ヌプシブーティーのサイズ感と履き心地レビュー【購入前のスペック確認】

黒色のヌプシブーティー

 

こんにちは。スグレモノを運営している『いなか』です。

今回は、2年間履き続けているお気に入りブーツ。【ヌプシブーティー】のレビュー記事になります。

ノースフェイスのブーツが気になっていた方はご参考にしてください。

 

本格的な冬に入る前に手に入れておきたいアイテム。

ノースフェイスの冬の定番ブーツ『ヌプシブーティー』が気になっていた方多いと思います。

 

『サイズ感について詳しく知りたい』

『本当に温かいの?スペックや素材について知りたい』

 

そのような疑問を解決すべく、この記事では、『ヌプシブーティー』のサイズ感・スペック・実際の履きやすさなどを徹底的にレビュー。(デメリットも教えます。)

 

実際に3年間履いている『いなか』が、正直な感想を述べていきます。
★商品ページの口コミだけを信用するのは要注意です。

 

今年の冬は、「寒いからウインターブーツを履く」から卒業して、「オシャレのためにウインターブーツを履こう」

 

記事を読み終える頃には、ヌプシブーティーを試着せずとも、サイズ感やルックスのイメージがつくようになっています!

 

【この記事の内容】

  • 実際のサイズ感や履き心地を紹介
  • ヌプシブーティーの基本的なスペック紹介

 

Advertisement

ヌプシブーティーのサイズ選びのコツ【+0.5cmがオススメ】

2種類のヌプシブーティー

毎年マイナーチェンジを繰り返し、販売されている『ヌプシブーティー』シリーズ。

素材感は違えど、サイズ感は基本的にはすべて同じです。

ネット上にある口コミを見てみると、ほとんどの人がワンサイズ購入をおすすめしているようです。

いくつか例を見てみましょう。

 

1サイズ大きいものをとあったので、24を買いました。(普段は23~23.5)
普通の靴下だと靴の中で足が動いてしまい、厚手の靴下を履いても若干大きかったですが、23だったら厚手の靴下はきつかったかも…
なので、結果1サイズ上げておいて良かったと思います。
まだ雪は降っていませんが、あったかさは抜群です✨

 

皆さんのレビューを参考に、1センチ大きめを注文しました。(普段は、23センチを履いています。)
サイズは少し大きいけど、普通~厚手の靴下を履くと圧迫感もなくフィットして履けるのでサイズupで購入して正解でした。
薄手の靴下でも、靴がブカブカで抜けることもないで、丁度のサイズだと厚手の靴下を履くと圧迫感出たかもしれないです。
0.5~1cmのサイズupして、購入をオススメします。

 

商品の状態も問題なく
良かったです
サイズは0.5大きくしてちょうどいいです

 

ここで衝撃的な事実ですが、実際のヌプシブーティーは小さく作られているわけではありません。

サイズが小さいのではなく、履き口が狭く履きにくいのです。

スニーカーのように、履き口を極端に緩めることができなスリッポンタイプなので、力を入れて履く動作にストレスを感じる人が多い。

 

プラス1cmサイズを上げてしまうと、履いた時靴と足の間に隙間が生まれ、履き口から冷気が侵入する可能性が出てくるのでおすすめしません。

あと、グリップ力の低下にも繋がるので、足元の悪い場所での使用でのパフォーマンス低下にも繋がります。

 

ズバリプラス0.5センチを推奨します。

履きやすさは1センチUPよりは劣りますが、履いたときのフィット感と、グリップ力は安定するので、ウインターシューズとしての効果は維持できます。

 

 

□ヌプシブーティーのサイズ選びまとめ
【結論】
普段のスニーカーサイズの+0.5cmを選ぼう

【理由】
①履きにくさを改善できる
②1センチUPに比べ、グリップ力は低下しない
③1センチUPに比べ、履き口からの空気の侵入しない

 

 

サイズの選び方がわかったら、次にそもそものスペックについて知ろう。

シーズン毎に若干の変更はありますが、ヌプシブーティーが目指しているスペックの方向性は同じ。

【ヌプシブーティー】スペックをすべて紹介

ヌプシブーティーのサイド部分

パンパンに詰まったインサレーションが特徴の『ヌプシブーティー』

かなりの種類のヌプシブーティーがあるので、一概に「素材はこれ」と紹介はできませんが、どのヌプシブーティーにも共通する機能が3つあります。

 

それは、①保温性②撥水性③グリップ力

 

この3のスペックを最大限まであげるために、様々な素材やインサレーションを変えて販売しているのです。

それを踏まえた上で、私が所有している、『ヌプシブーティーWP3ショート』のスペックを紹介します。

他のヌプシブーティーと共通な部分が多くありますので、ロングタイプや素材違いのタイプが気になる方にも参考になります。

 

グリップ力最強のアウトソール

ヌプシブーティーの側面

ソールの種類は違いますが、どのヌプシブーティーもグリップ力が強く、厚めのソールを使用しています。

ヌプシブーティーのつま先

安全面を考慮し、つま先部分まで覆うようにソールが設計されているので、障害物があっても気にせず使用できる。

ヌプシブーティーのヒール

かかとも同様に覆うようについており安全。そしてデザイン性も良い!

ヌプシブーティーのソール

上写真のソールと別の形状のものも存在します。

それは、よりソールがギザギザしておりグリップ力最強。

安全面優先でヌプシブーティーを選ぶ場合、街使いの人は上の写真のように、凹凸が少ないものを。雪が降る町で使う場合はより凹凸がついているものを選ぶと良いです。

ただし、凹凸が強いとよりアウトドア感がでてくるので注意。

 

インサレーションは様々な種類がある

アルファドライ素材のヌプシブーティー

温かさの要であるインサレーション(中綿素材)

モデルによって素材は変わりますが、どれも暖かく甲乙つけがたい素材を使用しています。

私が使用しているヌプシブーティーの中綿はアルファドライ。
水蒸気を引き寄せて外に出し、体から出る熱は閉じ込めて温かさを確保するというもの。

インサレーションはプリマロフト

一方こちらのヌプシブーティーの中綿はプリマロフト。

ダウンの8倍の暖かさと言われる極暖素材で、ミリタリーアイテムにも採用されている信頼できる素材。

 

これ以外にも、サーモレーションエコメンドといものや、本物のダウンを閉じ込めたものもあります。

 

★正直どれも暖かいので、中綿を基準にモデルを選ぶことはしなくてよいかも!

 

【関連記事】

『【機能性抜群】最暖エクワックスレベル7の特徴を写真で見てみよう』

↑このジャケットはプリマロフトを使用しているので、プリマロフト自体が気になる方は是非参考にしてみてください。

 

表地の素材も様々

ヌプシブーティーのファブリック

表地も同様に様々な素材があります。

デザインに関係するなので、かなり重要。

基本的に度のモデルも撥水加工を施しているので、好きな素材で選ぶのがおすすめ。

私が所有している物は、リップストップナイロン。
それ以外だと、圧縮ウールの暖かい印象のもの、ノースフェイスオリジナルファブリックなど。

シーズンによっては、ベロアやリアルレザーなどもあるので要チェック!

 

ホールド感UPのストラップ

ヌプシブーティーの履き口

スリップオンタイプで履きにくいですが、履き口を緩めることができる工夫がなされています。

手袋を付けたままでも絞りを調整できるように大きめに作られているのがポイント!

あまりフォーカスされませんが、モデルやシーズンによって若干仕様が違います。

 

 

以上のスペックが、パフォーマンスを最大までに引き上げる工夫。

次に惜しい点。デメリットを紹介します。

ヌプシブーティーを履いて感じたデメリット

ヌプシブーティーのデメリット

2年近く履いて感じたヌプシブーティーのデメリットは2つあります。

一つは靴自体が曲がらないこと。

写真の様に、力を入れて曲げようとしていますがソールが丈夫過ぎて曲がりません。

ランニングするわけでは無いので、そこまで不憫では無いですが、しゃがんだ時に、ソールが曲がらないので若干ストレスに感じます。

ヌプシブーティーのはきくち

2つ目は履き口部分の素材が薄いということ

履き口を覆う部分が薄く、いつの日か破れてしまいそうな不安感があります。


中には絞りを調整するための、紐が入っているので破れてしまうと致命的。
もう少し厚めで丈夫な素材で覆ってくれるとありがたかった。

 

ヌプシブーティーのサイズ感や特徴まとめ

【サイズ選びについて】

0.5センチUPの靴を選ぶと良い。
ジャストサイズだと履きづらい。大きすぎるとグリップ力や保温性が低下するので注意。

 


【スペックについて】

素材や、形状はモデルによって違いますが、どのヌプシブーティーも保温性・グリップ力・撥水性が高い。

 


【デメリットについて】

1.ソールが硬く、しゃがんでも足に沿って曲がってくれない。
2.履き口の素材が薄くいつか破れてしまいそう。

 


オシャレなウインターブーツの代表。ノースフェイスの『ヌプシブーティー』

サイズ展開が豊富で、子供とのおそろいコーデなんかもできます。
キャンプなどのアウトドアから普段使いまでカバーしてくれるのでヘビーユース間違いなしです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。