【久米繊維って知ってる?】日本のカットソー&スウェットブランドを紹介

久米繊維のアイキャッチ

日本製の上質なカットソー欲しいな〜

 

 

日本が誇るファクトリーブランド『久米繊維』なんてどう?
素材よしコスパよしの良質ブランドだよ。

 

『カットソーブランドが多すぎてよくわからない』

『とりあえず街中でよく見かけるチャンピオン着てるよ〜』

 

なんて感じに、シャツにあまり興味がなかった方。今回は久米繊維のブランド紹介記事です。

 

そんなブランド知らないって方がほとんどかと思いますが、久米繊維は日本の超老舗のカットソーブランド。ユニクロ買うなら久米繊維買え!ってくらいコスパがよく、それでいて安心の日本製なんです。

 

この記事では、そんな高品質かつコスパ最高ブランド『久米繊維』の魅力に迫ります。

①歴史紹介→②おすすめポイント3つ紹介→終了

こんな感じにサクッとした内容なのでぜひ気になる方はお読みください!!

 

【関連記事】

『【購入レビュー】久米繊維のビッグスウェットはシルエットで楽しみたい人におすすめだ』

 

 

久米繊維について知ろう【ブランド紹介】

久米繊維のVネックシャツ
出典:KUME.JP

実はすごく歴史の長い、東京のカットソー&スウェットメーカーである久米繊維。
創業は1935年。実に85年の歴史があります。

 

素材選びから生産までのすべての工程を日本でおこなっている正真正銘のジャパンメイドブランド。

 

『長く使えるTシャツ』を作ることを目標としていて、熟練の職人さんが作り上げるシャツはクオリティーが非常に高く、業界人から評判が良いブランドです。

 

戦前の『Tシャツ』といった言葉がまだ浸透していない時代から、シャツを作り続け、日本のファッションの基礎を作り上げた『久米繊維工業』

もし久米繊維が存在していなければ、Tシャツ文化が日本に入るのはもっと先の話だったのかも知れません。

 

★実は久米繊維はブランドの意向によりあまり表に出ないことで知られています。

有名セレクトショップが名前を伏せて販売していたり・・・
なのでもっと歴史について知りたい方は公式HPを覗いてみてください。

→久米繊維公式HP

 

□ここまでの紹介まとめ
①久米繊維は1935年創業の超老舗カットソーブランド
②職人技が光る、良質な素材と高品質
③安心安全の日本製
④日本のTシャツ文化の先駆け

 

歴史紹介はほどほどに、次は久米繊維の特徴を3つ紹介。

結論から言うと、①バリエーション②コスパ③サステイナブル。この3つが優れています。

Advertisement

特徴1:豊富なカラバリとラインナップ

3色の久米繊維のシャツ
出典:KUME.JP

①【久米繊維で見つけることができないカラーは無い】

 

カットソ(01Tシャツ):60色から選べる
トレーナー:41色から選べる

その他にも様々なラインナップがあり、逆に色のバリエーションが多すぎて選ぶのに困ってしまうレベル。

ピンクだけでも4種類。グレーだけでも4種類。

このように、微妙な差を選べるので、『もう少し色が淡かったらな〜』みたいな願望に答えてくれます!

 


 

②【ラインナップも豊富!全タイプのカットソーが見つかる】

 

現在16のラインナップがあり、どんなカットソーでも必ずある!

 

クルーネック、Vネックといった形状の違いだけでなく、素材や裁縫の違いで選ぶことができるので、シャツにこだわりがある方には絶対ブックマークしてほしいブランド!

 

特徴2:サステイナブルにも力を入れている

エコバッグ右手で持っている

久米繊維はすごくエコロジカルなブランド。

 

①リユース・リサイクル・リドゥースの3Rを心がけている

②プリントは再生可能な水性インクを使用

③一部の商品は環境に優しいオーガニックコットン

 

『サステイナブルな生活』を求める人にもおすすめなブランドです。

 

【関連記事】

『サステイナブルについて本気で考える【意味や今すぐできるアクション】』

 

特徴3:コストパフォマンスが高い

半袖カットソーだと1枚2,300円〜。
スウェットでも6,000円位で買えてしまうコスパの高さ。

 

肌触りが驚くほど優しく、完全日本製。それでいてこの値段設定は恐ろしいほど安い!実物を見ると、その素材の良さが分かります!

 

すぐに捨ててしまう安いファストファッションを買うのなら、『ずっと使える安くて良質なカットソー』を買うことをおすすめします。

 

自然とそれがサステイナブルにも繋がり、環境にも自分にも嬉しい洋服のサイクルができるんです!

 

 

□久米繊維のまとめ
①久米繊維は歴史ある日本のカットソーブランド
②品質が高くカラバリ・レパートリーが豊富
③コストパフォマンスが高くお求めやすい価格設定
④サステイナブルに取り組んでいて環境に優しいブランド

 

以上が久米繊維のブランド紹介でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。