「990v5」の履き心地レビュー。やっぱりニューバランスは最高だった。6ヶ月履いて感じたあれこれ。

Advertisement

大好きなおじさん靴ブランドニューバランス。

約3年ぶりにアップデートされた99X番台の最新モデル「990v5」を半年履いてみて感じたことをつらつらと書いていきます。

 

2019年4月に販売されてまたたく間に人気アイテムとなった990v5の履き心地は結論からいうと最高中の最高でした。

すでに名作!

 

なにが最高だったのか。そもそも990とはやその歴史なども踏まえながら紹介します!!

 

 

□この記事でわかること
★990番台のざっくりとした略歴
★990v5の使用レビュー(実際の履き心地)
★ニューバランスに合うファッションコーデ
★などなど

ざっくり990番シリーズを知ろう

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Poopoo Online Store(@poopoo_online)がシェアした投稿

 

ニューバランスの商品名は数字ばかりで何が何だか分からない。

私も激しく同意です。

この記事も持っているNB雑誌やインターネットを駆使しながら思い出しています。

すらすらとすべての順番を言える人はおそらく一握りでしょうね! (NBの関係者だけかも。)

 

そんなややこしい表記のニューバランスの中でも不動の人気シリーズが990番台と1000番台シリーズのスニーカー達。

280や500番も2000番台もありますが、今回は990番台だけにしぼって説明します。

990番シリーズの意味と順番について

番号で振り分けられているが990番台シリーズの根本的意味と生まれた理由は意外と簡単。

 

990番というのは1000点満点中990点の傑作だということをわかりやすく表現した番号で、第一足目の990番のnew balanceは1982年に発売されました。

 

当時1ドル280ドルだった時代に100ドルで販売しており、スニーカーとしてはかなり高額。

 

素材や制作に一切の妥協をしない、その時代に手に入る最高の物を最高の者で作ったのが990のスニーカーなのです。

 

それ以外にも著名人が履いていたや、この番号は特別〇〇など秘話はたくさんあるようですが、私も正直ちんぷんかんぷん。

 

993と990が特に人気で、992は最近復刻されたんだ〜くらいの知識。

とにかく現在でも990番台は高いけど質がべらぼうに良いということなんです。

ちなみに下の図が年代表。(990v5は13代目の990番台)
やっぱりややこしい。

1982年 990v1 1996年 999 2012年 M990v3
1986年 995 1998年 M990 2016年 M990v4
1998年 996 2001年 M991 2019年 M990v5
1991年 997 2006年 M992    
1993年 998 2009年 MR993    

 

気が向いたら年代についてすべてまとめた記事を書きます!
ひとまず、この記事がわかりやすかったのでリンク貼っておきます。

メンズファッションブランドナビ

名作スニーカー「990v5」の履き心地について

本題になりますが、990番台の最新作v5の履き心地について。

半年履いてみて感じたことと、なぜこんなにも気持ちいい履き心地を感じることができるのかを筆者なりに掘り下げてみます。

 

筆者情報
身長:177センチ
体重:63キロ
スニーカーサイズ:27センチ(ワイズD)

まず、そもそもなぜこんなにも履きやすいのかを色々調べてみました。

機能面として「990v5」の良さは5つあると考えられる。

 

履きやすさの秘密その1:プラスチックパーツの追加

以前のモデルの「990v4」との一番の違いとしてはシューホールからヒール方面に続くプラスチックパーツの追加が見られます。

このプラスチックパーツの追加に寄って、履いた時のホールド感が向上

 

紐を結んだ時に、しっかりとくるぶしに沿って履き口足部分が足に沿って包み込んでくれるので、履き口のゆるさが感じられません。

 

極端な言い方だと、ミッドカットの靴のような機能を果たしてくれています。

(それにしても半年で結構汚れましたね〜)

 

履きやすさの秘密その2:ENCAP構造のABZORB素材

「990v5」の踵部分はENCAP(エンキャップ)構造で中にはABZORB(アブゾーブ素材が入っています。

ここがややこしいところですが、エンキャップは馬の蹄のような形の構造のことで、アブゾーブはクッション性に飛んだ素材のことになります。

※このかかと部分

 

v5に限ったことではないですが、このテクノロジーにより、衝撃吸収性と反発性を両立した、走りたくなるような履きやすさなのです。

 

デメリットとしては、間違いなく将来的には加水分解してしまうということ。

結局はPU素材とEVE素材なので、避けては通れない宿命なんです。

 

履きやすさの秘密その3:間違いない通気性

おじさん靴の象徴でもあるメッシュ素材。
そのメッシュこそが通気性を高めて長時間履いても蒸れにくくしているんです。

足の甲部分とくるぶし下あたりが大きくメッシュ素材になっていて、
上質なピッグスエードと相性バツグンです。

 

おじさん靴おじさん靴と言っていますが、古き良きアメリカ的という意味なので、ダサいとかでは有りません。

けれど、990はダサいという意見も多いらしく、ニューバランスはかなり好みのわかれてしまうブランドでもあるのかもしれません。

確かに、ポテッとしていて、ダッドスニーカーほど突き抜けていないから、中途半端と思う人も多いと思います。

 

履きやすさの秘密その4:オーソライト社製インソール

new balance「990v5」のインソールはオーソライト社製のウルトラソフトインソールを使用しています。

 

通気性と防臭性そして、クッション性がよく、安心感のあるインソールです。

ただインソールは突き詰めればもっと良いものもあるので、最高とまではいかないと感じました。

 

履きやすさの秘密その5:スリップラスティング(袋縫い)

インソールを外すとわかるの製法。
伝統のスリップラスティングという製法の縫い方をしています。


安価なスニーカーと比べてコストも手間もかかりますが、靴下のように包み込む履き心地を得られるので、高価なランニングシューズによく見られる製法なんだとか。

 

以上の5点がnew balanceの「990v5」の履き心地の理由なんだとおもいます。

 

990v5を半年間履いてみて、履きやすさの変化

ながながとスペック面をお話しましたが、購入時から半年たった今。
履き心地の変化について。

購入時
横幅も甲も踵もピッタリ。

半年後
かかとが少し緩い。それ以外は変化なし

といったところです。
かかとの緩みが少し気になりますが、以前よりも少し強く靴紐を結べばちょうど良い感じになります。

つまりほとんど変化は見られず、紐で調整可能なレベルです。
今後は加水分解との戦いや、汚れとの戦いになってくると思います。

丸洗いしちゃうと多少のサイズの変化もでてしまうかもです。

 

 

次はいったいこのスニーカーはどんなファッションと相性が良いのかを考えてみたいと思います。

990v5に合うファッションコーデ

このスニーカーに合うコーディネートはなんだろうと考えた時、すぐに自分の中で答えがでました。

それは、どんなファッションにも合うということです。

そんな答えはずるいよ〜と思う方、いろんなコーディネート写真を下に貼っていくので納得してください!!

ほんと何でも合っちゃうんです。

その1:王道アメカジコーデ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

David Loring-Lee(@davidloringlee)がシェアした投稿 –

パタゴニアのフリースにチェックシャツ。パンツはカーゴパンツと王道のアメカジコーデ。

ニューバランスは自然とマッチしてますね。カーキのパンツが割と細めなのでいい感じにニューバランスが主張もしていてすごくかっこいいコーディネート。

その2:シンプルオーバーサイズコーデ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

とみお(@___tomiooo)がシェアした投稿

オーバーサイズかつシンプルな色使いのコーディネートがここ最近すごく流行ってますね。

奇抜でないシンプルなスニーカーはこういったコーディネートに抜群に合いますね。

その3:ボリュームアップコーデ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黃凱鈴(@k.ling_)がシェアした投稿

女性が履くとダッドスニーカーみたい。
かっこいい。

その4:太パンコーデ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TARTOPTICAL.people 타르트옵티컬(@tartoptical.people)がシェアした投稿

これも王道の太パンとの合わせ。
ボリュームのある靴に太パンは最強ですね。

とにかく、どんなファッションにも合うスニーカ。それでいて履きやすさ最高のスニーカー。
それが990v5なのかなと思います!

長いこと履く相棒になりそうです。

Advertisement
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。