【使用レビュー】マンティス26のスペックや使い心地、デメリットを徹底紹介!『5年間背負ってわかったこと』

アークテリクス・マンティス26

 

「アークテリクスの定番リュック『マンティス26』の使い心地やメリット・デメリットなどが気になる」

そんな悩みを解決!

 

私が実際に、マンティス26を5年間使用して感じた使いやすさや不満点などについて徹底的にご紹介します。

 

 

【本記事の内容】

・アークテリクス『マンティス26』の基本情報について
・21枚の写真と共にマンティス26の細かなディティールを紹介

・4年間使用して感じた不満点&デメリット

 

 

サブ使いではありますが、5年ほど使い続けているアークテリクスの定番リュック『マンティス26』

 

 

私にとって「使いづらいなと思うことやこれ必要ないでしょ?」と感じるディティールがいくつか見えてきたので、皆様に情報を共有できればと思います。

 

また、基本スペックや特徴についても紹介するので、この記事を読めばマンティス26について網羅的に知ることができます。

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
購入を検討していた方にとって為になる内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【関連記事】

・【使用レビュー】ブレード20を2年間使用して感じた不満(デメリット)と変化具合

「流行りすぎたか」アークテリクスのアロー22!結局買うべきなの?「スペック徹底分析」

 

アークテリクスのリュック『マンティス26』とは?

マンティス26のフロント部の写真

小旅行から普段使い。そして仕事使いまでカバーするアークテリクスの万能リュック、マンティス26。
アロー22やブレード20と並ぶ超定番モデルです。

 

はじめにマンティス26のおおまかなスペックを紹介していきます!

 

マンティス26の基本情報を紹介

基本スペックは以下の通り。

サイズ26L/縦45.5cm・横26cm・奥行き14cm
重量865g
素材ナイロン100%(ポリウレタンコーティング)
ポケット合計7箇所(メイン×1・メイン内部×1・フロント×2・トップ×1・サイド×2)
発売年2010年
特徴①軽い登山から普段使いも可能なスペックかつミニマルなデザイン。
特徴②2010年の定価は8,700円。2021年現在の低下は18,700円。10年で1万円も値上がりした。

 

 

何より驚くのが価格の推移。
昔ビームスとかで8,000円台で発売されていたのですが現在の定価は18,700円にもなっています。

 

他のどのモデルも1万円ほど価格が上がっているので、アークテリクス自体が値上げしたようです。

 

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
それでも、アークテリクスのリュックの中ではまだまだ安い位置づけ!

ちなみに現在アロー22が29,700円。ブレード20で27,500円!
 
 
 

2020年秋冬よりモデルチェンジ

左:2015モデル/右:2020年モデル

 

マンティス26は2010発売以降2015年と2020年の2回モデルチェンジを行っています。

 

2015年モデルと2020年モデル、ディティールの違い
2015年モデル①メインロゴはARC`TERYX文字+ブランドロゴ
②サイドに『mantis』の刺繍
③ショルダーストラップに『ARC’TERYX』の刺繍有り
2020年モデル①メインロゴはブランドロゴのみ(文字が無くなる)
②フロント下部に『MANTIS|26』の刺繍
③ウエストベルトのバックルにロゴ有り

 

2020年モデルのほうがよりミニマルな印象ですが、個人的には2015年モデルのほうがかっこいいと思ってます。
アークテリクスのロゴは不死鳥のロゴ+文字で1セットが好き!

 

スペック的にはほとんど変わらないのでどちらを選んでも収納力や撥水性。耐摩性は同じです!

 

 

また下記の動画がすごくわかりやすかったので添付しておきます。

 

新しいアイコンいなか

より詳しく新旧の違いが知りたい方はチェックしてみてください!
 

 

マンティス26のデザイン&スペック

先程はマンティス26のざっくりとした部分について触れましたが、次はより細かなディティールやデザインの特徴などを紹介します。

多くの写真とともにご紹介しますので、どのようなリュックであるのか、よりイメージが湧くかと思います!

 

 

全21枚の写真でマンティス26のディティールを紹介

 

新しいアイコンいなか

ではマンティス26のディティールを見ていきましょう!
 
 

全体写真

マンティス26のフロント
やや胴長の特徴的な形状。
学生時代、フェス使いに良いかなと思い少し変わったグリーンを購入
 
マンティス26のバック
背面はしっかりとした作りでフィット感があります。
 
マンティス26のサイド
横から見ると、形状がよくわかります。
他のブランドには見られない立体感です。
 
 

ポケット

 
①フロントポケット
マンティス26のフロントポケット
フロントポケットは2つ。
アークテリクスのロゴの両サイドにあります。
 
マンティス26のフロントポケット3
マンティス26のフロントポケット2
右と左はつながっておらず独立したポケットになっています。
中はいたってシンプル。特に仕切りなどはありません。
 
 
②トップポケット
マンティス26のトップポケット
上部のポケットの中には、小さな仕切りと鍵などをつけることができるストラップが付いています。
重いものをトップポケットに入れてしまうと形が崩れるので、軽めのものを入れるのが良いでしょう。
 
 
③サイドポケット
マンティス26のサイドポケット
両サイドにはメッシュポケットがついています。
ペットボトルや小さな水筒がちょうど入るサイズ感です。
 
 
④メインポケット
マンティス26のメインポケット
メインポケットは全開式なので、ごちゃごちゃにモノを入れてもすぐに見つけることができます。
裏地はPVコーティングされたナイロン素材。
つるりとした生地感なので手を入れたときの滑りが良い!
 
 
⑤PCポケット
マンティス26のPCポケット
マンティス26のPCポケット2
13.5インチのマックブックがジャストサイズで入ります。

 
 

その他の細かな特徴

 

①ジッパー関係

マンティス26はダブルジップ

メインとトップポケットはダブルジップ仕様。
地味にだけど嬉しいポイントです。

 

マンティス26は止水ジッパー

そしてすべてのジップは止水ジッパーになっているため雨が入りにくくなっています。

 

マンティス26のジッパーのメーカーはYKK

ジップはYKK。国内ブランドだから安心感があります。

 

 

②ストラップ関係

メインポケットのストラップ

トップポケットに加えてメインポケットにも鍵掛けフックが付いています。

 

ショルダー部分にはリングストラップ。

 

③その他

上部には手持ち用のストラップが付いているので、一応2WAY仕様ということになります。

 

最上部にはハイドレーションのホースを繋げる穴が付いています。

マンティス26のタグ1
品質タグは内側にあり。


マンティス26のタグ2
最近のモノはほとんどフィリピン製。おそらくカナダ製とかはそもそもなかったはず。
 
 

 

新しいアイコンいなか

以上がマンティス26の基本的なスペック。


簡単にまとめると、マンティス26は都会向けではありますが、軽登山でも使用できるような工夫が施されている。そんな中間的なディティールといったところでしょうか。
 
 
 

マンティス26の背負やすさの秘密を徹底解剖

世界最高峰のアウトドアブランド「アークテリクス」の製品ということもあり、マンティス26の背負心地は素晴らしいです。

・フィット感
・通気性
・肩への負担
 
どれをとっても申し分ない。
背負いやすさだけを言うと間違いなく一級品です!
 
 

 

新しいアイコンいなか

なぜそんなにも背負心地が良いのか?

その理由を紹介!
 
 
 
【背負やすさの理由その1】背中に沿うように設計された流線型の背面

人体科学に基づいたフィット感のため、点ではなく背中全体の面で捉えてリュックを背負うことができます。
 
 

マンティス26を着用2 マンティス26を着用3

・背面を見てもらうと緩やかな流線を描いている。

マンティス26を着用1

・ウエストとチェストベルトを使用することでより安定感がます。

 

 

 
 
【背負やすさの理由その2】ショルダーストラップのクッション性

ショルダーストラップに厚みと程よい反発があるため、肩への重みが分散される
 

マンティス26のショルダー部分

 

 
 
【背負やすさの理由その3】長時間背負っても蒸れづらいメッシュ構造

背面はオールメッシュで通気性抜群。

 

マンティス26のショルダー部分2

 

 

 

【その他の背負いやすい理由】

マンティス26の底部分

マンティス26の底部分にはマチがあり、荷物を入れたとき一箇所に重みがかからないような工夫がされています。

全体に重さが行き渡るため、背負ったときのバランスがいい!

 

マンティス26のショルダー部分4

腰で擦れてしまう背面下部にはフェイクレザーの補強がついています。

かなり考えられた設計ですね!

 

 

新しいアイコンいなか
アウトドアブランドならではの背負やすさに配慮されたスペック。

これで1万円代はまだまだ安い!
 
 
①背中に沿う流線型を採用
②ショルダーストラップの抜群のクッション性
③長時間背負っても蒸れにくいメッシュ構造 etc…
 
 

マンティス26の使いにくさ『不満・デメリット』を3つ紹介

マンティス26に付いているブランドロゴ

これまで使いやすさや背負やすさなどスペック面をべた褒めしてきましたが、使っていて『惜しいな』と感じたところはいくつかあります。

 

3つの使いづらい点を紹介してこの記事は終わりとします!

 

 

防水機能はそこまで強くはない

他の方のブログ記事を読むと、防水機能が優れていると書かれていることが多い。

 

しかしマンティス26は、PVコーティングしているだけの表面素材であるので防水というよりは撥水力をもたせているだけ。
大雨に降られると余裕で中まで濡れてしまいます。

 

完全防水だと思っていた方。必ず防水カバーを使用することをおすすめします!

 

→完全防水ではなく、小雨程度しか防げない。PCを入れて使う方は要注意です!
 

無駄なポケットが多い

 

ミニマル化が流行のバック業界ですが、マンティス26はその逆をいっています。

 

登山使いであれば必要なのかもしれませんが、普段使いの私にとってはちょっとポケットが多すぎる。
どこに何を入れたのかわからなくなってしまいます。

サイドポケット1つ。トップを廃止。これが私の理想です!

 

→ポケットが多すぎてかえって収納しづらい。
 
 

PC用のクッションが無い

PC専用スリーブが薄くクッション性がほとんどなく、万が一リュックを落としてしまうと故障してしまう可能性があります。

都会使いであるならば、より厚めで安心感のあるクッション材を入れてほしかった。

 

→PC用の保護クッションがないため不安。

 

 

新しいアイコンいなか
①防水機能②ポケットの多さ③PCの保護力

この3つが惜しいなと思ったデメリット部分。
 
 
 

マンティス26は結局買うべき??【まとめ】

マンティス26の生地感

 

2021年現在の定価は18,700円のマンティス26。

不満点はありますが価格や性能を考えると、コスパは抜群。
メイン使いではなくちょっとした旅行や遊び使いがいいかな〜と思います。

 

【マンティス26の特徴まとめ】


メリット
・都会使いだけでなく軽登山でも使用できるほどの高スペック
・収納力が高くたくさん物を入れることができる
・背負いやすさは一級品!抜群のフィット感


デメリット
・防水機能は最高というわけではない
・ポケットの数が多すぎてかえってごちゃごちゃしてしまう
・PCスリーブのクッション性に不安がある
 

 

新しいアイコンいなか
私が持っているカラーは奇抜なグリーンですが、定番のブラックであればコーディネートにかなりハマります。

男性だけでなく女性の方も背負いやすいちょうどいいサイズ感。

マンティス26は総合的に見るとかなり使えるリュックだと感じました!
 

【関連記事】

【保存版】ブリーフィングの定番バッグ16選!!『人気の名作カバンを網羅的に紹介』

 

 

最新情報をチェックしよう!