれてきたというのは、私の手入れの疎かさと、ガラスレザー特有の劣化によるものです。

いくら表面にオイルやクリームを染み込ませても仲間で届かないんです。

ガラスレザーのスクラッチ傷

前置きが長くなりましたが、私のサンダースの状態を見てみましょう。

まずスクラッチ(引っかき傷)です。この症状はどのレザーにも起こりうること。一般の革靴であれば、引っかき傷が出来たら濃いめのクリームで塗るか、ひどければカラー補修のクリームできれいになります。

ガラスレザーは違います。浸透しないので濃い目のクリームで塗っても治りません。 
私は試していませんがどうやらコードバン専用のクリームを塗ることで浸透し引っかき傷が治るようです。

ガラスレザー傷などで検索してみてください。いっぱいやり方出てきます。

ガラスレザーの表面の剥がれ

画像だと少し分かりづらいですが、つまんで樹脂をはがせるほど荒れてます。

こいつが厄介。修復が難しいようです。

もう一度樹脂を塗り直すということができないようで、こうなってしまうと味と思って割り切ってしまうか、いっそのこと買い替えを検討する他無いようです。

原因は寿命だけではなく、何度も言いますが手入れが甘かった。

ミリタリーダービーはホント良い靴なので手入れさえしっかりすれば、もっと長く使えるんです。

ガラスレザーの日々の手入れ方法

後悔後に立たずですが、今回の失敗を受けて、やっておくべきだった手入れ方法

1、水に濡れたあとはしっかりと拭く

いくら水に強いといっても、濡れっぱなしは良くない。雨に濡れたあとはしっかりと乾拭き。気になるようだったら防水スプレーをするのも良し。

2、シューキーパーを必ずつける

シューキーパは湿度を保つ役割と靴の形を整える役割があります。ガラスレザーにとってどちらも重要。

シューキーパをしないと履き皺部分が常にシワになってる状態なのでそうなるとコーティングの剥がれが早くなってしまいます。革を伸ばして形を整える。それが剥離を遅らせる一番良い方法。

3、使用回数を減らす

ローテーションを組んであげましょう。靴にも休息が必要。

上記3つの対策ですが、どの革靴にも共通する手入れ方法です。

これに加え時々ブラッシングしてあげてください。靴が喜びます!!

カバンの手入れ方法について書いた記事「クレッタルムーセンがカビだらけに。リュックのベタつき劣化を防ぐケアの方法」も合わせてどうぞ!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。