おしゃれなデニムのロールアップとは?【基本の3種と上級者向け3パターン】

ボンクラデニムとコンバース

 

こんにちは。スグレモノ運営者の【Inaka】です。

ロールアップの種類って思いのほかあるのを知っていましたか?

ロールアップを変えるだけで、いつものスタイルをガラリと変えることができるので是非試してみてください!

この記事ではスタンダードなロールアップ3種類と玄人向けの3パターンを紹介します!

 

「なんだか最近履いているデニムに飽きてきたな〜」

と悩まれている方。

 

ロールアップを変えるだけでガラッと雰囲気変わりますよ!

 

実際に私もよく裾の巻き方を変えてスタイリングを楽しんでいますが、ファッションの幅が大きく広がるのでホントおすすめ!知らなきゃ損!

 

この記事では、今すぐにでも実践できる6種類のロールアップを紹介していきます。

 

気分で変えるも良し、靴の種類で変えるも良し。
ロールアップを学んでファッション上級者になろう!


 

Advertisement

6種類のロールアップをマスターする

 

 

今回紹介するロールアップは下記の6種類。

『やり方はどれも簡単なので是非試してみてくださいね〜』

 

【基本のロールアップ3種類】

3cm1ロール

3cm2ロール

10cm1ロール

 

【ワンランク上のロールアップ3種類】

外巻きワンハーフロール

内巻きワンハーフロール

クシャロール

 

名前だけなんとなくイメージ出来ると思います。

では実際に写真とともに見ていきましょう!

3cm1ロール

3インチ1ロールアップ

3センチくらいの幅で1巻だけするロールアップ方法。

「誰もが当たり前のようにしているのではないでしょうか?」

 

ジャストレングスのデニムだとかっこよくキマりますが、レングスの長いデニムだとダボダボになってしまう可能性があるので注意は必要です。

 

 

□3cm1ロールの特徴
①どの様なデニムでも合う定番スタイル
②スニーカーでも革靴でもOK
③ヘムのうねりを見せることができるのでエイジングしたデニムが特におすすめ
④レングスが長すぎるデニムだとだらしなく見える

 

★今回はジャストレングスのアナトミカ618デニムを着用していきます。

 

3cm2ロール

3インチ2ロール

3センチ2ロールは3センチ幅で2回折り返すロールアップ方法。

ブーツやハイカットのスニーカーとの相性がよく、程よいボリューム感が出せるのが特徴。

 

折返し幅が太すぎるとバランスが悪くなってしまうので、名前の通り3センチくらいの幅を意識しよう。

 

ジャストレングスのデニムでは2ロールが丁度いい。
3ロールするとクロップド丈になり、子供っぽい印象になりかねない。

 

□3cm2ロールの特徴
①どの様なデニムでも合う定番スタイル
②特にハイカットの靴と相性が良い
③幅を間違えるとバランスが悪くなるので注意

 

10cm1ロール

10インチ1ロール

オールディー感が出る10cm1ロール。

10センチくらい長めに1ロールすることで、簡単に雰囲気を変えることができます。

レザージャケットにエンジニアブーツといったワークスタイルとの相性は抜群だけど、それ以外で合わせるのは難しい。

 

★ジャストレングスのものより、レングスが長いもののほうが相性が良い!

 

□10cm1ロールの特徴
①ワークスタイルと相性抜群
②エンジニアブーツやロングブーツにあう
③キャラクターを選ぶので自分に合うスタイルかは考えよう。

 

 

ここまでが基本のロールアップ方法。

次は上級者向けのロールアップを紹介!

外巻きワンハーフロール

外巻きワンハーフロールアップ

デニムブランド【テンダー】が推しているロールアップ方法の外向きワンハーフロール。

大きく1回ロールアップをし、2巻目はヘム(裾)が見える程度でロールアップする方法。

ダブルターンアップとも呼ばれます。

もともとカウボーイがしていたロールアップだけあって無骨な印象が特徴。

 

長すぎるレングスの調整ができ、かつヘムを見せることができる。
★逆にジャストレングスのものは短くなりすぎるのでNG。

 

□外巻きワンハーフロールの特徴
①長いレングスのものに使えるロールアップ
②ジャストレングスや細すぎるデニムは合わない。
③オンスが低いものも巻くことができない。

 

【外巻きワンハーフロールのつくり方】

10インチにデニムをロールアップ
一度大きめにロールアップ

 

外巻きワンハーフロールのつくり方
2回めのロールアップはヘムを見せるため半分だけ。

 

 

内巻きワンハーフロール

内巻きワンハーフロール

外巻きワンハーフの内側バージョン。

大きくワンロールし、その次に内側に巻き込むロールアップ方法。

パッと見はワンロールにしか見えないです。

 

レングスが長いデニムの調整としてスタイリストなどが積極的に使用しています。

 

□内巻きワンハーフロールの特徴
①長いレングスの調整のために生まれたロールアップ方法
②ジャストレングスや細すぎるデニムは合わない。
③一見するとワンロールにしか見えない。

 

【内巻きワンハーフロールのつくり方】

10インチにデニムをロールアップ
先程同様に、大きくワンロール

 

内巻きワンハーフロールのやり方
2折り目は内側に半分入れる。

 

 

クシャロール

クシャロール

最後に紹介するロールアップはこのクシャロール。

基本編で紹介した3センチ2ロールを作り、それをねじらせるだけ。
無造作感がでるテクニックで細身のパンツとの相性が良くいです。

 

ただ、雑にねじれてしまっているだけと思われてしまうこともあるので注意。

コーディネートとの相性を考えてトライしてみよう。

 

□クシャロールの特徴
①無造作感を演出できる
②細身のデニムとも相性は良い
③雑に見えることがあるのでコーディネートとの相性が大切

 

【内巻きワンハーフロールのつくり方】

クシャロールの作り方
3インチ2ロールをねじるだけ

 

すごく簡単に印象を変えることができるのでオススメ。

コーディネートの幅が広がり、一気におしゃれなスタイリングができるかも・・


 

最後にオススメのデニムの記事を添付しておきますので、気になる方は合わせてお読みください。

・『アナトミカ618オリジナルとテーパードデニムのサイズ感と特徴』

・『デニムマニアも納得のAPCのデニムパンツ』

・『ボンクラデニムの色落ちレビュー【経年変化】』

Advertisement
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。