【保温性バツグン】バブアー純正ライナーベストはデザイン・スペック良し!

バブアーのライナーファーベスト
出典:GOLDEN STATE

バブアーのオイルドジャケットを買ってみたけど、全然暖かくないじゃん!

 

 

確かにオイルドジャケット単体だけだと寒いね!

保温性を高めるなら純正のライナーベストを取り付けるのがおすすめだよ。

 

『バブアーデビューしたけど寒くて着なくなってしまった』

『中にフリースやインナーダウンを着込んで厚着するのが嫌い』

 

そういった方にはバブアー純正の『ファーライナーベスト』がおすすめです。

 

ジャケットのフロントジップに直接取り付けることができるので、重ね着感がなく、ストレスフリーに保温力を確保できる優れもの。

 

この記事では、そんなファーライナーベストの特徴紹介と購入時に気をつけるべきデメリットを紹介します。

 

気になっていた方はぜひとも、参考にしてください!

 

【この記事の内容】

  • 純正ライナーベストの特徴紹介
  • 購入時に気をつけるべきポイント紹介

 

 

バブアー』ライナーベストの特徴をまるっと紹介

バブアーのファーライナー
出典:GOLDEN STATE

 

バブアーのオイルドジャケットに暖かさを期待してはいけません。

オイルド加工は雨を弾く撥水性、風を防ぐ防風性は備わっていますが、体を温める保温性は備わっていないのです。

そこで、活躍するのが純正のライナーベスト。

 

その特徴を詳しくみていきましょう。

 

 

保温力の秘密は素材にあり

ファーライナーベストの素材感
出典:uncut bound

現行品のファーライナーベストのは表地がアクリル。裏地がポリエステルという素材構成。

※写真は裏表逆の着用

毛足の長いフェイクファーは暖かい空気を逃さず中に閉じ込める働きが強く、着心地も抜群。

リアルファーではないので面倒なケアも必要なく獣臭もしないので、長時間の着用に向いている素材だと言えます。

 

また軽量のアクリルパイルを使用することにより非常に軽く、オイルドジャケットに取り付けても窮屈感なく保温性を確保することができるのです。

 

考えられたスペック【機能性】

ただ温めるだけのベストではなく、機能面に関しても考えられています。

 

①強度を上げるために施されたパイピング
②動きやすさを考慮したスリット
③収納力のある3箇所のポケット

 

英国ブランドらしい仕立ての美しさと機能性が丁度よい具合に合わせっていて、使い勝手はかなりよいです。

 

単体でも着用可能なデザイン性

モデルがバブラーライナーを着用
出典:Explorer

ファーライナーベストは単体使いも可能。

多くの方はリバーシブル使いをして、両面でコーディネート楽しんでいます。

着丈はライナーだけあってやや短めで身幅もスッキリしているので、シルエットがきれいなんです。

バブアーが推奨している着用方法ではありませんが、全く問題ない。むしろオシャレな着方だと思います。

 

次に購入の時に注意すべきポイントを紹介!

ファーライナーベスト購入の注意点

バブアー純正のファーライナーベストは年代やモデルごとに若干の違いがあります。

せっかく持っているビデイルジャケットと同じサイズ表記のベストを買ったけど、ジッパーで取り付ける事ができない。なんてこともあるのです。

 

□現行品だと大きく分けると2モデル
①レギュラーフィット用ライナーベスト
②SL(スリムフィット)用ライナーベスト

★手元にあるモデルがSLモデルであれば、SLフィット用を購入しましょう。

 

 

□時代ごとのベストの違い
①通常のファスナータイプ
②ボタンで取り付けるタイプ

 

現行品はジャケットもベストもファスナーで取り付けるタイプですが、ヴィンテージになると仕様が違ったりします。

ボタンで取り付けるタイプのジャケットには同様のベストでしか取り付ける事ができないので注意が必要。

 

また、ビデイルやビューフォートは同じ規格のものが多いですが、それ以外のマイナーなモデルだと合わない可能性もあります。

心配な方は店舗に持っているモデル名を伝えるか、実際にバブアーのジャケットを持って店舗に行くのが無難です!

 

 

 

バブアーのライナーファーベスト
最新情報をチェックしよう!