【オススメ】ハーレーオブスコットランドのニットは着心地最高。

ハーレーオブスコットランドのニット数枚
出典:フェブインターナショナル

こんにちは。スグレモノを運営している『いなか』です。

今回はイギリスのニットブランド『ハーレーオブスコットランド』について。

シンプルかつ良質なニットを生産しているファクトリーブランドを紹介

 

シンプルで品質の高いニットを生産し続けているブランド『ハーレーオブスコットランド』

一見すると、ただただシンプル。だけど品質が高く、着心地が抜群に良いことで定評があり、男女問わずファンが多い冬の定番ニット専業ブランドです。

 

今回は、そんなハーレーオブスコットランドの特徴と定番の2モデルについて徹底深堀りします。

この記事を読めば、ブランドの知識が一段と深まります。

 

□こんな方に読んでほしい
★ハーレーオブスコットランドを知らなかった
★着心地が良い秘密を知りたい
★おすすめモデルを知りたい

 

【関連記事】

『【レビュー】ル・トリコチュールのガンジーセーターの虜【特徴とサイズ感紹介】』

『ジャミーソンズのニットとは?【歴史や特徴など全部ここで学ぼう】』

Advertisement

Harley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)って??

紫色のハーレーオブスコットランドのニット
出典:フェブインターナショナル

ハーレーオブスコットランドはイギリスのスコットランドで1929年に誕生した老舗ファクトリーブランド。

 

品質の高いシェットランドウールを使用したニット製品に定評があり、『暖かさと柔らかさ』を追求した結果、驚くほどに軽い着心地ながらも確かな保温力を実現しました。

 

現在では、シェットランドウールだけにとらわれず、カシミア素材やヴァージンウール。モヘアなど様々な加工を施し、挑戦を続けています。

 

↓次に具体的な特徴を3つ紹介。

先進的なシームレスニッティング

ハーレーオブスコットランドはシームレスニッティング
出典:Explorer

 

ハーレーの最大の特徴といえば、ボディとアームを繋ぎ目がないシームレスなニッティング。

簡単に言えば、肩から脇にかけてつなぎ目がなく、スエットなどに見られるラグランスリーブのような形状をしているのです。

 

無駄な縫い目がないため、ガサつくこともなく着心地は最高。デザインとしてもよりミニマムで、流線を描くような美しいシルエットが得られます。

 

発色良いシェットランドウール

ハーレーオブスコットランドはシェットランドウールを使用
出典:Jack Pot

イギリスのシェットランド諸島の羊から取れる『シェットランドウール』

極寒の地で育った羊の毛は、軽くて暖かい。そして発色が美しいのが特徴。

色が入りやすく、シェットランドウールを使用したセーターなどは、カラーバリエーションが多くあります。

ハーレーオブスコットランドも言わずもがなカラバリが豊富。
冬の差し色に攻めた色を選んでみても面白いかも。

 

軽くて温かいローゲージニット

ハーレーオブスコットランドのディテール
出典:Jack Pot

 

ハイゲージニットも生産していますが、ハーレーオブスコットランドでおすすめしたいのはざっくりと編み込んだローゲージのニット。

目が詰まりすぎておらず、ふんわりとした着心地。

ドイツのSTOLL社の編み機を使用しており、昔ながらの製法で時間をかけて編まれています。

 

ハーレーオブスコットランド2つの定番モデル

数あるモデルの中でも特に人気で、ブランドの顔となっているニットを2つご紹介します。

 

シェットランドウール クルーネックニット

ハーレーオブスコットランドのクルーネックニット
出典:Woody Company

300グラム以下の超軽量ながら、抜群の暖かさを誇る定番アイテム。

シンプルかつ美しいシルエットなので、どのようなスタイルのコーディネートにもマッチします。

トレンドに流されない長く使えるニットをお探しならコレですね!

 

シャギードッグ シェットランドニット

グリーンのシャギードッグニット
出典:フェブインターナショナル

表面を起毛させたシャギードッグタイプはより暖かな印象で、男女問わず人気のアイテム。

一枚で着ても、主役級の存在感があります。

名前の通り、犬の毛のようなシャギードッグ。

個人的には冬のアクセントに、攻めたカラーのものをがおすすめ。

 

 

2万円以下と、ニットにしてはハーレーオブスコットランドは安く。そしてクオリティーがすごく高い。

良質なニットデビューにはちょうどよいブランドさんです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。