【購入レビュー】ダイワピア39『ゴアテックスインフィウム TECH CAP』のディティールを紹介

ダイワピアのゴアテックス素材キャップ
出典:DAIWA PIER39

 

ここ数シーズン特に人気のアパレルブランド『DAIWA PIER39(ダイワピア サーティーナイン)』をご存知ですか?

フィッシングブランド『ダイワ』から派生したファッション特化の新レーベルです。

 

 

フィッシングやアウトドア要素を取り入れつつ、アーバンライクに仕上げたプロダクトはとても高品質。
販売すればまたたく間に即完の人気ぶりです。

 

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
ダイワピア、2021年AWでローンチされた6パネルキャップをGET!

この記事ではDAIWA PIER39の基本情報とキャップの購入レビューをします。
 
 
 
【本記事の内容】

・DAIWA PIER39とは?サクッとブランド情報紹介
・購入レビュー!「GORE-TEX INFINIUM TECH 6PANEL CAP」のディティールを紹介
・新素材ゴアテックス インフィニウムのスペックを深堀り
 
 

 

【関連記事】

新ブランド紹介『UNFRM OUTDOOR STANDARD』は都会派アウトドア×ミリタリーの完成形

【ファッション的かつ機能派】おすすめフィッシングベスト6選紹介

 

 

 

DAIWA PIER39とは?サクッとブランド情報紹介

ダイワピアのロゴ
出典:DAIWA PIER39公式

 

DAIWA PIER39の基本情報
創業2020年2月スタート
日本
コンセプト
「大自然」と「都会をシームレスに繋ぐ架け橋」
特徴1ビームス監修のもと生まれた、老舗フィッシングブランド『ダイワ』のハイセンスアパレルライン。
特徴2フィッシング要素とアーバンユースをうまく掛け合わしたデザインが特徴。

 

 

 

新しいアイコンいなか
フィッシングブランド『ダイワ』から生まれただけあって、機能性は抜群。

アウトドアブランドやスポーツブランドとは一味違う。『ファッション的フィッシングブランド』の地位を確立しました!
 
 
 
【DAIWA PIER39の由来】
PIER→英語で桟橋を意味する
39→サンフランシスコの桟橋の中でも39番の桟橋は大きな複合施設がある。そしてヒッピー文化の聖地ヘイトアシュベリーにつなぐ桟橋でもある。


→つまりフィッシングカルチャーとアパレルを繋ぐ架け橋という意味がブランドに込められている。
 
 
 
そんなDAIWA PIER39はとても都会的かつフィッシングやアウトドア要素を上手に取り入れている。

最先端の素材を積極的に採用しており機能性が高い。そしてとてもファッション的。
今後ますます盛り上がっていくブランドでしょう。
 
 
 
よりブランドの雰囲気を知りたい方は公式HPのルックを御覧ください!
 
 
 

レビュー「GORE-TEX INFINIUM TECH 6PANEL CAP」を購入!!

ダイワピアのキャップ

 

 

 

新しいアイコンいなか
それでは2021年AWで発売された、ゴアテックスインフィニウムを使用したキャップを紹介していきます。

 

結論、コスパ・スペック共に満足のアイテムでした。

 

 

 

価格:6,600円(税込み)
素材:ゴアテックスインフィニウム(ナイロン100%)
サイズ:FREE
カラー展開:Black/Olive/Beige
 
 
 

写真で細かな仕様を紹介

【フロント】

ダイワピアのキャップ「フロント」

見た目は至ってシンプル。
なんの変哲もない6パネルキャップです。

 

【サイド】

ダイワピアのキャップ「サイド」

ややツバは短め。
さり気なく配置されたゴアテックスインフィニウムのタグがアクセントになっています。

 

ダイワピアのキャップ「サイド」2

 

 

【バッグ】

ダイワピアのキャップ「バッグ」

ダイワピアのキャップ「バッグ」2

サイズはフリーサイズのみでベルクロでアジャストする仕様。
使い込むごとにベルクロの接着部が乱れてくるのがデメリット。しかし調整は一番しやすい。

 

 

【内側】

ダイワピアのキャップ「内側」

内側を見るとゴアテックスインフィニウムの裏地が。洗濯をおこたると加水分解の恐れがあるので、定期的にケアは必須。

 

ダイワピアのキャップ「つば」

額に当たる部分には「すべり」が付いています。
かぶりやすさを向上することはもちろん、汗や皮脂なども吸い取ってくれる。

 

【ネックストラップ】

ダイワピアのキャップ「ネックストラップ」 ダイワピアのキャップ「ネックストラップ」2 ダイワピアのキャップ「ネックストラップ」3

デザイン面での最大の特徴は取外し可能なネックストラップがついていること。
機能面以上にデザインのアクセントとして活躍してくれます。

 

 

新しいアイコンいなか
以上が大まかなデザインについて。

特に作り自体に特出する特徴はない。
ゴアテックスインフィニウムを使用した撥水性に重きをおいている印象を受けます。

 

 

では次にそんなゴアテックスの実力。水の弾く具合を見ていきましょう!

 

 

表面の防水性をチェック

 

後ほど紹介しますが、6パネルキャップで使用されているゴアテックスインフィニウムという素材には水を弾く効果があります。
購入時の段階でどれほど耐水性があるのか水をかけてみました。

 

 

 

【水をかけた直後】

ゴアテックスインフィニウムの撥水性2

表面を滑るほど高い撥水性。スルスルと生地の上を滑ります。

 

【水をかけて30分後】

ゴアテックスインフィニウムの撥水性

30分放置してみましたが中に染み込むことはなく、かけた直後と変わらぬ撥水性でした。
第一印象でいうと、ゴアテックスPRO同様の強力な水の弾き具合。

 

 

【水を軽く払った後】

ゴアテックスインフィニウムの撥水性3水を軽く弾くと、あとジミも残ること無く完全に乾いた状態。
少量の雨どころか大雨の日でも活躍してくれそうです。

 

【撥水性の結果】

→購入時に関しては最強の撥水性。完全防水でないかと思ってしまうほどの効果だった。
 

※使い込むごとに撥水効果は弱くなっていきます。

 

 

 

新しいアイコンいなか
以上がダイワピアのキャップ紹介でした。
最後にゴアテックスインフィニウムとはどのような素材なのか?を説明してこの記事は終わりとします。
 
 
 

 

 

『素材紹介』ゴアテックスインフィウムとは?

ダイワピアのキャップ【ゴアテックス】

 

 

「ゴアテックスは知っているけど『インフィニウム』は知らない」

という人多いと思います。

 

 

新しいアイコンいなか
そんな方に向けて、最強防水素材「ゴアテックス」との違いも含めて簡単に紹介。
 

 

 

【GORE TEX INFINIUM5つの機能性】

  1. 防風性:風が生地の中まで通ることはない。
  2. 透湿性:汗などの熱気を外に出す効果がある。
  3. 耐水性:水が入りにくい性質がある(完全防水ではない)
  4. フィット性:ナイロン100%とは思えないフィット感を実現
  5. 快適性:ゴワゴワしないしなやかな質感

 

 

 

 

ゴアテックスインフィニウムは従来のゴアテックスに比べ、しなやかさや快適さを優先している素材です。
ゴアテックスのように完全防水ではないが長時間着用していても疲れにくいのが最大の特徴。

 

『とは言っても普通の雨程度だったらしっかりと弾きます』

 

 

豪雨や過酷な環境を想定いていない。
ドライな環境下や都会使いであればゴアテックスインフィニウムの性能がベストです!

 

 

 

新しいアイコンいなか
以上がDAIWA PIER39とその製品の紹介でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
 
 
【関連記事】
 
ダイワピアのキャップ「ネックストラップ」2
最新情報をチェックしよう!