ノースフェイスがダサいと言われる4つの理由とは?【結論→ノースフェイスはおしゃれです】

出典:ZOZOTOWN

 

『ノースフェイスってダサいよね〜』

 

ってな感じで否定的なあなた!
ファッションの選択肢を一つ無くしてしまっていてすごくもったいないですよ。

 

 

この記事ではノースフェイスがダサいと言われる4つの理由の紹介と、ダサくないという反論をします。

ダサいと一蹴せずに、ぜひ歴史あるアウトドアブランド『ノースフェイス』の魅力を感じてください。

 

 

新しいアイコンいなか
(Inaka1992)

この記事にたどり着いたってことは、ダサいと言いながら少し気になっているってことだよってことだよね?
 

 

 

【関連記事】
【ヌプシブーティーはダサい?】ダサいと言われる理由とおしゃれなコーデを紹介

 

 

ノースフェイスがダサいと言われる4つの理由

出典:ノースフェイス公式

 

【ダサいと言われる理由】

①ロゴがダサい
②おじさんが着ている
③着ている人がダサい
④流行り物に反発しているだけ

 

上記4つが主なノースフェイスに否定的な意見です。

それでは一つずつ詳しく見て行きましょう。

 

 

その1:ロゴがダサい

1968年創業からからほとんど形を変えずに使用されているブランドロゴ。

このロゴに対して「ダサい」という意見を持っている人がいます。

 

コレばかりは感性の違いとしか言えませんが、個人的にはロゴにそこまで執着や意識を向けるべきではないと思います。

 

 

アウトドアブランドで、アイテムのスペックやデザイン、使いやすさを売りにしているのであって、ロゴを売りにしているわけではありません。

 

チャンピオンやアークテリクス、グレゴリーなどを購入するのはロゴがかっこいいと思うからですか??
おそらく違いますよね。

 

ほとんどの人はロゴで良し悪しを判断しているわけではないので、「ロゴがダサいからノースフェイスはダメ」というのはナンセンス!

 

 

 

新しいアイコンいなか
ロゴがダサいという理由で、商品の価値を見ないのはすごくもったいない!
 

 

その2:おじさんが着ている

ノースフェイスがゴールドウィンと提携して、日本に参入したのは1978年のこと。

すでに日本上陸40年以上が経ちます。

 

当時30歳のだったひとは今や70歳。
時代の経過を考えると、年配の方がノースフェイスを持っているのはむしろ自然です。

 

『オジサンが着ているからダサい』ではなく、

 

 

→『おじさんが着ているということは、数十年間近く使えるタフさがあるんだ。』
→『数十年使いたいと思える何か特別な魅力があるんだ!』

この様にプラスに考えることもできます。

 

 

 

おじさん=洋服に関心がなくダサい

この固定概念が邪魔しているのと、30年前の流行と今とでは全く違うので比べる対象が間違ってますね。

 

 

新しいアイコンいなか
トレンドも時代も変わっているので、おじさんが現代的なファッションでないのはあたりまえなんです!
 
 
 

その3:着ている人がダサい

「たしかに・・・ダサいね・・」

コレは私も同感です。

なぜなら、自分の好きなファッションジャンルを確立しているから。

 

 

ノースフェイスって守備範囲がものすごく広く、
全ジャンル網羅できるくらい様々なスタイルにマッチします。

 

・ストリート・アウトドア・アメカジ・モード・コンサバ・古着・サーフ・トラッド etc..
 
 
ざっと挙げてもこれだけのジャンルにノースフェイスは合います。
 
私の場合、アメカジやアウトドア系ファッションが好きなので、モードにノースフェイスをあわせているのを見るとオシャレには見えない。
 
 
ダサいと感じることはむしろファッションを楽しめている証拠と言えます。
 
 
 
100人いたら100人に刺さるファッションなんて無いので、
ダサい着かたをしている人がいるからノースフェイス自体がダサいという結論はやや不自然!
 
 

 

新しいアイコンいなか
コーディネートやスタイルは人それぞれ!

色んなスタイルにハマるノースフェイスだからこそ「ダサい」が生まれるんです。
 
 
 

その4:流行り物に反発しているだけ

 

人間誰しも『個性的』でありたいもの。

心理学的にも証明されていることですが、人気があるものをアンチしたくなるのです。

 

ずっと好きだったアイドルに脚光が浴びてしまうとなんだか冷めてしまう。あの心理と似ています。

ノースフェイスがダサいという人の半数くらいは、人気のあるブランドだからという理由だけで反発しているのかもしれません。

 

アンチが多い=人気の証拠

 

私も昔カナダグースのダウンジャケットを好んで使用していましたが、流行りすぎたため手放しました。

かっこいいと思っていたものも、流行るとダサく見えるんですよね!

 

 

新しいアイコンいなか
結局みんな天の邪鬼なんですよ!
 
 

『まとめ』結局ダサいかオシャレかはコーデ次第

 

『ダサい』をブランドのせいにしたり、アイテムのせいにするのはファッションを楽しむ妨げでしか無い。

 

『おじさんっぽいパンツをどの様に着こなしてやろうか』

『古臭いアイテムを今っぽいコーデに取り入れるならどうすればいいか?』

 

そんなことを考えながら、トライアンドエラーを繰り返すのが楽しいんです。

デザイナーズブランドのかっこいい服を教科書通りに着るだけなんてつまんない!

結局はどの様なスタイルを作ることができるか。オシャレかダサいかはあなた次第なんです。

 

『結論』

ノースフェイスはダサい→コーデ次第でオシャレにもダサくもなり得る。

【ダサいと言われる4つ理由】

①ロゴがダサい
②おじさんが着ている
③着ている人がダサい
④流行り物に反発しているだけ

→そんな事考えるのが時間の無駄。気になるなら買って試して失敗して、成功しろ!

 

 

【関連記事】

【ノースフェイス】ゴアテックス素材の手袋『モンタナイーチップGTX』を徹底レビュー

ヌプシブーティーのサイズ感と履き心地レビュー【購入前のスペック確認】

 

最新情報をチェックしよう!