【永久保存版】代表的セーターの種類を10パターン紹介『ほぼコレで全てです』

2着のセーター

 

アランセーターとかカウチンセーターとか。セーターの種類が多すぎてわからない〜

 

 

この記事では10パターンの定番セーターの特徴とルーツを紹介します。

知ればコーディネートの幅がググンと広がるよ!

 

セーターの代表的な種類やパターンを知ることは、コーディネートの幅を一気に加速してくれます。

 

なぜなら、ルーツを知り伝統の深堀りをすることによって合わせるべきコーディネートのルールが自ずと見えてくるから。

 

『セーター、セーター』となんとな〜くいっしょくたにまとめていた方。
是非この機会に代表的なモデルを知り、細かく分類分けができる様になってみてはどうでしょうか?

 

読めば、定番のセーターの種類がわかりアイテムのルーツを知ることができます。

 

【この記事を読むとわかること】

  • 10種類の定番的なセーターのモデルとパターンがわかる
  • 各セーターの発祥国や素材の違い。歴史などを知ることができる
  • セーターの定番ブランドを知ることができる

 

 

10種類のセーターを紹介

セーターの形の特徴。歴史、定番のブランドなどをなるべくわかりやすく紹介します。

この記事を読むと、洋服屋さんでセーターを見ればこれは〇〇セーターだと一発でわかるようになりますよ。

 

 

【関連記事】

『格式高き英国セーターブランド12選【本物のニットを知りたい人必見です】』

 

 

カウチンセーター【カナダ】

カナタのカウチンセーター
出典:Amazon

 

カウチンセーターについて
発祥 カナダ西武バンクーバー
民族 カウチン族
素材 油分を含んだままのウール
特徴 鹿やサンダーバード柄のものがある

 

肉厚なカウチンセーターはカナダの先住民族であるカウチン族がルーツとされていて、150年前から存在が確認されています。

 

油分が含んだままの状態のウールを使用しているので、撥水性が高く暖かい。

塗料による染色もしていないので、自然の羊の色を組み合わせて柄を作っているのも面白いところ。

 

★ひと昔前のトレンドだったので、リサイクルショップや古着屋で安くで手に入れることができます。

 

□カウチンセーターで有名なブランド
・KANATA
・カナディアンセーターカンパニー
・フライヤーフックス

 

 

チルデンセーター【イギリス】

ジェームスシャルロットびチルデンセーター
出典:Explorer

 

チルデンセーターについて
ルーツ クリケットなど英国スポーツ
名称の由来 アメリカのテニスプレイヤー
素材 太めのローゲージニット
特徴 Vネック・袖や首周りのライン

 

アメリカ人テニスプレイヤーのウィリアムチルデンから、名前を取った『チルデンセーター』

クリケットセーターなどとも呼ばれます。

発祥はイギリスですが、アメリカアイビーファッションに欠かせないセーターで、アメリカ人が着用している印象が強い!

 

★昔のアメリカ学園映画の金持ち息子は大体このセーターを着用しています。

首元・袖口のラインが特徴的で、カジュアルよりもややフォーマルに着こなすことコーディネートがぎゅっと引き締まります。

 

□チルデンセーターで有名なブランド
・ジェームスシャルロット

 

 

ノルディックセーター【ノルウェー】

ノルディックセーター
出典:franc bonn

 

ノルディックセーターについて
発祥 北欧の各家庭で編まれていた
別名 スカンジナビアセーター
素材 ブランドにより異なる
特徴 結晶柄や水玉柄が有名

 

北欧で伝統的に編まれているノルディックセーター。

冬になると雪の結晶柄のセーターや、サンタクロースが編まれたセーターが発売されますよね。

ああいったモノを総称してノルディックセーターと呼ばれます。

 

★非常に分厚い素材で、重たいが暖かさはお墨付き。

 

攻めたデザインのものもあるので、コーディネートは意外と難しい。
あえてオーバーサイズを肩を落として着こなすのが今風。

 

□ノルディックセーターで有名なブランド
・ダーレオブノルウェー

 

 

アランセーター【アイルランド】

アランセーター
出典:colors

 

アランセーターについて
発祥 アイルランドのアラン諸島
用途 漁師の為の防寒セーター
素材 未染色で油分は適度に残ったウール
特徴 各家庭により柄が異なる

 

別名フィッシャーマンセーターとも呼ばれる『アランセーター』

諸説ありますが、家庭ごとに独自の柄のニットを織り、漁師の夫が遭難し亡くなったとしても、ニットの柄で誰だか判別するために作られたのだとか。

 

基本的にアランセーターは、中心を境に左右対称の柄。
まれに左右の柄が違う物があり、見つけたら即買いレベルのレア度です。

 

数あるセーターの中でも特に歴史や特徴が面白く、ニット好きの中では一番の人気を誇るセーターです。

 

□アランセーターで有名なブランド
・インバーアラン
・オモーリャ

 

 

コンバットセーター【イギリス軍】

コマンドセーター
出典:L.A.BOY

 

コンバットセーターについて
発祥 イギリス軍
別名 アーミーセーター・ソルジャーセーター
素材 伸縮性のあるウール素材
特徴 肘や肩の補強パッチ

 

イギリス軍だけでなく、世界中の軍が採用しているコンバットセーター。

インナーとしての着用を考えられており、かなり細身で伸縮性があります。

一枚で着用すると、ミリタリー色がかなり強いので、ジャケットの下にちらっと忍ばせるコーディネートがおすすめ。

ミリタリーならではのタフな作りは男心をくすぐります。

 

□コンバットセーターで有名なブランド
・バズリクソンズ
・ヒューストン

 

 

ショールカラーカーディガン

ショールカラーカーディガン
出典:クラフトスタンダードブティック

 

ショールカラーカーディガンについて
ルーツ 不明
素材 ブランドや時代による
特徴 ショールカラー

 

カラーとは襟の形状のこと。
その襟元の特徴がそのまま名前となったのが『ショールカラーカーディガン』です。

タキシードやフォーマルなジャケットに見られる襟のショールカラーを採用しているので、このカーディガンもややドレッシー。

他のニットがカジュアルよりなのに対し、フォーマルに合わせたくなるカーディガンです。

 

中にはカットソーではなく、ボタンシャツそして、スラックスと合わせるとハリウッドスターばりのラグジュアリー感を出すことができます。

 

□ショールカラーカーディガンで有名なブランド
・ブルックスブラザーズ
・ラルフローレン

 

 

ガンジーセーター【イギリス・フランス】

ルトリコチュールのセーター
出典:FREAK’S STORE

 

ガンジーセーターについて
発祥 ガンジー諸島
用途 漁師のためのセーター
素材 油分を多く含んだウール
特徴 前後ろどちらでも着用できる

 

見た目は違いますが、ガンジーセーターもアランセーター同様に、フィッシャーマンの為のセーターです。

 

前後どちらでも着用することができ、脇には動きやすさを考慮したマチが施されているのが特徴的。

激しい漁師の作業に少しでもストレスが軽減される工夫がされています。

 

 

★ガンジーセーターについてより知りたい方は下記の記事も合わせてお読みください。

『【レビュー】ル・トリコチュールのガンジーセーターの虜【特徴とサイズ感紹介】』

 

□ガンジーセーターで有名なブランド
・ル・トリコチュール
・ガンジーウーレンズ
 

 

アーガイルセーター【スコットランド】

アーガイルセーター
出典:American Beauty

 

アーガイルセーターについて
発祥 スコットランド、アーガイル地方
素材 ブランドによる
特徴 前面のアーガイルチェック柄

 

みんなご存知アーガイルチェックを前面にデザインされたアーガイルセーター。

アイビールックには欠かせないアイテムで、チルデンセーターと似たような位置づけ。

 

年配の方が着用しているイメージが強いですが、ホワイトパンツなどと合わせると若者でもプレッピーなスタイルを作れます。

 

□アーガイルセーターで有名なブランド
・ブルックスブラザーズ

 

 

レタードカーディガン【アメリカ】

レタードカーディガン
出典:HEB clothing

 

レタードセーターについて
発祥 アメリカの学生
ルーツ クラブや大学名をパッチしたのが始まり
素材 個体によりいろいろ
特徴 パッチワークや刺繍

 

ここ最近、古着屋でしか見なくなったレタードカーディガン。

アメリカの学生が所属しているクラブや大学名を刺繍したのが始まり。

 

一点物と言っていいほど同じものは無く、アメリカの場所によっても見た目が全然違うのだとか。

 

ダサいものも多いですが、自分好みのパッチワークのものが見つかればそれは運命の出会い。

 

□レタードカーディガンで有名なブランド
・スクーカム
・アルビオン
・ニッティングミルズ

 

 

フェアアイルセーター【スコットランド】

ジャミーソンズのベスト
出典:Jamieson

 

フェアアイルセーターについて
発祥 スコットランド、シェットランド諸島
素材 シェットランド諸島の羊
特徴 幾何学模様のフェアアイル柄

 

独特な幾何学模様が特徴的なフェアアイルセーター。

一枚で着用してもレイヤードとして着用しても抜群の存在感があります。

非常に発色の良いウールを使用しており、様々な色のフェアアイルセーターが発売されています。

 

カジュアルはもちろん、意外とフォーマルなジャケットの下に着込んでも様になります。

 

【関連記事】

『ジャミーソンズのニットとは?【歴社特徴など全部ここで学ぼう】』

 

 

□フェアアイルセーターで有名なブランド
・ジャミーソンズ
・スチュアートオースティン

 

 

【まとめ】セーターを知れば世界が変わる

 

セーターの世界ってファッションを学ぶ上でハマる要素が多い。

どっぷりと歴史にハマるもよし。国ごとの素材の違いに興味を持つのもよし。
シンプルにデザイン性に惹かれるのも正解。

 

ファッションやコーディネートというのは、決してデザインやサイズ感など外見に出やすい分だけでなく、着ている本人だけがわかる素材感や、外見には出ないストーリ。

 

そういったすべての要素を含めてファッションなんだと知るきっかけになりえるのがセーター。

ファッションの原点であり終わりのない世界です。

 

【関連記事】

『ウールと言っても種類は様々【細分化されたファブリックの違いを知る】』

 

 

Advertisement
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。