【購入レビュー】久米繊維のビッグスウェットはシルエットで楽しみたい人におすすめだ

久米繊維のビッグスウェットを着用

 

流行りのビッグシルエットに挑戦してみたいな〜

 

 

日本が誇るファクトリーブランド『久米繊維』から発売されている【ビッグシリーズ】なんて最高だよ!

 

今回のトピックはビッグシリーズとして発売されている、久米繊維のビックスウェットの購入レビュー。

 

モデルがオシャレに着こなしている写真はよく見ますが、実際に着用している人の写真がネット上にほとんども無いことに「いなか」は気づきました。

ブランドの認知度も低く知らない人のほうが多い久米繊維。

 

この記事を読めば、久米繊維のブランドのことから、実際のビッグスウェットのリアルなレビューを知ることができます。

 

『ビッグシルエットのファッションに興味があった人』『MADE IN JAPANの良質なカットソーを探していた人』

必見です!

 

 

【関連記事】

『【久米繊維って知ってる?】日本のカットソー&スウェットブランドを紹介』

 

Advertisement

久米繊維のビッグシリーズって何?

久米繊維のビッグスエットをモデルが着用
出典:KUME.JP

1935年創業の老舗カットソーブランド『久米繊維』から発売されている【ビッグシリーズ】

販売日には1時間も経たずに完売する人気のモデルです。


基本的には公式HPのみでの販売で、販売予告を調べておかないとまず買えない。

 

老舗ながらの上質な生地と丁寧な裁縫で作るビッグシリーズは、現代的なシルエットでトレンドをしっかりと抑えていて、定番ブランドが好きな人からモード系の人までハマるカットソーです。

 

半袖・薄手のトレーナー・厚手のスウェットなど様々なアイテムを巨大化しています!

 

□ビッグシリーズのラインナップ
スウェットだけでなく、薄手の半袖やタートルネックなど様々なシャツを巨大化している!

全ラインナップは公式HPで確認できます!

→久米繊維公式HP

 

歴史とトレンドをうまく掛け合わせた【ビッグシリーズ】

次に、冬に活躍する『ビッグスウェット』をレビュー

ビッグスウェットシャツの特徴を深堀り

黒色のビッグスウェット
出典:KUME.JP

今回ゲットできたビッグシリーズはこの『ビッグスウェット』

まずそのサイズ感をみていきましょう。

ワンサイズ(Big)
着丈 83cm
身幅 74cm
袖丈 85cm

 

ビッグシリーズはサイズ展開がワンサイズしかなく、S・M・Lと細分化されていません。

サイズ表をみてもらうとわかるように、全てがビッグ。
着丈はお尻くらい長いし、肩は肘くらいまで落ちる。まさにビッグシルエットのサイジングです。

オーバーシルエットだと、普段と何が変わるのか?スタイルの変化は出るのか?次に感じたメリットを紹介します。

 

着用者情報
身長 177cm
体重 64キロ

 

特徴1:程よいドレープ感が出る

久米繊維のビッグスウェットを着用

スーツに見られる光沢感のことをドレープ勘違いしている人が多いですが、光沢感のことではありません。

ドレープ感とは生地に余裕をもたせて、流れるような動きをつけることを指します。

スカートのひらひら舞う姿をイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。

 

ビッグシリーズはすべてが大きく、シルエットに動きがでるためコーディネートで遊べるし、動きでも遊べます!

 

特徴2:アウターとして着用できる

中にどれだけ服を着込んでも窮屈感がないので、真冬はアウターとして、春先は一枚で着用。

真夏以外の3シーズン着回せすことが可能です。

 

特徴3:体型や性別に関わらず着用可能

ビッグスウェット着用横側

小柄な女性から大きな男性まで、体型に関わらず久米繊維の『ビッグシリーズ』は着用できます。

袖をまくったり、自分らしいコーディネートを考える必要はありますが、オシャレに着こせるポテンシャルみんなにあるので、ぜひ挑戦してみてほしいところ。

 

□いなかの場合のコーディネート
私の場合、ビッグシルエットはヴィンテージライクに着こなしたいので、あえてシワのあるミリタリーパンツ(M52)をチョイス

ルーズ×ルーズでシルエットであえて緩急をつけないことで、オーバーサイズを楽しんでます。

 

実際に着てみて感じたこと【まとめ】

 

□ビッグスウェットの買ってよかった点
①コーディネートの幅が広がった
②久米繊維の素材の良さを感じることができた

 

□惜しいところ
①何にでも合うアイテムではない
②今後のトレンドによってはダサいアイテムになりうる

 

ここ数年のトレンドとして、ビッグシルエットは当たり前になっていますが、やはり合わせ方が少し難しく、何でもかんでも大きいものを着れば良いというものではない。

普通のスウェットより生地は2倍くらい使用しているビッグスウェット。

 


結論:このクオリティーで6,000円台はかなり安く、買ってよかったな〜と思います

皆さまもぜひオーバーサイズでのコーディネートに挑戦してみてください。

 

【関連記事】

『【ビッグシルエットの着こなし攻略】ある部分を意識すれば簡単にオシャレになる。』

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。