【購入レビュー】エルエルビーン×BEAMSコラボのトートバックはかなり使いやすかった

ビームス別注のボート&トートのあて布部分

 

こんにちは。スグレモノ運営者の『Inaka』です。

今回は、エルエルビーンとビームスがコラボしたトートバッグの購入レビュー。

よりカジュアルで、よりインパクトのある見た目に生まれ変わったボート&トートは、デザイン性が高い仕上がりになっています。

 

自立するほど頑丈な、エルエルビーンのボート&トート。

約70年の歴史があるボート&トートが、ビームス別注として生まれ変わったのを知っていますか?

2014年に一瞬で完売したのですが、2020年の今、普通にオンラインショプで購入できるようになってます。

 

今回はそんな別注ボート&トートの購入レビュー記事です。

 

【この記事の内容】

  • ボートアンドトートの基本の形を再確認
  • ビームス別注の違いを比較
  • コーディネート例を見てみる

 

エルエルビーンのボート&トートの基礎情報

ベージュのボート&トート
出典:LL BEAN

1944年、氷を入れるトートバッグにヒントを得て、開発されたボート&トート。現在の形になったのは1960年。それ以降キホンの形のボート&トートは大きな変化はなく、世界中で愛されています。

(※年代によっては多少の変化はあり。)

 

ボート&トートの基本的な特徴
生産地 アメリカメイン州自社工場
発売された年 1944年。現在の形は1960年
生地 24オンスのキャンバスコットン
ステッチ ナイロン糸

 

カラーリングが映える、ハンドル部分と底部分のステッチは、ナイロン糸を使用しており、どんなに重たい荷物を入れても問題ないほどの耐久性があります。

熟練の職人が、感覚だけで作っているので、ものによって若干の違いがあるのも特徴。

アメリカらしいムラが、愛着を倍増させてくれます。

 

【関連記事】もう一つの名作『ビーンブーツ』がきになる方はこちら‼

『【雨の日はビーンブーツが履きたいんだ】特徴と魅力を紹介』

 

次に、ビームスコラボのボート&トートを紹介

脇役のトートバッグが、主役に変身しています。

ビームス別注ボート&トートの特徴

ビームス別注のボート&トートのフロント

こちらがボート&トートのビームス別注

底のあて布の幅が大幅に大きくなり、バイカラーのトートバックに変身しています。

たったこれだけの別注だけど、全く違う印象に。

ビームス別注のボート&トートのサイド

インパクトある横のマチ部分。

通常のボート&トートは10cmなので倍以上の長さに。

補強という部分でも効果はあるので、頑丈さもUP

 

ビームス別注のボート&トートのタグ

タグにBEAMSの文字が!

ビームス好きにもエルエルビーン好きにも嬉しいタグ変更。

 

★別注部分という意味では、ただあて布部分の長さを変更しただけですが、それによってビームスらしさや主役感がまして、コーディネートに合わせると存在感が増します。

 

ボート&トートのコーディネート例

モデルがボート&トートを着用
出典:Rakuten Fashion

シンプルなコーディネートに合わせると、ボート&トートが一気に主役に躍りでます。

モデルがベージュのトートを使用
出典:ビームスブログ

デニムにシャンブレーシャツのTheアメカジファッションに合わせるとなんともマイルドな印象に。

エルエルビーンのトート自体アメカジの代表的なアイテムですが、どこか上品。

女性モデルがトートバッグを使用
BEAMS公式オンラインショップ

男女共通で使用できるのも良いところ。

過ごし派手めな柄物ファッションに合わせてもかわいいですね。


 

以上が今回購入したビームス別注エルエルビーンのトートバッグでした。

現在3色くらいカラーバリエーションがありますが、これからどんどん攻めたカラーのものを展開してほしいですね。

 

BEAMS Online Shop

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。