【使用レビュー】ヤエカのトートバックはやっぱり使いやすいし質が良い

ヤエカのツールバックを背負っている写真前

Advertisement

男女問わず人気のドメスティックブランド「ヤエカ」

感度の高いおしゃれさんの中ではすでに定番のブランドです。

名作揃いのヤエカの中で今回はツールバックの紹介。
2WAYのトートバッグの使用レビューです。

 

使って1年。

ちょっとだけ経年変化も紹介しますね〜

 
 同じように上質なコットンキャンバスを使用しているレオンフラムの記事はこちら

「レオンフラムのブリーフケースはビジネスでもカジュアルでも使えるスグレモノ」

 

【ブランド紹介】ヤエカの基本情報

ヤエカのブランドロゴ

ほんとサクッとヤエカ(YAECA)というブランドについて紹介します。

 

2002年に服部哲弘氏が立ち上げたブランドで、後にレディースラインを同じ創業者の井手恭子氏が立ち上げ本格的にヤエカがスタートしました。

ここからは個人的な見解もありますが、ヤエカは一言でいうとシンプルかつ上質。

 

一見するとなんてことないチノパンや、デニム、シャツなど。

特に奇をてらうこと無くどこにでもある定番のアイテムを生産しています。

言い方を変えると飽きのこないデザインを毎シーズン発表しています。

 

洋服のパターンや、素材の質が良く、誰でも普段着に落とし込める汎用性が有るブランドです。

まさにニュースタンダード。

 

ツールバックの特徴

ヤエカのツールバックの全体写真

ヤエカのツールバックは一味違います。

エルエルビーンでもなければ、テンベアでもない。

このツールバックはヤエカだ!
と断言できる存在感。

「トートバック=エルエルビーン」という考えを変えてくれたトートです。

そんなヤエカのツールバックの特徴紹介。

 

特徴その1:2WAYでより実用的に

ヤエカのトートバックを手で持つ

わたしの持っているツールバックはLサイズの2WAY仕様。

カラーはナチュラル

ショルダーでかけれるだけで実用性が大きく変わります。
ショルダーストラップは平たく、肩に当たる接地面が広いので、重さを分散してくれます、

手持ちのハンドルは短めでヴィンテージライク。
厚手の番手のコットン素材なので、握ったときのガシッと感があります。

 

ずっと使っていると、よれてより良い感じになるんだろなぁ。

ヤエカのツールバックを背負う

背負ったときの位置がちょうどいい。

腰の位置にきちんと当たるので背負心地はすごく快適。

女性の場合おしりにくると思うので、それはそれですごく可愛らしいと思います。

ヤエカのバックのハンドルを握っている

2つの取っ手を重ねて握ると安心感がすごい。

パンパンに物を詰めても一切の問題なく荷物を運べます。

それくらいしっかりした生地。

 

特徴その2:ツールバックという名前の意味

ヤエカのトートバックのタグが見えている写真

このヤエカの2WAYトートバックの商品名であるツールバック。

ツールバックというだけあって、大容量でしっかりと考えられた設計をしています。

アメリカの工具バックに見られるスペックをこのツールバックに落としているんです。

はじめにこのリング

トートバックの輪っか部分

こいつが意外と使える。

熱くなったら薄い上着を垂らしたり、純粋にキーホルダーを付ける部分として楽しんだり。

ファッションとしてのアクセントともなっているので、さりげないポイントです。

ヤエカのツールバックの外側のポケット

そしてこのトートバックには外側にも大きなポケット1つと小さなポケット2つがついています。

貴重品を入れるには少し心もとないですが、ペットボトルやちょっとした物を入れるのに便利。

トートバックは中がごちゃついてしまう欠点があるので、このようにいくつかにポケットを分けてくれていると整理整頓もしやすいですね。

ヤエカのツールバック外側ポケット2つ目

のこり2つのポケットは小さめ。

ポケット部分はより薄めのキャンバスコットンを使っているのでこれからのよれ感が楽しみ。

良い経年変化をしてくれると思います!

 

特徴その2:頑丈だけど柔らかいヤエカの取っ手のリベット

このトートバックは頑丈な割に生地は柔らかめ。

クタッとした表情が可愛らしい。

おそらくエルエルビーンのように糊付けはされていませんね。

それでいてとても頑丈。

その理由は、打ち付けられたリベットとそこ生地のナイロンにあります。

マチ部分のリベット

マチ部分に多く打ち付けられたリベット。

ここ以外にも取っ手部分にも打たれています。

デニムにリベットがついているのと同じように、引裂きに強く、より頑丈になります。

そしてこの大きなリベットは強くするだけじゃなくいい感じにおしゃれ。
一見普通のトートなのに、存在感があるのはこいつのおかげなのかも。

上質なキャンバスにこのリベットだとまず壊れませんね。

ヤエカのトートの底のナイロン素材

内側の底部分はナイロン素材でできています。

防水機能をもたせる為というよりは手入れが簡単で、手触りが良いのが大きな特徴。

中を常に清潔な状態に保つことができるので、結果劣化を送れさせます。

カバンが劣化するとほんと悲惨なことなりますしね。

 

バックが劣化した話の記事はこちら

「クレッタルムーセンがカビだらけに。リュックのベタつき劣化を防ぐケアの方法」

ヤエカのトートバックの素材感

ネップ感のあるヤエカのコットンキャンバス。

写真からでも極めが細かく良い生地なのが伝わってきます。

以上がヤエカのツールバックの話でした。

毎シーズンマイナーチェンジを繰り返して発売されているので気になる方はチェックしてみて下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。