【2021-22年版】カナダグースの日本規格モデルをすべて紹介『必ずマイサイズに出会えます』

カナダグースのロゴパッチ
出典:green queen

 

『カナダグースに日本規格のモデルがあると聞いたのだけど、モデル名が多すぎて一体どれが日本規格のダウンジャケットなのかわからない。

 

この記事ではそんな悩みを解決します。

 

 

iconアイコン部員
ほとんどのカナダグースのダウンジャケットは海外規格で袖とか長すぎる。根本的に日本人に合わないんだよね〜。
 
 
新しいアイコンいなか
Inaka1992
ジャパンフィットモデル以外は確かになんだかしっくりこないですよね。ジャストサイズを目指す人は日本規格がおすすめです。
 
 
そんなわけで、この記事ではカナダグースから発売されている日本規格モデル(ジャパンフィット)のダウンジャケットをすべて紹介します。(2021年〜22年現在)

 

 

※カナダ人向けのレギュラーラインは袖が長すぎたりもダウン量が多く膨らみがありすぎる。カナダグースは高価なものなので個人的には初めの1着は日本規格モデルを推奨します!
 
 
※この記事で書かれる日本規格・ジャパンフィット・Japan SMUという3つの名称はすべて同義です。
 
【関連記事】
 

そもそも日本規格モデルは何が違うの?『オリジナルカナダグースとの違いについて』

出典:Canada Goose公式

 

カナダグースのモデルには大きく履けると以下の2ラインに分けることができます。

In Line(インライン):カナダ人などの欧米人向けに作られたグローバルモデル
Japan SMU(ジャパンSMU):日本人の体型に合わせた日本規格モデル、日本限定販売ライン
 
モデルごとに細かな仕様の違いはありますが、インラインとJapan SMUの共通する最大の違いはサイズ感とダウン量になります。
In Lineモデルは一般的な日本人体型の人にはサイズが合わない。そして日本という気候にはオーバースペックすぎるというデメリットを克服するため日本規格モデルは誕生したのです。
 
 
新しいアイコンいなか
Japan SMUは日本人の体型に合った作り・日本の気候に合わせたダウン量の日本人のためのモデルというわけです!
 
 
並行輸入品の定価より安いインラインモデルをゲットするのもよいですが、バチッとスーツと合わせる。ジャストサイズじゃないと嫌という方はJapan SMUを選ぶのがよいでしょう。

 

 

カナダグースの日本規格モデル全6モデル紹介

2021年現在、カナダグースのダウンジャケットのモデル数は100以上。ラインナップはかなり多いです。

 
 
新しいアイコンいなか
その中でもジャパンフィットモデルはたったの6モデル。
メンズ2モデル・レディース4モデルです。
 
 
【Japan SMUのカナダグース全6モデル】

メンズ
・JASPER(ジャスパー)
・RUSSELL(ラッセル)

レディース
・MACKENZIE(マッケンジー)
・CHARLOTTE(シャーロット)
・BRONTE(ブロンテ)
・LABRADOR(ラブラドール)
 
※日本限定モデルであるため並行輸入品はありません。基本的には定価でしか購入できないのが難点。
 
それでは、上記6モデルの特徴やサイズについて深堀りしていきます。
 
 

カナダグースの日本規格メンズモデル

以前まではCitadel(シタデル)やBrookfield(ブルックフィールド)・Maitland(メイトランド)などのモデルも発売されていましたが現在は、ジャスパーとラッセルの2型のみの展開となっています。

 

ジャスパーは日本で最も売れているモデル。冬になると街中がジャスパーだらけになるほどの人気です。

 

JASPER(ジャスパー)

カナダグースのジャスパー
出典:カナダグース

 

デザインに癖がなくシンプルでスタイリッシュなジャスパー。どのようなスタイルにも合わせていただける万能モデルです!

 

【ジャスパーの特徴】

・インラインモデル「シャトー」の日本規格モデル
・日本で最も売れている定番アウター
・フードのコヨーテファーは取り外し可能
・着丈はお尻が隠れる程度。スーツスタイルにも合わせることができる。
・リブの袖・フロントのストームフラップ・ハンドウォーマーポケットなど随所に防寒に適した仕様が見られる。

 

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
XS7741.549.565
S80.54351.567
M8244.554.569
L84.5465771
XL87.54759.572
XXL9048.56274.5

 

iconアイコン部員
日本規格モデルもインラインのように小さめを選ばないとといけないの?
 
新しいアイコンいなか
Inaka1992
いや、日本規格モデルはユニクロとかと同じような感覚で選んでOK!私の場合177cm64キロでMサイズです!(インラインだとXSかSくらい)
 
 

インラインだと2サイズダウンが当たり前ですが日本規格はサイズ表記通り。普段Sサイズの服をよく着る方はSサイズ。MサイズならMサイズを選ぶといいでしょう!

 

またカナダグースの公式HPではヴァーチャル試着ができる。(公式HPに自分の体重や身長を打ち込むとジャストサイズを提案してくれます!)

 

【関連記事】

カナダグースVSウールリッチを徹底比較レビュー『歴史やサイズ感などを網羅的に紹介』

 

 

RUSSELL(ラッセル)

カナダグースのラッセル
出典:カナダグース公式

 

ダウンジャケットをおしゃれ着として着こなしたいならラッセルがおすすめです!着丈や大きめの襟のバランスが非常によく、冬のマンネリファッションに緩急を与えてくれます。

 

【ラッセルの特徴】

・フロントには4つのフラップポケットが配置
・ジッパー付きのハンドウォーマーポケット
・フードのコヨーテファーは取り外し可能
・ショートレングスのため腰回りのストレスがない
・襟元が高いため首からの風の侵入を防ぐ

 

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
XS67385268
S69395470.5
M71405772.5
L74415876
XL76436176
XXL9048.56274.5

 

やや身長が高く見えるバランスなため低身長の方などにおすすめです。

着丈が短く身幅が広い。中にニットを着込んでも窮屈感のないリラックスしたサイズ感となっています!

 

 

 

カナダグース『日本規格レディースモデル』

カナダグースが流行りだした頃はメンズ流行のイメージが強かったですが、現在では女性のほうが着用率は高い気がします。ダウンジャケットとは思えないほど着ぶくれせず、スタイリッシュなシルエットが人気の理由です!

 

 

新しいアイコンいなか
ジャパンフィットモデルはメンズより多い4型です!
 

MACKENZIE(マッケンジー)

カナダグースのマッケンジー
出典:カナダグース公式

 

ジャパンフィットの中で最も着丈が長いコートタイプのダウンジャケット『マッケンジー』

レディースモデルの中で最も人気のあるジャケットで、ダウンとは思えないほどのスリムなシルエットが特徴です。

 

【マッケンジーの特徴】

・グローバルモデル「シャルバーン」の日本規格版
・ダウン量は少なく設計されておりきれいなIラインシルエットを作っている
・シンプルなデザインのためどんなスタイルにも合わせられる
・袖口にはリブに加えてフラップボタンもついているため、更に絞ることが可能

 

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
XS79334160
S81354463.5
M82.5374665
L86.53747.566.5
XL88.53749.568.5

 

ダウンの着ぶくれ感が苦手な方に好評のマッケンジー。とてもきれいなシルエットをしています!

 

 

CHARLOTTE(シャーロット)

カナダグースのシャーロット
出典:カナダグース公式

 

お尻がちょうど隠れる程度の程よい着丈感が特徴のシャーロット。ダウン量が他のダウンジャケットよりは多めで保温力が非常に高いモデルになります。

 

【シャーロットの特徴】

・お尻が隠れる程度のショートレングス
・日本規格の中ではダウン量が多めのモデル
・フロント腰部分にはハンドウォーマーポケットが配置
・裾のリブやフロントのパラシュートボタンなどカナダグースのアイコンとなる特徴は随所に見られる

 

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
XS66344360
S69364863
M72385166
L74385166.5
XL7639.55669.5

 

身幅がやや広めで着丈もスッキリとしているためストレスが少なく着用しやすい。

ダウンを毎日着ないと寒い。そんな方にオススメの1着です!

 

 

BRONTE(ブロンテ)

カナダグースのブロンテ
出典:カナダグース公式

 

メンズモデルのジャスパーの意思を受け継ぐモデル『ブロンテ』

ジャスパーのレディース版というだけあり、ややメンズライクな印象のダウンジャケットです。

 

【ブロンテの特徴】

・メンズモデル、ジャスパーのレディース版
・着丈はお尻下程度のハーフコートタイプ
・腕周りは細身かつ可動域が広い設計
・ややウエストがくびれているためシルエットはきれいなAライン

 

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
XXS76.5324259.5
XS77334663
S80.5365066
M81.53751.568
L85385370
XL8639.55673

 

定番モデルであるブロンテはメンズモデルのジャスパーとほぼデザインが同じであるため、カップルコーデなんかも楽しむことができます。

 

 

LABRADOR(ラブラドール)

カナダグースのラブラドール
出典:カナダグース公式

 

レディース向け日本規格モデルの中で最も着丈の短いモデル『ラブラドール』

アメリカ軍の名作ジャケットN-2Bをソースとしており、どこかミリタリーらしい雰囲気を感じられ1着です。

 

【ラブラドールの特徴】

・インラインのチリワックの日本規格版
・アメリカ軍のN-2Bジャケットをデザインソースとしている
・着丈が最も短くボンバージャケットのようなシルエット
・フロントポケットはカナダグースには珍しい大きなスラッシュポケット
・左肩にはユーティリティーポケットがつく

 

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
XS53364463
S56384666
M57.53949.566.5
L61415470
XL65435773

 

裾部分にはリブが施されておりジャケット下からの風の侵入を防いでくれる。着丈が短めながらも非常に高い保温力を誇るモデルです。

着丈が短いから低身長の方にもオススメ!

 

 

カナダグースのジャパンフィットモデルは日本人に適した最暖アウター【まとめ】

 

iconアイコン部員
そもそも日本規格モデルがあるの知らなかった!並行輸入品が安かったから海外サイズのモデルを買うところだったよ!

 

新しいアイコンいなか
カナダグースは10万円を軽く超える高級ダウンジャケット。数万安いからと言う理由で海外モデルを選ぶより、国内正規の日本規格モデルを選ぶのが個人的におすすめ。
 
 
ではこの記事のまとめ。
 
 
・カナダグースには日本人体型に合わせたJAPAN SMUという日本規格モデルがある
・メンズは2型・レディースは4型

【メンズ】
JASPER(ジャスパー)
RUSSELL(ラッセル)

【レディース】
MACKENZIE(マッケンジー)
CHARLOTTE(シャーロット)
BRONTE(ブロンテ)
LABRADOR(ラブラドール)
 
The日本人体型の人にとって本国のインラインモデルは大きすぎる。ワンサイズダウンしても裾が長すぎたり何かしらサイズ感に違和感が生まれます。
どうしても安くで購入したいという訳ではないのなら、日本規格モデルから選ぶとよいでしょう。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。参考になったのなら幸いです。
 
 
【関連記事】
カナダグースのロゴパッチ
最新情報をチェックしよう!