『20年後も着ていたい』が見つかるメンズファッションブログ  【スグレモノ】

【レビュー】フランス軍M47パンツを購入!『特徴やコーデ、口コミなどを徹底的に紹介』

平置きしたM47パンツ

 

ここ最近ものすごい人気のフランス軍の名作パンツ『M47カーゴパンツ』
購入してから1年ほど経ち、コーディネートのコツや素材感についてなんとなくですがわかってきました。

 

少しでも私の経験が参考になればなと思い、この記事ではM47パンツをガチレビューしようと思います。

 

 

【本記事の内容】

・M47パンツの特徴を紹介
・前期モデルと後期モデルの違いについて
・サイズ感について
・M47のおすすめコーデを紹介
・購入者の口コミ

 

1年間実際に履いてみて、履けば履くほど好きになって。M47パンツのことをもっと調べて。
そんな繰り返しの1年でした。

 

購入を考えていた方、持っているがなんだかしっくりきていなかった方。
そのような方にぜひ読んでいただきたい内容となっています。

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
レビューの結論を一言で表すと『M47はコーデに緩急をつける美シルエットパンツ』です。

なぜ良いと感じたのかも含めて徹底的にレビューしていきます!
 
 
 

【関連記事】

M47パンツのレプリカ品を8本紹介【ヴィンテージ好きにこそオススメしたいハイクオリティ】

フランス軍の名作パンツを7選紹介『フレンチミリタリー入門』

【おすすめ軍パン8選】後世に語られる名作定番ミリタリーパンツを紹介

 

M47パンツをレビュー『特徴を全紹介』

M47パンツのヒップ部分
出典:BRUT

 

1947年頃から60年代までフランス軍で使用されていたM47パンツ。

アメリカ軍のM42パンツから着想を得て生まれたと言われています。

 

ヨーロッパのECサイトを除くとM47フレンチアーミーパンツという名称で発売されており、価格は400ユーロ超え。
日本円にすると50,000円程度と、本国でも高値で取引されているようです。

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
日本だけで人気のパターンだったら、並行輸入もありだと思いましたが、どうやら世界中で評価されているみたいですね・・・
 
 
私が購入したのはM47の35サイズのデッドストック。
価格は2万円行かないくらいでした。

 

それでは早速、購入したM47の紹介をしていきます。

 

 

いわゆる未使用品のこと。
古着でデッドストックと言うと、年代は古いが誰も使用していない新古品と覚えればよいと思います。
 

購入したのは35サイズの後期モデル

35サイズのM47パンツ

購入したM47パンツは後期モデル。サイズは35。

前期と後期モデルの違いや、サイズ表記の見方は後ほどご説明します。

 

ひとまず私が購入したM47パンツのサイズを御覧ください。

M47パンツの全体写真

ウエスト90cm
総丈115cm
裾幅28cm

 

 

上記のサイズを見てもらうとわかるように、サイズ感はかなり大きめです。
私の身長は178cm。普段履くパンツのウエストサイズは80cm前後なので、約10センチオーバーサイズとなります。

 

太さもかなり太めで、パンツの上から履くオーバーパンツに近いシルエットです。

 

 

新しいアイコンいなか
コレほど大きくでも、全体のバランスが良いためシルエットは美しい!
 
 
次にM47パンツの前期・後期モデルともに共通するデザイン(ディティール)を紹介!

 

 

基本ディティールを紹介

【M47パンツの基本デザイン】

・フラップ付きバックポケット
・フラップ付きサイドポケット
・スラッシュポケット
・絞りベルト付きの裾
・ニールパッチ
 
上記の基本ディティールを写真とともに紹介します。
 

M47のヒップポケット M47のヒップポケット2

M47パンツの代名詞とも言えるフラップポケット。
フラップ部分にはリネン?のあて布がついており、まるでテーラードパンツのような丁寧な作り。

 

丁寧な洋服作りをするフランスと言う国民性がM47をここまで素晴らしいものにしたのです。

 

M47のサイドポケット M47のサイドポケット2

サイドのカーゴポケットも同様に、2重のフラップポケット。

写真には載っていませんが、ボタンが上にもついておりサイズが調整できるようになっています。
荷物の多い時は上のボタンで止め、マチを広げることができるのです。

 

最近ではファッションとしての評価が目立ちますが、M47パンツはミリタリー視点でもなり考えられた仕様になっています。

 

M47パンツのスリットポケット

フロントポケットは手を入れやすいように斜めに付けたスラッシュポケット。

両玉縁になっているので強度は十分です。

 

M47パンツの裾 M47パンツの裾2

裾は写真の様にベルトで絞ることができる様になっています。
実際のフランス軍ではベルトを絞りブーツの中にパンツを入れ込んでいることが多かったようです。

 

M47のニールパッチ

膝部分には補強としてニールパッチが付けられています。
もっとも摩擦の多い膝の強度を上げることで破れることがかなり少ない。

 

実際に中古のM47で破れありというものは見たことがありません。
60年以上も前のヴィンテージでもあることから、そのタフさは証明されているといえるでしょう。

 

 

前期モデルと後期モデルの違いとは⁉

M47パンツは大きく分けて、『47年〜50年代に生産された前期モデル』と『50年代以降の後期モデル』に分けることができます。

 

その決定的な違いは『素材』『フロントボタン』『シルエット』にあります。

 

前期モデル厚手のコットンツイル
極太ストレートシルエット
フロントボタンは2つ又は3つ
ボタンはメタルや樹脂など
後期モデル薄めのヘリンボーンツイル
極太テーパードシルエット
フロントボタンは1つ又は2つ
ボタンはプラスチック

 

イレギュラー品や、移行期で混ざりあったモデルも存在しますが、ほとんどは上記の特徴に当てはまるので見分け方は簡単です。

 

 

『生地がコットンツイルなら前期。ヘリンボーンなら後期』

この覚え方が一番簡単です!

 

 

新しいアイコンいなか
では写真で前期・後期の違いを紹介していきます。
 
 
※私は後期モデルしか持っていないので前期の写真はネットから拝借させていただきました。
 
 
【素材】前期はコットンツイル・後期はヘリンボーン
M47パンツの前期モデル
出典:Pheb International

前期モデルは厚手のコットンツイルが使用されており、ガシッとした素材感。

M47後期の素材感

後期モデルはイワシの骨のような形のヘリンボーンツイル。
薄手なため夏でも快適。

 

【フロンボタン】前期は2つ・後期は1つ

M47前期モデルのフロントボタン
出典:Pheb International

前期モデルは内側にボタンが2つ付く仕様(超初期は3つボタン)

素材はメタルや尿素ボタンなど。

M47のフロントボタン

後期は上記写真のように、フロントボタンは1つ。(2つのものもある)
素材はプラスチックが多い。

 

 

【シルエット】前期はストレート・後期はテーパード

前期M47パンツのシルエット
出典:Pheb International

前期モデルはドストレートでかなり太い。

後期M47パンツのシルエット
出典:Pheb International

後期は裾にかけて若干テーパードシルエットとなっており、きれいめシルエット。

 

 

【前期モデル】生地が厚くミリタリーらしいどストレートシルエット。
【後期モデル】生地が薄くテーパードシルエット。素材はプラスチックなどに簡略化。
 
 
生地やパーツでいうと前期モデルのほうが凝っている仕様。

しかし、シルエットに関しては後期のほうがきれいなので、一般的には後期モデルのほうがファッション的と言われています。

 

マルジェラが認めた裁縫の丁寧さ

マルジェラが、90年代にM47パンツの制裁技術の素晴らしさを伝えるために裏返したM47パンツを履いてランウェイをしたことはあまりにも有名な話。

 

丁寧な裁縫だから型崩れもしにくいし丈夫。

 

M47パンツはトップデザイナーやパタンナーから見ても素晴らしい作りなのです。

 

 

M47パンツは価格が最も上がっているヴィンテージ

数年前までM47パンツはゴールデンサイズでも1万円代で購入できるミリタリーパンツでした。
しかし現在ゴールデンサイズともなると5万超えは当たり前。オークションで10万円近くの値を叩き出したこともあります。

 

ビッグシルエットブームや、価値が再評価されたという理由もありますが、一番の理由は希少性が上がってきたこと。
数が本当に少なくなっているのです。

 

更に10年後には買いたくても見つからないヴィンテージアイテムになってしまうかもしれませんね。

 

 

新しいアイコンいなか
次に気になるサイズ感について。

5万円以上のゴールデンサイズか、2万円ほどで買えるビッグサイズ。あなたはどちらを選びますか?
 
 
 

M47パンツのサイズ感を紹介

M47のサイズ感

写真を見てもらうと分かるように、私はかなり大きめのM47パンツを履いています。

 

「こんなの履けないよ」

と思われる方もいるかも知れませんが、不思議や不思議。これだけサイズが大きくてもシルエットが凄くきれいなんです。

 

ではそのサイズ表記の見方や、よく出回るサイズについて紹介します。

 

サイズ表記の見方

M47のサイズ表記

M47パンツのサイズ表記はウエストに記載されています。

写真のものだと『35』

これはウエストサイズが35cmというわけではありません。

 

最初に記載されている『3』がレングス(長さ)
次に記載されている『5』がウエストサイズを表します

 

数字が小さくなるほどのサイズも小さくなります。
一番小さい数字が『1』で仮にXSだとすると、ウエストサイズの『5』はXLサイズにあたります。

 

 

新しいアイコンいなか
それでいて割とサイズ表記はデタラメ。
年代や製造元によってかなりのばらつきがあります。
 
 
『実際にネットで購入する際は必ずcmを参考にしましょう。』
 
 
 
ちなみに大好きなWAIPERさんが公開しているサイズはこんな感じ。
15ウエスト92cm/総丈100cm
25ウエスト92cm/総丈105cm
35ウエスト92cm/総丈112cm
37ウエスト100cm/総丈112cm
45ウエスト92cm/総丈118cm

 

などなどコレはほんの一例で、まだまだサイズの組み合わせは存在します。

 

一般的な日本人のゴールデンサイズの『21』だと、ウエスト80前後で総丈も100cm以下になります。
そして、価格も5万円を超えてきます。

 

 

運良くジャストサイズに出会えれば良いですが、殆どがウエスト90以上。レングスも長いのばかりです。

 

 

大きめサイズでも買うべき理由

①ゴールデンサイズが本当に見つからない
②ビッグサイズですら球数が減ってきている
③毎年のように価格が上がっている

④ビッグサイズでも着こなすことは可能

上記の理由から、M47パンツはサイズに関係なくGETすべきだと思います。

 

オールデンのようにコードバンが無くなる詐欺ではなく、M47パンツは本当に数が減ってきています。笑
欲しいと思っているのであれば早めに手に入れることをおすすめします。


 

また、どうしてもジャストサイズが欲しい方は、ヴィンテージとしての価値は無くなりますが、購入後にレングスとウエストのお直しをするのも一つの手です!

 

 

新しいアイコンいなか
次にM47パンツを使ったコーデを紹介します。

大きめサイズでも抜群におしゃれな格好はいくらでもできるということがわかります!
 
 

M47パンツを使ったコーデを紹介

M47パンツの着用写真
出典:Pheb International
M47の着用写真2
出典:Pheb International

 

モデル:175cm 60キロ前後
着用サイズ:『45』ウエスト94cm/総丈122cm
 
 
まず初めてに見てもらいたいのが上記の写真。(フェブインターナショナル様のHPより)
 

かなり大きなサイズのM47パンツを履いているにも関わらず、コーディネートは自然でいい感じ。
流石にロールアップは必要ですが、違和感はありません。

 

 

このように、M47パンツはバランスが取れているためジャストサイズでなくとも問題なく履くことができるのです。

 

 

M47パンツを着用

ちなみに私の場合は178cm63キロで25サイズを着用しています。
自分で言うのもあれですが、ワイドシルエットながらも適度にテーパードがかかっているので、ラインはきれいだと思います!

 

 

 

新しいアイコンいなか
コレを踏まえた上で様々なコーデを見て行きましょう!!
 
 

 

「いかがでしたか?」

皆さんめちゃくちゃオシャレに着こなされてますね。


M47パンツを履くだけでシルエットに緩急が生まれるので簡単にAラインシルエットが作れます。

 

改めて色んな人のコーデを見るとやっぱりM47パンツは名作だな〜と再確認。
ほんといいパンツです。

 

 

 

新しいアイコンいなか
では最後に、購入者の口コミを紹介してこの記事は終了となります。
 
 

【関連記事】

コーディネートの基本】A・Y・I・Oラインシルエットを意識すればおしゃれに

 

 

購入者の口コミを見てみよう

口コミ

(40代・男性)
探してたものが見つかりました。
履き心地も良くてヘビロテしそうです。


(50代・男性)
サイズは35を購入し、ウエストと丈はジャストサイズで、腿と裾がすごくゆったりと真っ直ぐ下にドカンと落ちているような感じです。やっぱり、ヨーロッパ物のカーゴパンツは何となく洗練されているように感じます。お気に入りの一本になっています。


(40代・男性)
定番。最近入手困難なので、もう一本欲しくなり購入。
とてもキレイな最高の品でした。内留め尿素ボタン、縫製は今まで見た中で一番きれい。
ただ、昔と比べると高くなりましたよね。。。大事に履きます。


(30代・男性)
非常に状態の良い商品で安心しました。
洗濯機、乾燥機にそれぞれ2回かけて、ウエストで約6cm、レングスで3cm以上縮んだので良かったです。

 

などなど、M47パンツを購入された方のほとんどが満足されているようです。

また、デッドストックだとかなり縮むのでジャストサイズを購入される方は注意が必要です!

 

M47パンツの魅力まとめ

 

  1. M47パンツはミリタリーとは思えない作りの丁寧さ
  2. 球数が少なくなっており値段は高騰している
  3. サイズは大きいがコーデにハマる
  4. シルエットに緩急が付くため誰でもおしゃれに着こなせる

 

 

新しいアイコンいなか
大きく分けると上記がM47パンツがオススメであり今すぐ買うべき理由
 
 
まだ、楽天市場やヤフーショッピングでも安心して購入できるので気になる方は是非チェックしてみてください。
 
お読みいただきありがとうございました。

 

M47のサイズ感
最新情報をチェックしよう!