【M69】ボディーアーマーベストのスペックと特徴紹介『ミリタリーの勉強』

ボディーアーミーベスト

 

【前置き】これはちょっとマニアックな記事かもしれない・・・

 

 

 

「皆さんM69ボディーアーマーベストをご存知ですか?」

ミリタリー界隈で、名作と呼ばれているわけでもないし知らない人がほとんどのマイナーベスト。
だけど、ベトナム戦争時に活躍した実績のあるベスト。

 

 

この記事ではそんなアメリカ軍の隠れた珍品『M69』について紹介します。

 

 

【この記事の内容】

・M69ボディーアーマーベストの歴史と特徴を紹介
・現代的コーディネートを紹介

 

 

3分ほどで読むことができる短い内容となります。
気になる方はぜひ読み進めてみてください!

 

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
マイナーだからこそ、他の人とは絶対に被らないM69!

アーミーベストらしい多機能ベストが男心をくすぐります。
 
 
 
【関連記事】
 
 

M69ボディーアーマーベストの歴史と特徴を紹介

実物のM69ベスト
出典:Australian war memorial

※写真は実物のM69ベスト

 

ベトナム戦争で使用されたM69ベスト。
素材はバリスティックナイロンを使用しているため、超タフ。

 

また、特徴的な形状は手榴弾などの爆弾の破片から身を守るために考えられた設計で、フラグメンション(破片・断片)ベストとも呼ばれています。

 

 

M69ベストの特徴
使用された時期1962年〜1975年(おそらく)
用途破片から身を守るベスト
素材バリスティックナイロン
種類3種類

 

M69ベストは細かなマイナーチェンジがされており、細かく分けると3モデルに分類が分けられます。

ジャングルファティーグでいうところの、ファースト・セカンド・サードモデルのような感じ。

 

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
文章だけだとイメージしづらいですよね。

次に私が所有しているM69(レプリカ)の写真とともに細かなディテールを紹介していきます。
 
 
 
 

M69ベストを写真で紹介

M69ベストのフロント写真

写真はレプリカにはなりますが、本物を忠実に再現し作られているので、こちらのアイテムを元に細かな仕様を見ていきます。

 

【襟部分】M69ベストの襟部分

ラウンドカラー気味の襟は立てると首元が守られる仕様。

ある意味、ミリタリーらしくない襟ですね。

 

【フロントポケット】M69のフロントポケット

マチ付きの両胸のフロントポケットとその上部には手榴弾用のハンガーループが付きます。

ポケットの内側にはスナップボタンが2つついており、サイズ調整可能。

 

M69ベストの前たて

前たては2重構造。
いかに身を守るための工夫がされていたのかがわかります。

 

 

【サイド部分】M69ベストのサイド部分

ボディーアーマーベストの再度は紐で繋がっているだけです。

これは体型に関わらず紐を調整することによって着用可能にするための工夫で、フライト系のベストによく見られる仕様です。

 

M69ベストの横についている紐

 

素人目には複雑に編まれているように見えます。

一度外してしまうと同じように結ぶのは難しそう・・・

 

 

【背面】M69ベストの背面

 

背面は特に装飾がなくクリーンな印象。

アメリカ軍と言うよりイギリス軍っぽい雰囲気がありますね。

 

次にこのベストを使って一つコーディネートを組んでみましたので紹介します。

 

M69ベストのコーディネート例

M69ベストのコーディネート例

着丈は短めで身幅の広いボックスシルエットなので、アウターの上からや集めのスウェット生地の上から羽織るのがオススメ。

今回は冬コーデなので明るい色のセーターとリーバイス501で合わせてみました。

 

M69ベストは今風なシルエットとデザイン性なので、持ってて損なしですね!

 

 

M69のフロントポケット
最新情報をチェックしよう!