秋冬の定番服『CPOジャケットとは?』その特徴とCPOの意味を紹介

CPOジャケットの歴史

 

『CPOジャケットって名前自体は知っているけど、詳しい特徴や素材についてわからない』

そんな方が殆どではないでしょうか。

 

この記事ではそんな小さな疑問を解決すべく、CPOの意味や素材の特徴などをわかりやすく紹介します。

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
結論を先にいうと、CPOジャケットとはアメリカ軍がルーツのメルトン素材のアウターのこと!

では、そんなCPOジャケットについてより深堀りしていきます。
 
 
【関連記事】
 
 
 

CPOジャケットとは?『歴史と素材の特徴を紹介』

男性がCPOジャケットを着用
出典:Heddels

 

上記写真のようなジャケットをCPOジャケットと呼びます。
両胸のフラップポケットとボタンフライの前たてのみと見た目はいたってシンプル。

 

そんなCPOジャケットの歴史や素材について触れていきます。

 

 

CPOジャケットはアメリカ海軍のチーフが着用していたジャケット

 

1930年代ごろからアメリカ海軍下司官チーフが着用していたジャケットのことをCPOジャケットといいます。

 

CPO:Chief Petty Officerの略(日本語だと上等兵曹)
 
つまりCPOジャケットはミリタリーがルーツ。
そして戦闘用ではなく作業着に分類されます。
 
 

 

CPOジャケットの基本的な仕様
素材ウールのメルトン生地
ポケット胸元の2つフラップポケットのみ(初期は1つのみ)
スタンダードな襟あり
前たてボタン

 

 

 

 

新しいアイコンいなか
ミリタリー特有のエポレット等はなく、いい意味でミリタリー感が少ないジャケットになります。
 

 

 

メルトンウール素材とは水に強く保温力の高い素材

メルトン素材

 

 

ウールの織り目がわからないほど表面を圧縮し、フェルト化したウール素材のこと。
Pコートやダッフルコートに使用されることが多く、非常に暖かく撥水性を備えているのが特徴。

 

簡単に言うとギチギチに詰まったウール素材のことで、海軍で使われるだけあり水に強い素材。

 

 

新しいアイコンいなか
現在ではメルトン生地ではなくとも、両胸にフラップさえついていればCPOジャケットと呼ばれており、定義は広くなっています。
 
 

 

 

CPOジャケットが現代ファッションにマッチする理由

サイのCPOジャケット
出典:GOLDEN STATE

 

『ミリタリーアイテムであるCPOジャケットがどうして現代ファッションに根付いたのか?』

それは圧倒的な着回しのしやすさにあります。

 

 

CPOジャケットは別名CPOシャツと呼ばれており、インナーとして使用することもできるのです。

 

 

新しいアイコンいなか
真冬はインナーシャツとして。普段はアウターとして。

そんな着回しができるのが人気の理由。

 

 

 

CPOジャケットのおすすめブランドを紹介

 

最後にいくつかおすすめのブランドを紹介してこの記事は終了とします。

「CPOジャケットが気になっていたけど、どこのブランドのものが良いのかわからない」

そんな方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

【海外ブランド】

・フィデリティ
・モンゴメリワード
・シアーズ

【国内ブランド】
・SCYE
・オーラリー
・フェローズ
 

 

CPOジャケットをファッションに最初に落とし込んだブランドが、シアーズやモンゴメリワードと言われています。
そこからCPOジャケットはアメカジファッションのマストアイテムになったのです。

 

 

本物志向で、忠実に再現しているモノがほしいなら海外ブランド。
デザイン性や日本ブランドの素材の良さが魅力的な方はドメスティックブランドがおすすめです!

 

 

 

新しいアイコンいなか
以上がCPOジャケットの紹介でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【関連記事】

トレンチコートのおすすめブランド8選『高品質な一生物のみ紹介』

【永久保存版】代表的セーターの種類を10パターン紹介

 

CPOジャケットの歴史
最新情報をチェックしよう!