ボンクラデニムの色落ち サンプル シンチバック編

今回は約5年半履いているボンクラ(boncoura)シンチバックタイプがかなりかっこよくなっているのでその経年変化について。

ボンクラは森島氏が2011年に立ち上げた日本デニムブランドで、すべてのパーツをオリジナルの生地やアイテムを使用しているかなり凝ったデニムブランド。

今では履いてる人は町中でちらほら見ますが当時はデニムオタクしか履いていなかった玄人ブランドなイメージ。

私はたまたま玄人の友人に勧められて買っただけのエセデニム好きですが、履いてみるとどっぷりデニムとはなんたるかが気になり、今ではデニム大好き人間になりました。

リーバイスなどのヴィンテージからハマることの多いデニムの魅力ですが、現行の新進気鋭ブランドからデニムの奥深さを学んだ現代的なデニム好きです!!

育てた方法

ボンクラの育てからは人それぞれでこれと言って正解はない物。

履く度に洗い、アタリなどが少なく、キレイな薄いキレイなインディゴブルーの色落ち変化を楽しむ人もいれば、洗う回数を極端に減らし、バッキバキに育てる人もいます。

私の場合は後者を選びました。

①まず購入当時のリジットデニムを、二回洗剤も何も付けず水洗い。②濡れた状態で糊付けをし、のりの付いたかなり固いデニムに仕上る。

③その後3ヶ月間は洗わず、洗う際は近所にあるクリーニング屋の乾燥機を使い瞬間乾燥。

④最初の2年間ほどは3ヶ月に一度の洗濯を維持

⑤その後は気が向けば洗濯をし、この頃からは乾燥機ではなく、天日干し。

行った場所

このボンクラシンチバックを育てた際、少し特殊で、様々な天候の国に行きました。

日差しが厳しいフィリピンで、ボンクラはかなり汗を吸い、冬のカナダで冷凍保存のような冷たさを耐え、南米のボリビアではウユニ塩湖の塩で真っ白になったことも、、、

この環境の変化でどういった経年変化を受けるかは正直分かりませんが、間違いなく何かしたの影響を受けたかと思います。

それ以上に、様々な国に一緒に行ったということはこのデニムに対する愛着の大きさに変化がありました。

数あるパンツの1つがボンクラということでは無く、私の青春時代を共に育ったただ1つのパンツがボンクラのシンチバックです!!

ボンクラ経年変化報告

フロントのヒゲ

まずはフロント。

バキッとヒゲが出ている中に、太ももから膝下にかけてキレイに色が落ちています。

実物の強く色落ちした部分は、もはやインディゴがほとんど残っておらず、ほとんど白色に近い状態です。

ヒゲ部分の一箇所は破れてしまい、リペアに出しています!!

実はコレが人生初めてのリジットデニムを育て、破れるまでに至ったデニムがボンクラのシンチバック。

バックのハチノス

バックもいい感じに育ちました。

ヒップ部分と膝裏がお気に入り部分です。

膝裏のハチノスもヴィンテージさながらの変化具合で、ファッションとして合わせる際、フロント部分を気にする事が多いですが、このボンクラを履く時は、後ろ姿を見てくれ!!と思ってしまいます。(笑)

ポケットの糸とび

ボンクラの特徴として、ポイント毎に糸の種類(太さ)を変えているという事です。

糸が抜けても良い所は比較的糸とびがしやすくなっており、股などの破れてはいけないとことは、太い強度の強い糸を使っているので、糸とびは少ないです。

ヴィンテージのような糸とびを再現するのは現行デニムでh非常に難しいらしく、そんな凝った経年変化までも成し遂げたのがボンクラ。

ん〜。やっぱり良いですね。ボンクラ。

裾のアタリ

 

裾のアタリもデニム好きにはたまらない、変化箇所。

ヘム幅によってうねうねの細かさは変わりますが、ボンクラの場合丁度良いと言う言葉がぴったし。

キレイな螺旋状のアタリがロールアップした際に、さり気なく主張してくれます。

 

以上ボンクラのシンチバックについての経過報告??最終報告??でした。

 

 

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。