カナダグースVSウールリッチを徹底比較レビュー【歴史やサイズ感などを網羅的に紹介】

ジャスパーとアークティックパーカ
出典:Opal & Dresswell

 

この記事では冬の定番として君臨しているダウンジャケット『カナダグースのジャスパー』と『ウールリッチのアークティックパーカー』を徹底比較します。

 

 

新しいアイコン
いなか
Inaka1992
両ブランドは見た目が似ているため、どちらを購入するか迷っている人が多い!高価な買い物なので勢いで買うのは危険!しっかりと違いやスペックを知っておくのがオススメ。
 
 
 
【こんな方に読んで欲しい!】
  • カナダグースとウールリッチのダウンジャケット、どちらを購入するか迷っている
  • ブランドの歴史や特徴について知りたい
  • 購入するダウンジャケットは決まっているがサイズ感が不安わからない
 
なんて思っていた方必見のダウンジャケット比較記事になります。
この記事を読めば、どのような違いがあるのか?そしてあなたにぴったりな一着はどちらかがわかります!

【関連記事】

【2021-22年版】カナダグースの日本規格モデルをすべて紹介『必ずマイサイズに出会えます』

【永久保存版】スーツスタイルにマッチする新定番ダウンジャケット10選

 

 

そもそもカナダグースとはどんなブランド?『簡単に歴史や特徴を紹介』

カナダグースのブランドロゴ
出典:Canada Goose公式

 

カナダグースのブランド情報
創業年1957年
創業地カナダ(トロント)
ジャンルダウン専業ブランド
特徴1南極探検家やエベレスト登山家がカナダグースを着用し様々な偉業を成した。(極寒地で耐えうるスペックであることが証明された。)
特徴2メインファブリックに独自素材の『アークティック・テック』を採用しており撥水性・耐久性・摩耗性は最高クラス。

※現在ではニットなどのアパレルも展開している

 

 

iconアイコン部員
南極でも耐えうるってすごい!めちゃくちゃオーバースペックだ!
 
新しいアイコンいなか
そう。カナダグースは日本だと温かいを通り越して暑いと感じるほどのスペック!中は半袖Tだけで冬越せます!

 

 

メインファブリックのアークティック・テックの特徴

出典:Canada Goose公式

 

カナダグースのダウンジャケットは従来の”軽くて温かいのが優れたダウン”という考え方とは少し違います。あくまで極寒地での労働に耐えうるタフさと暖かさを追求し続けいます。

 

30年以上前から採用されているメインファブリック『アークティック・テック』はまさにタフさを追求した素材と言えるでしょう。

 

【アークティック・テック素材の特徴】

・耐久撥水性:雨や水を弾く
・耐摩耗性:引き裂きに強くタフ
・保温性:体内の熱を外に逃げ出しにくい構造
・防風性:外の風をシャットダウンしてくれる

※ポリエステル85%/コットン15%素材

 

カナダグースのダウンジャケットの重量は重く、生地は硬さがあります。しかし上記のようにハイスペックで使い方によっては何十年も着用することができます。

 

 

iconアイコン部員
重さというデメリットを差し置いてもすごいハイスペックだ!ダウンジャケットは濡れちゃだめだと思ってたけど積極的に雨の日や雪の日に着用できるのは嬉しい!
 
 
新しいアイコンいなか
それに加えてカナダ製というのも嬉しいポイント。
高級ダウンジャケットは中国やアジア製にシフトチェンジしているブランド多いですからね!!

 

 

625フィルパワーの最高品質ダウンを採用

カナダのアルバータ州産の良質なホワイトダッグのダウンを使用。

フィルパワーは625とやや低めの数値ですが、ダウンパック内にムラ無く均等に入れていること。そして厳しい基準に基づき不純物がないダウンやフェザーのみをパッキングしているため保温性は抜群です。

 

 
新しいアイコンいなか
フィルパワーが高ければ高いほど温かいというわけではありません。

重要なのは量と質の高さが本力に直結します。

※フィルパワーとはダウンの質量に対しての膨らみの度合いのこと

 

 

【ブランドまとめ】

・メイドインカナダを貫いている
・南極で使用されるなど様々な実績がある
・タフで撥水性の高いアークティック・テックを採用
・ダウンは良質なカナダ産のもののみ使用
 
 
 
新しいアイコンいなか
次にこの記事の本題。カナダグースの人気モデル『ジャスパー』のスペックやサイズ感の深堀りをしていきます!

 

ジャスパーの人気の秘密を探る【スペック紹介】

カナダグースジャスパーの内側
出典:CROUKA

 

カナダグースの数あるモデルの中でも不動の人気を誇るモデル『ジャスパー』ジャパンフィットモデルであるため、日本人体型に合うサイズ感となっています。

 

 

【ジャスパーの特徴一覧】

  1. 着脱式のコヨーテファーのフードは帽子の上からでもかぶれる設計
  2. フロントジッパーは大きめのYKKジップを使用。手袋を付けていても開閉可能
  3. 手を温めるフリース素材のウェルトハンドウォーマー
  4. ジッパー付きのナポレオンポケットが左胸に配置
  5. 内ポケットは3箇所。ジッパー付きセキュリティ〜ポケット1箇所、ドロップインポケットは2箇所。
  6. 袖口はリブ仕様なので風の侵入を防いでくれている。
  7. カナダグースが独自開発したアークティック・テック素材を使用
  8. ダウンの量は625フィルパワー
  9. 今なおカナダ製を貫いている
 

たった1つのダウンジャケットに、これほどまでのスペックがちりばめられています。

 

カナダ製を貫いているカナダグース。非常に厳しい基準のもと作られておりクラフトマンシップを感じられるブランドです。妥協はなくジャスパーのみならずすべてのモデルの保温力やタフさは最強クラスです。

 

 

【分かりづらい名称紹介】

ウェルトハンドウォーマー:
腰部分に位置するポケットは手を暖めるために、フリース素材になっている。
ナポレオンポケット:フロントジップに並行して縦に付けられているポケット。こちらも保温性あり。
625フィルパワー:フィルパワーとはダウンの体積を表す名称。一般的には数字が高いほど暖かいとされている。

 

 
新しいアイコンいなか
次にジャスパーのサイズ感を見ていきましょう!!

 

 

ジャスパーのサイズ感

モデルがジャスパーを着用
出典:WOODY COMPANY

サイズ表

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
XS7741.549.565
S80.54351.567
M8244.554.569
L84.5465771
XL87.54759.572
XXL9048.56274.5

 

ジャスパーの日本規格サイズであるため、日本人体型に合わせた作りとなっています。

細身〜がっしり体型程度であれば普段着る服のサイズと同じでOK(太っていたり大柄の方は目安からワンサイズアップにすると良いでしょう。)

 

 

 

iconアイコン部員
そんなざっくりな!もっと詳しくマイサイズが分かる方法はないの?
 
新しいアイコンいなか
実はカナダグース公式HPではヴァーチャル試着のサービスがあります。

商品ページの「試着する」をクリックして身長体重年齢を打ち込むとジャストサイズを提案してくれます!

 

カナダグース公式

 

 

ジャスパーの良い点と悪い点『メリット・デメリット紹介』

黒のカナダグースジャスパー
出典:Digital Mountain

 

ジャスパーはハイスペックで非の打ち所がないように思いますが、個人的に『惜しい』と感じたポイントもあります。

惜しい点を踏まえても書いのアイテムなのか?そして後ほど紹介するウールリッチとの比較ポイントでもあるので、是非いい点ばかりではなく悪いポイントも頭に入れておきましょう!

 

【ジャスパーの良い点】

日本企画のジャスパーは細身で街使いに最適
→従来のアウトドアブランドダウンはもこもこのものが多かったが、ジャスパーは非常にスタイリッシュな見た目。体型を選ばないジャストなサイジング。

ハイスペックなのでインナーだけで十分
→中にTシャツを着るだけで十分冬を越すことができる暖かさ。

収納ポケットが多く、かばんいらず
→一見するとわからないが隠れたポケットが沢山あり収納力が高い。
 
【ジャスパーの惜しい点】

オーバースペック過ぎて体温調整が難しい
→暖房が効いた室内に入るとすぐに熱くなってしまう。折りたたんでもかさばってしまう。

素材の強度は強いが、生地が硬めで動きづらい
→他のダウンと比べるとパリパリと生地が硬めで、やや可動域が狭くなってしまう。

ジャストサイズだと細身過ぎてジャケットの上から羽織づらい
→スーツと着るとなると結構タイト。ジャケットの上から着ることを想定している人は、ワンサイズあげるかグローバルモデルを選ぶとよい。

 

 
新しいアイコンいなか

以上がジャスパーの使いやすさと使いづらさ。強度が高くシルエットがタイトな分、どうしてもやや動きづらいです。

※登山向けの表面生地が柔らかいダウンジャケットと比べるとです。普段使いではそこまで気にならない。

 

以上がカナダグースのスペック&サイズ感の紹介でした。次に比較対象であるウールリッチのアークティックパーカーの深堀りです!

 

 

関連記事

  出典:LEA+RARE こんにちは。スグレモノを運営者している『いなか』です。今回は、カナダグースのフリースタイルダウンベストの特徴とサイズ感を紹介。 ダウンなのにモコモコしす[…]

 

 

ウールリッチはアメリカ最古のアウトドアブランド『歴史紹介』

ウールリッチのブランドロゴ
出典:ウールリッチ公式
カナダグースのブランド情報
創業年1830年
創業地アメリカ(ペンシルバニア州)
ジャンル総合アウトドアアパレルブランド
特徴1アメリカ最古のアウトドアブランドと言われており、アメリカでは知らない人がいないほど有名
特徴22006年にイタリアのWPラヴォリ社と契約を結び「ウールリッチ ウーレンミルズ(WOOLRICH WOOLEN MILLS)」を発表。デザインが洗練された。新たなウールリッチとして話題を集めた。

 

1830年にジョン・リッチによってペンシルバニア州で誕生したアウトドアブランド【ウールリッチ】

 

古着のイメージが強いウールリッチですが、2006年にイタリアのWPラヴォリ社と契約を結び誕生した「ウールリッチ ウーレンミルズ(WOOLRICH WOOLEN MILLS)」は機能美を感じさせるイタリアらしい仕立ての美しさが特徴です。

 

 

新しいアイコンいなか

カナダグースのようにダウン専業ブランドではありません。ですが、ウールリッチの長い歴史から生まれたダウン製品は高品質でダウン専業ブランドに負けず劣らずの素晴らしい完成度です。

 

 

今回紹介するアークティックパーカーはウールリッチ時代から定番として販売されていましたが、この記事で言うところのアークティックパーカーはウーレンミルズから発売されている物を指します。

 

関連記事

冬のヘビロテダウンジャケット「ウールリッチのアークティックパーカー」ウールリッチが大好きでここ5年頻度高めで使用していました。 今回はそんなウールリッチアークティックパーカーの経年変化をレビューをします。  色はどのように変[…]

 

アークティックパーカのスペック

ウールリッチアークティックパーカー
出典:SHIPS

アークティックパーカーは一見するとクラシカルなダウンジャケットですが、現代的なパターンに変更されているため非常に上品。これぞ機能美といった佇まいをしています。

 

【アークティックパーカーの特徴一覧】

  1. フードは帽子の上からでもかぶれる大きめのサイジング
  2. 着脱式のコヨーテファーが付いている
  3. フロンジッパーは大きめのYKKジップを使用。手袋を付けていても開閉可能
  4. フロントにはフリースのハンドウォーマーポケット
  5. 腰付近には大きなフラップポケットが2つ
  6. 内側にドロップインポケットが2つ、胸元に1つ
  7. 袖口をリブ仕様にすることで風の侵入を防ぐ
  8. 素材はナイロン60%コットン40パーセンとの64クロス生地
  9. ダウン量は650フィルパワー
  10. 中国製とモルドバ製が主流

※現在では64クロスだけでなく様々な素材のモデルが展開されている。

 

 

iconアイコン部員
スペックを見てみるとカナダグースにとても似ているね!
 

 

新しいアイコンいなか

そう!ジャスパーとアークティックパーカーはダウン量やフードのファーの感じ、そして着丈が似ている。だからみんなどちらを購入するか迷うみたい!!

 

 

ジャスパーとアークティックパーカーの決定的な違い

  • ジャスパーは本国カナダ製・アークティックパーカーは中国やモルドバなどの他国製
  • ジャスパーは独自素材を採用・アークティックパーカーは昔ながらの64クロスを採用
  • ジャスパーのポケットはスラッシュポケット・アークティックパーカーはマチ付きフラップポケット

 

 

大きな違いは上記3点。

 

では次にアークティックパーカのサイズ感について!

 

 

64クロスについて詳しく知りたい方は下記の記事も合わせてどうぞ!!

関連記事

出典:All DAY DAY LIGHTこんにちは。スグレモノ運営者の『Inaka』です。今回は【傑作紹介記事】クラシックマウンテンパーカーの代表作である、シエラデザインについて深堀りしてきます。この記事を読めば、シエラの歴史と[…]

シエラデザインのマウンテンパーカー

 

 

アークティックパーカのサイズ感

アークティックパーカのスペック紹介
出典:WOODY COMPANY

 

サイズ表

サイズ表記 XS S M L
着丈73.5 cm76 cm78 cm79cm
胸囲104 cm108 cm112 cm117 cm
肩幅42 cm43.5 cm44 cm45.5cm
袖丈63.5 cm64.5 cm67cm68.5  cm
身長目安160cm~165cm165cm~174cm175cm~185cm185cm~

※年代により若干の変更あり。

 

カナダグースのジャスパーに比べると身幅が広くややゆとりのあるサイズ感となっています。

 

新しいアイコンいなか

着丈感で選ぶよりは身幅を基準にしてマイサイズを探すのがおすすめ!
私の場合178cm64キロですがSサイズがジャストでした(中にセーターなど着込む余裕あり)

 

 

関連記事

 こんにちは、ファッションブロガーの「いなか」です。先日、思い切ってウールリッチのアークティックパーカーをダイロンを使用して染め直しました。 そんなわけで、この記事ではダイロンマルチを使ったダウンジャケットの[…]

染色後のダウンジャケット

アークティックパーカのメリットとデメリット

ウールリッチアークティックパーカー
出典:ウールリッチ公式

 

アークティックパーカーもカナダグース同様にメリット・デメリットがあります。

しかしアークティックパーカーはデメリットを踏まえても名作であることは間違いありません!

 

【アークティックパーカーの良い点】

64クロスはナイロンより生地が柔らかく動きやすい。
→エイジングも楽しめるので、長く使い込むことで愛着が湧く。

身幅を広めにとっているのでジャケットの上からでも羽織りやすい
→加えて窮屈感も感じないためストレスが少ない。

ウエストのドローコードを絞ることでシルエットの変化を楽しめる
→ざっくり羽織りたいときは緩めて、きれいめに着たいときは絞るといったコーディネートができる。
 
【アークティックパーカーの惜しい点】

64クロスは長年使うと色が褪せてくる
→色が褪せてくるとアウトドアの雰囲気が強くなりスーツとは合わせづらくなる。

オーバースペック過ぎて体温調整が難しい
→カナダグースと同じで暖かすぎる

メイドインチャイナかモルドバ製がほとんど
→創業国で作っていないのでなんだか残念

 

 

新しいアイコンいなか

ロクヨンクロスがあまり好きでない方は、別素材のアークティックパーカの購入がおすすめ!毎年マイナーチェンジされているのでチェックしてみてください。

 

 

アークティックパーカはスーツスタイルにも合うし、アウトドアな雰囲気も出せる万能型ダウンジャケット。64クロスの特性で色落ちしてくるので、色落ち後にどのように合わせていくかが重要になってきます。

 

 

では最後にこの記事のまとめ。カナダグースとウールリッチどっちがあなたに合うか結論を言います。

 

 

アマゾンで買う

結局ジャスパーとアークティックパーカどっちが良いの?【まとめ】

 

ジャスパーとアークティックパーカを比べてみても、スペックはどちらも申し分ない。日本の気温であれば何処にいても何の問題もありません。どちらもサイズ感も日本人に合う体型で人を選ばない。

 

 

新しいアイコンいなか

では両モデルの違いとは何なのか?そしてあなたに合う1着はどちらなのか?
価格の違いと着用シーンの違いを比較してみましょう。

 

 

【価格比較】

ジャスパー:134,200円
アークティックパーカー:107,800円

価格差→26,400円

 

値段は3万円近くジャスパーのほうが高い。

加えてアークティックパーカは並行輸入品やシーズンをずらすと7万円代で購入できたりします。そうなると実質6万円近くの価格差があることになります(ジャスパーは値下がりしない)

 

 

 

【着用シーンで選ぶなら?】

ジャスパー
→スーツスタイルからカジュアルスタイルまで幅広く対応している。万能モデルと言える。

アークティックパーカー
→購入時はスーツからカジュアルスタイルまで合わせることができる。しかし64クロスは縦に色落ちする性質があるため色落ち後はスーツと合わせることができなくなる。

 

 

iconアイコン部員
なるほど、まとめるとカナダグースの価格は高い分コーデの幅も広い。それに比べてウールリッチの価格は抑えめではあるが経年変化後はカジュアルスタイルでしか合わせることができないんだね!
 

 

新しいアイコンいなか

その通り!正直『暖かさ』や『タフさ』といったスペックを比べるとどちらも最強クラス!
価格と着用シーンのイメージが選ぶ肝だね!

 

 

以上がカナダグース&ウールリッチの徹底比較でした。少しでも参考になったのであれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 
関連記事

  こんにちは。ファッションブロガーの『いなか』です。 「毎年のように、高いお金を支払ってダウンジャケットをクリーニングしていませんか?」 それちょっとまって!実は、多くのダウ[…]

ダウンジャケットを中性洗剤が入ったお湯の中に入れる

 

ジャスパーとアークティックパーカ
最新情報をチェックしよう!