『20年後も着ていたい』が見つかるメンズファッションブログ  【スグレモノ】

M65フィールドパンツの年代ごと違い&見分け方『初期型&後期型のディテール紹介』

M65フィールドカーゴパンツ
出典:WARPweb

 

「M65フィールドパンツの初期型と後期型のディテールの違いについて知りたい」

この記事では、そんなハテナを解決します!

 

【本記事の内容】

・M65フィールドパンツとは?
・M65パンツの年代ごとのディテールの違いを紹介
・購入者の口コミを紹介
・オシャレなコーデを見てみよう

 

「M65フィールドパンツが気になっていた。初期型と後期型の違いが知りたい!」

「いろんな人の口コミやコーデ例が知りたい!」

 


そんな方に読んでいただきたい記事になります!

 

 

新しいアイコンいなか
(Inaka1992)
5分もかからず読める内容なので是非最後までお付き合いください!

 

 

 

【関連記事】

『M65フィールドジャケットの見分け方』1st,2nd,3rdの違いとは?【特徴やディテールを紹介】

【おすすめ軍パン8選】後世に語られる名作定番ミリタリーパンツを紹介

 

M65フィールドパンツとは?

M65フィールドパンツのヒップ部分
出典:WARPweb

 

アメリカ軍から生まれた名作M65フィールドパンツ。

1965年からなんと40年近くもの間アメリカ軍で使用されており、様々な戦地で活躍しました。
80年代に入ると多くの映画スターが使用したことから、ファッションしても認知され始め、『カーゴパンツ=M65』のイメージが定着したのです。

 

そんなM65フィールドパンツのイメージや基礎情報をご紹介します。

 

 

ベトナム戦争で活躍したカーゴパンツ

M65パンツは様々な戦場で使用されましたが、やはりM65が初めて採用されたベトナム戦争で活躍したパンツというイメージが強く残っています。

 

60年代に勃発したベトナム戦争では、亜熱帯地でも着用可能な通気性と摩擦に強い強度が求められていました。
そこにナイロン×コットン混かつ薄手の生地で作られたM65パンツはもってこいのスペックだったのでしょう。

 

 

新しいアイコンいなか

ファッション的に見ると、薄手かつ強度が強いので、夏のキャンプや釣りなどのアウトドアにも最適なパンツと言えます!

 

 

同じベトナム戦争で活躍したアイテム、ジャングルファティーグが気になる方はこちらも合わせてどうぞ。

ジャングルファティーグジャケットの年代判別方法『1st,2nd,3rd,4thの違いを紹介』

 

M65はジャケットとコートも存在する

 

M65シリーズは全部で3ピースセットになります。

M65フィールドコート(ライナー・フード有り)
M65フィールドジャケット(ライナー有り)
M65フィールドパンツ
 
ライナーを取り付けると完全防寒着となります。
 
 
ここで一つの疑問が生まれます。
ベトナム戦争真っ只中の60年代。なぜアメリカ軍は防寒着を開発していたのか??
 
 

 

新しいアイコンいなか

結果としてベトナム戦争でデビューしましたが、ロシア戦に向けて準備をしていたのかもしれません!

少なくとも、ベトナム戦争真っ只中に寒冷地用の服を開発する余裕があったことは確かです!
 
 
 

M65パンツの相場は1万円〜3万円程度

現在のM65 フィールドパンツの相場は15,000円〜30,000円ほど。

【初期型】
中古:1.5万円〜2万円
デッドストック:2万〜3万円


【後期型】
中古:1万円〜1.5万円
デッドストック:1.5万円〜2.5万円
 
生産期間の短い初期型のほうが高い傾向になります。
昔は中古だと1万円切っていたので、どんどん高くなっている印象を受けますね。
 
 
 
 

M65パンツのサイズ感は??

M65パンツに限らずミリタリーパンツは表記と実寸に大きなばらつきがあります。
Sサイズなのに、Lサイズ表記のもとの同じ位大きいなんてザラです!

 

ですので、サイズを見る時は必ず表記ではなく、ショップが測っている「cm(センチメートル)」を参考にしましょう!

 

 

ちなみに、福岡のミリタリーショップ『WAIPER』さんだと以下のようなサイズ表記となっています。

表記ウエスト総丈股上股下裾幅
X-Small/Regular約70cm103cm32cm71cm25cm
Small/Short約80cm95cm32cm63cm25cm
Small/Regular約80cm103cm32cm71cm25cm
Small/Long約80cm113cm33cm80cm25cm
Medium/Short約86cm95cm32cm63cm25cm
Medium/Regular約86cm103cm32cm71cm25cm
Medium/Long約86cm113cm33cm80cm25cm
Large/Regular約100cm108cm36cm72cm27cm
XLarge-Regular約108cm110cm38cm76cm29cm

 

私の場合は、178cm64キロで『Medium/Regular』か『Small/Regular』がちょうどくらい。

 

M65パンツは約10センチほどウエストをアジェスターで絞ることができるので、ワンサイズ大きくてもOKです!

 

 

 

新しいアイコンいなか

コレまではM65の外枠部分の紹介でしたが、次に本題。

M65パンツのディテールについて深堀りしていきます!
 

M65フィールドパンツ【初期型と後期型の違いとは?】

M65フィールドカーゴパンツ
出典:PUT ON

 

キング・オブ・カーゴパンツである『M65フィールドパンツ』
その考えつくされたディテールを紹介!

 

・M65フィールドパンツの基本スペック
・初期型のディテール
・後期型のディテール
 
上記の順番で紹介していきます。
 
 

初期型・後期型ともに共通するディテール

M65パンツのレプリカ
出典:Hobbymart

 

【M65パンツの基本ディテール】

・ジッパフライ
・フラップ付きサイドカーゴポケット(中に止血用コード有り)
・フラップ付きバックポケット
・膝部分のタック
・ウエストアジャスター
・裾のドローコード
 
上記のディテールは、初期型・後期型ともに共通する部分です。
緊急用の止血紐がポケットに入っているのも当時では画期的な特徴でした。
 
 
シルエットはオーバーパンツとしての使用を想定しているため極太。
ここ最近のビッグシルエットブームによる需要も相まってまだまだ人気は続きそうです!
 
 

 

新しいアイコンいなか

そしてM65パンツの初期型と後期型では、
ジッパーと素材。そしてステッチングに若干の違いが見られます。
 
 
初期型(1965年〜70年頃まで)フロントジップ:アルミ / サイドステッチ:ダブルorシングル / 素材:コットンナイロン
後期型(1970年頃〜)フロントジップ:ブラス / サイドステッチ:シングル / 素材:コットンナイロン又はコットンレーヨン

 

では写真でその違いを見て行きましょう!
 
 

初期型はアルミジップ&サイドはダブルステッチ

M65パンツ初期型のアルミジップ
出典:Pheb International
M65パンツ初期型のステッチ
出典:GROWER

 

1965年頃から70年まで生産されていたとされる初期型モデル。

 

最大の特徴はアルミジップであること。
アルミジップは破損しやすいので、状態の良いものが見つかりにづらく、希少価値が上がってきています。


またイレギュラーはありますが、サイドがダブルステッチであることが多いです。

 

新しいアイコンいなか

よりパッカリングの経年変化が楽しめるので、個人的には初期型がオススメ!

 

 

後期型はブラスジップにサイドはシングルステッチ

M65パンツ後期型のブラスジップ
出典:WARPweb
M65パンツのサイド部分
出典:WAIPER

 

後期モデルになると、フロントジッパーはブラス(真鍮)に。そしてステッチも簡素なシングルステッチに変更されます。

 

そして素材はコットンナイロンとコットンレーヨンの2種類に。
コットンレーヨンはより涼しい素材なので、オールシーズン快適に着用可能です。

 

 

新しいアイコンいなか

ジップがシルバーなら初期。金色なら後期。

この覚え方が一番カンタン!
 
 
初期型だけでなく後期モデルもふつふつと値段が上がっている印象を受けます。
気になっている方は早めにゲットするのがオススメです!

 

 

【初期型】
・ジッパーはアルミニウム素材
・サイドはだダブルステッチ
・65年から70年頃までしか生産されていないため希少性が高い


【後期型】
・ジッパーはブラス素材(真鍮)
・サイドはシングルステッチ
・球数は多いが年々価格が上がってきている。
 
 

M65フィールドパンツのコーデ例

「M65パンツとは?という基本情報はなんとなくわかってきましたか??」

次におしゃれの達人たちのコーディネートを紹介していきます。
よりパンツの太さやシルエットなどの雰囲気を掴むことができます!

 

 

上記で紹介したコーディネートのように、M65パンツは万能で様々なスタイルにハマります。

 

しかし軍パンなので、少なからずミリタリー感は必ずでます。そもそも軍モノが苦手って方にはオススメではない。
あくまで、ミリタリーパンツ好きが楽しむパンツだと思います!

 

 

→M65パンツはいろんなコーデにはまるが。ミリタリー感が強いファッションになる!

 

 

 

新しいアイコンいなか

では最後に購入者の口コミを紹介してこの記事は終了とします!
 
 

購入者の評価『口コミを紹介』

M65パンツを購入した人は満足しているのか?サイズはジャストだったのか?
たくさんの口コミを紹介しますね!

 

口コミ

(30代・男性)
164cm、60kg普通体型でSmall/Shortを購入。
サイズ的にはウェストはアジャスターで合わせてピッタリ。
丈が気持ち短いですが許容範囲です。


(40代・男性)
私は身長170cm 体重73kg 腹回り91cm です。
レギュラー/ミディアムを購入しました。
ウエストは洗濯後でギリギリでした。(全然縮みませんけど。)


(40代・男性)
ミディアム レギュラー購入しました
対応迅速で気持ち良いです!!
175cm70kgでサイズはちょうど良かったです
タグ表記は31Inc~35Incまでウエスト調整可能です
永く使えて味が出る物だと思います。


(30代・男性)
生地は厚手で丈夫。かなり太めなシルエット。味のある縫製。
好みはあると思うが、格好いい。

 

以上の様に、購入者の多くの方が満足されていて、素材感やシルエットがレプリカ物とは全然違うと感じられたようです。

 

50年以上も前のアイテムなのに生地が良い。作りがしっかりしているように感じる!
これは普通に考えてすごいことですね!
 
 

M65フィールドパンツの特徴やディテールの違い【まとめ】

 

M65フィールドカーゴパンツとはどのようなアイテム?
・ベトナム戦争から採用されたカーゴパンツで強度に優れているパンツ
・40年以上もアメリカ軍で採用されていた軍パンの完成形
・3ピースで、パンツの他にコートとジャケットも存在する
・価格がどんどん上がってきているセミヴィンテージアイテム
 
M65パンツ、初期型と後期型のディテールの違いとは?
【初期型(65年〜70年)】
・フロントジッパーがアルミ素材
・サイドがダブルステッチOrシングルステッチ
・素材はコットンナイロン

【後期型(70年〜)】
・フロントジッパーがブラス素材(真鍮)
・サイドがシングルステッチ
・素材はコットンナイロンOrコットンレーヨン
 
 
10年後には激レアヴィンテージアイテムになっている可能性があるM65パンツ。
気になる方は、早めにGETすることをおすすめします!!
 
お読みいただきありがとうございました。
 
【関連記事】
 
 
M65フィールドカーゴパンツ
最新情報をチェックしよう!