【購入レビュー】米富繊維の洗える布マスクは過去最高の満足度

米富繊維のマスク

 

「おしゃれかつ、使い捨てではないマスクを探している!」

そんな方にオススメしたいのがYONETOMIの洗える布マスク(立体型)

 

国内の老舗ファクトリーブランドだから信頼できるし、何よりおしゃれ!
ファッション感覚でマスクを楽しむことができます!

 

 

 

新しいアイコンいなか
私は実際に購入しました。

リアルな購入レビューをするので気になってた方は、ぜひ最後までお付き合いください!

 

【関連記事】

【久米繊維って知ってる?】日本のカットソー&スウェットブランドを紹介

 

YONETOMIってどんなブランド?

米富繊維の糸
出典:米富繊維

1952年創業の米富繊維工業オリジナルブランド『YONETOMI』

ニット専業のファクトリーブランドであり、自社工場で一貫して製造をしているため品質は高くもちろん全て日本製。

 

YONETOMIはニューベーシックをコンセプトに掲げており、シンプルながらもどこか新しいアイテムを展開しています。

 

米富繊維
創業1952年
場所山形県南東部
製造ニット(ローゲージ)

 

米富繊維自体が歴史あるブランドなので、安心の品質ですね!

 

□ファクトリーブランドとは??
製造元である工場オリジナルブランドのこと。

OEM生産ではないため、同じ工場で作られた有名ブランド物のアイテムより安く、ファクトリーそのものの理念のもと作られる

有名なファクトリーブランド→『CIOTA』『バトナー』『カーリー』etc..

 

 

YONETOMI洗える布マスクをレビュー

クオリティーの高い国内ファクトリーブランドで作られるこのマスクは一言でいうとポップ。

遊びが効いていて、ずっと付けていたくなるデザイン性の高さです。

それでいて日本製で縫いやカッティングがきれいな最強マスク。

 

新しいアイコンいなか
べた褒めしすぎなきもしますが、つけると質感の良さに感動します!

次にそんなYONETOMIマスクの基本スペックを紹介します。
 
 

YONETOMIマスクの基本スペックを紹介

米富のグレーのマスク

 

洗える布マスクの基本スペック
素材(マスク部分)ポリエステル90%・ポリウレタン10%
素材(紐部分)ナイロン100%(デッドストックのウーリースピンテープ)
形状立体型
特徴抗菌・給水速乾・消臭・UVカット
サイズ縦12cm・横20cm・紐:40cm

 

最近では機能面に優れたマスクは多くありますが、YONETOMIのマスクも負けず劣らずの高スペック。

立体的なシルエットなのでフィット感も申し分ありません。

 

次に実際に着用してみて感じたメリットデメリットを紹介していきます。

 

使って感じた3つのメリット

YONETOMIマスクの優れた点

 

①マイサイズに調整できる

購入時に紐は結ばれていないタイプのマスクですので、自身で調整してカットする仕様。

ですので、一番つけ心地が良い長さに調整できるのです!

紐を切らずに結ぶだけで耳からイヤリングのように垂らすのもありかもしれません。
※通常だと結び目をマスク内側に入れ込みます。

耳への負担を減らせるの長時間の使用も苦にならない!

 

 

 

②呼吸が楽

厚手のコットン素材のマスクとは違い化繊でできているため、通気性がよく呼吸が楽に感じます。

 

 

③シワになりにくい

ツルッとしたポリエステル素材なのでシワになりにくい。今の所数回洗っていますが、変化は全く起きていません。

メーカーのHPの情報では、万が一シワができればアイロンで伸ばすこともできるようです。

 

 

YONETOMIマスク唯一の欠点

折りたたんだ際のYONETOMIマスク

ここが残念だったのという点が一つあります。

 

それは、厚みがなさすぎるということ。

普通に着用している分には問題ないのですが、深呼吸など強く息を吸った際に若干ですが鼻と口のシルエットが見えてしまうことがあります。

 

これ地味に恥ずかしいんです・・・

耐久性も気になるところですが、今の所それ以上に薄い不安感が一番の惜しいと感じた点。

 

それ以外の『つけ心地』『素材感』『機能面』に関しては個人的に100点満点でした。

今やマスクは必須アイテムなので、お気に入りの1枚にであえると良いですね!

 

米富繊維のマスク
最新情報をチェックしよう!