【Tシャツを黒に染める】ダイロンマルチダイの染め方紹介

ダイロンプレミアムダイのブラック

Advertisement

雑誌Beginでちょこっと紹介されていた衣類用塗料「ダイロン」

 

簡単に衣類の染め直しができるみたいで気になって早速購入。
公式ページや他の人が染めている方法を参考にし真っ白のTシャツを黒く染め上げました。

 

★わたしはプレミアムダイではなくマルチダイシリーズを選択

 

 

今話題のサステイナブル。

 

今回染め上げた白T実は赤ワインをこぼしてしまい着れなくなっていたもの。

捨てるしかないのかと思っていた所、染め上げると言う選択肢が浮上してきたの挑戦したのです。

 

 

より濃い黒なら汚れが見えなくなる。
そう踏んで染め上げました。

 

 

どのように染まったのか?染め方の手順は?など詳しく紹介します!

 

 

コチラの記事では素材別・アイテム別で様々な物のケア方法をコチラで紹介しています。
「【永久保存版】洋服別&素材別の正しいケア方法を紹介」
 

染色する白Tの紹介

白Tシャツを着ている

色染めをするTシャツはプリントスターの5.6オンスのもの。

 

プリントスターといえば部活のTシャツやイベント用のTシャツ作製のときに良く使われるもので、特徴はなんといってもその安さ!

 

わたしが着ているのは楽天市場で300円位。
そしてマルチ台がだいたい600円。

 

 

300円のカットソーに600円も使うなんてもったいないと一瞬頭をよぎりましたが、そこは逆転の発想。

300円+600円=900円

 

 

900円の価値のシャツに生まれ変わらせることができるのだ!
と思い、行動に移しました。

 

 

どっちにしろ安いですしねぇ。
失敗してもダメージが少ない。

Tシャツが汚れている

ワインをこぼしてしまい汚れている。

 

安価なシャツなので、捨てればよいのですがサステイナブルを守ることにしました。

 

持続可能性。まだ使える!

 

サステイナブルって何?ってことを解決する記事を書きました!
「サステイナブルについて本気で考える【意味や今すぐできるアクション】」

 

マルチダイとプレミアムダイの違い

マルチダイエボニーブラック

染料 マルチダイ プレミアムダイ
色数 22種類 15種類
染まる繊維 コットン・麻・ウール・シルク・ナイロン・レーヨン コットン・麻・ウール・シルク・レーヨン
染色温度 80度 40度
色味 落ち着いた色 鮮やかな色
色落ち 落ちやすい 落ちにくい

 

マルチダイは色落ちはしやすく、色味は落ち着いている。
プレミアムダイは発色がよく、色が落ちにくい。

 

染めるTシャツはコットン100パーセントなのでどちらでも染まる。
完成の違いは色味だけです。

 

 

黒色で発色が良いものはあまり好きではなく、徐々に色落ちしてパッカリングやアタリのようなものが出れば良いなと思い、マルチダイのエボニーブラックに決めました。

 

あと、素人感覚で40度より80度のほうがしっかりと色がつくのではないかと思ったのもマルチダイにした理由です。

では早速染め上げ作業に入ります。

 

白Tをダイロンで黒に染める工程

マルチダイで染めるために必要なもの

公式ページではタイダイ染めの方法などが紹介されていましたが、初めはオーソドックスに真っ黒にトライ。

 

必要なものと染める手順を紹介します。

 

 

染めるのに必要なもの

マルチダイ以外はすべてお家で揃う物。

 

①ダイロンマルチダイ
②塩(30グラム)
③容器
④泡立て器
⑤80度のお湯
⑥トングまたは菜箸

以上の6つの準備だけでできます。

 

ここで重要なのは容器

6リットルが入るので大きめの物を用意しないといけません。

なければ大きめのバケツがおすすめ!

 

染める方法

白Tシャツを染色液に入れるところ

すごく簡単。
80度のお湯にダイロンの粉と塩を入れて白tを液体に浸けるだけ!!

 

細かく6つのステップに分けて手順を紹介!

 

ステップ1:シャツをきれいにする

いつものアリエール。

 

新品だろうと

新品だろうと中古だろうと、染める前に一度洗剤で洗濯します。
目には見えない汚れを落としましょう。

洗濯後は脱水をし、半乾きのままでOK

ポイント:柔軟剤は使わずに!中性洗剤のみで!

 

ステップ2:80度の500mlのお湯とマルチダイロンを混ぜる

マルチダイをお湯の中へ

はじめにマルチダイを容器に入れ、その上から80度の湯を流し込み粉が溶けるまで素早く混ぜます。

 

ダイロンとお湯を混ぜ合わせる

泡立て器に色移りはしないので躊躇せず豪快に混ぜよう!
泡立て器がなければお箸でもなんでもOK!

ポイント:しっかり溶かさないと出来上がりに色ムラが生じる可能性あり。必要以上に混ぜる!

 

ステップ3:6リットルのお湯(80度)に30グラムの塩を入れる

2つのコンロでお湯を沸かす

ダイロンを溶かす為のお湯を沸かすときに同時進行で進めよう。
別々に行ってしまうと片方の温度が下がってしまうのでコンロが2つあれば同時進行!

6リットルのお湯に塩を入れる

 

80度のお湯6リットルをバケツに移し、その中に塩30グラムを入れる。

ちなみにバケツは100均で150円で売っていました!

お湯と塩を泡立て器で混ぜる

塩も同様に混ぜる!

塩は溶けづらいのでしっかり混ぜよう。

 

ステップ4:6リットルのお湯に染料を入れる

塩の入ったお湯に塗料を入れる

ここでやっと塩の入ったお湯と、マルチダイ入りのお湯が交わります。
同様に混ぜる!

ポイント:色ムラを無くすためにはとにかく混ぜることが大切

 

ステップ5:シャツを染料に浸ける

白Tを染色する

40分間様子を見ながらかき混ぜましょう。
特に最初の20分はずっとシャツを動かして繊維を生地に浸透させます。

 

 

残りの20分は様子を見ながら、混ぜて下さい。

根気のいる作業ですが、ぐるぐる洗濯機のように回すと必ず色が綺麗に付きます!

 

Tシャツが塗料を吸って重くなっているのでトングがあれば混ぜやすいです!
今回はなかった尚で菜箸で行いましたが、腕がかなり疲れます!!

 

ステップ6:水をすすぎ日陰干しをして完成

wash-day-shirt

40分間付けたTシャツを取り出し、水の色が透明になるまで水洗い。
液体が飛んで他の所に色移りすると怖いのでお風呂場がおすすめ!

 

染料がTシャツから出なくなり透明の水が出ればOK

 

その後陰干しで乾かして完成です!

 

ではその変化を見てみましょう。

白Tは黒くなったの?【ビフォーアフター】

変化前の白Tを着用

この純白の白Tがこうなりました!

白tシャツが真っ黒に返信

てか肌も黒くなってね?
真っ白のシャツの撮影から1週間が経っていて見事に肌も黒色に?

 

それはさておきTシャツの細かな所を見ていきましょう。

黒く染めたシャツの首部分

いい感じではないでしょうか。

色むらは多少あります。

けどそれがヴィンテージ加工ぽくってよい。
マルチダイだからこそ出せるマット感!

 

オーバーダイはコレくらいの色味がいいですね!

 

肩にできたパッカリング

肩にはヴィンテージさながらのパッカリングが!

これからどんどん色が落ちていき深みが増すはず。

黒色シャツの生地感

生地も少し毛羽立ち、柔らかい印象に。

重さや手触りに変化はないかなぁ。

満足の仕上がりです。

 

マルチダイの染めまとめ

マルチダイで染めた黒Tシャツを着用

染め方まとめ

①マルチダイを80度のお湯500mlで溶かす
②塩30グラムを6リットルのお湯で混ぜる
③この2つをMIXし混ぜる
④洗濯した半乾きのシャツを液体に浸ける
⑤20分間ひたすらシャツを混ぜる。
⑥もう20分間は様子を見ながらちょくちょく混ぜる
⑦シャツを洗い余分な液体を流しだす
⑧陰干しして完成

 

マルチダイとプレミアムダイの違い

マルチダイ
・渋い色に染まる(発色が弱い)
・色落ちしやすい(経年変化)
・ヴィンテージライク

プレミアムダイ
・発色が良い(蛍光系)
・色落ちがしづらい(変化が弱い)

★後染め特有の色むらや、今後の経年変化を楽しみたいならマルチダイがおすすめ!

★きれいな色を保ちたいならプレミアムダイがおすすめ!

 

 

様々なアイテムを乾燥機で回すとどうなるかを実験した記事はこちら!
『【乾燥機実験まとめ】今まで縮ませたミリタリーアイテムをすべて紹介』
 
 
 
Advertisement
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。