「オールドコーチの特徴と魅力を紹介」安くて質の高いヴィンテージバッグの決定版!

ブラウンカラーのオールドコーチバッグ
出典:mellow

 

「古着屋さんで比較的安くコーチのバッグが売っていたんだけどあれって何?オールドコーチの特徴や歴史を知りたい」

 

そんな疑問を解決します。

 

【本記事の内容】

・オールドコーチの歴史を紹介
・人気の理由を深堀り
・アメリカ製とそれ以外の見分け方
・本物と偽物の見分け方

 

 

オールドコーチは安いにもかかわらず、作りや素材のクオリティーが素晴らしい。
多くのファッショニスタが愛用していることでも有名のバッグです。

 

 

 

新しいアイコンいなか(Inaka1992
この記事を読めば、オールドコーチの魅力から、選ぶ際のポイントまで知ることができます!
 
 

3分くらいで読める短めの内容になっていますので、興味のある方はぜひ最後までお付き合いください。

 

 

【関連記事】

【効果と使い方】ニートフットオイルはエイジングを早めてくれる?

【経年変化レビューその2】1年使用のエンダースキーマー『ウォレット』を紹介

 

 

オールドコーチの歴史をサクッと紹介

2個のオールドコーチバッグ
出典:Flower

 

世界的に有名なニューヨーク発祥のレザーブランド『コーチ(COACH)』

「そんなコーチを知らないって人はいないのではないでしょうか?」

 

そのコーチから発売されていたレザーバッグ、通称『オールドコーチ』
人によってオールドコーチの定義は違ったりします。

 

 

①ヴィンテージのコーチ全般をオールドコーチと呼ぶ。

②80〜90年代に発売された若者向けの低価格モデルをオールドコーチと呼ぶ
 
 

 

新しいアイコンいなか
僕の場合オールドコーチと言えば、80s〜90sのロープライスのものをイメージします。
 
 
この記事でも80s〜90sのオールドコーチについて紹介していくので、ガチヴィンテージが気になる人はこの記事じゃないかも・・・
 
 
 
 
80年代以前まで富裕層のみをターゲットにしていたコーチが、80〜90年代にかけて若者向けに良心的な価格で販売したバッグや革小物。

低価格モデルを総称して『オールドコーチ』と言われる。
 
 
品質や信用を落とすことなくブランディングに成功した数少ないハイブランドと言えるでしょう。
 
 
『現在は古着屋さんで数千円〜1万円ちょっとで購入できます。』
それにしても安いですね!!
 
 

人気の理由は「素材・質・デザイン」にあり

肉厚なオールドコーチのバッグ
出典:the poem

 

30年以上も前のモデルである『オールドコーチ』

「なぜ今尚人気があるのか??」

 

大きく分けると3つの理由があると思います。

①レザーの質の高さ
②作りの丁寧さ
③普遍的なデザイン

 

 

新しいアイコンいなか
価格に見合わないクオリティーの高さが最大の魅力!
では一つずつ説明していきます。
 
 
 

①レザーの質の高さ
多くのオールドコーチには「グラブタンレザー」というレザーが使用されています。
野球のグローブから着想を得ており、とにかく頑丈。そして使い込むごとに美しい光沢が生まれます。
 
レザーバッグの中でもかなり肉厚なレザーなので、10年20年使用しても型くずれしない。
学生にはもってこいのバッグだったと言えるでしょう。
 
 
②作りの丁寧さ
レザークラフトブランドである「コーチ」だからこその丁寧な作りも人気の理由です。
オールドコーチはアメリカ製も存在しており、高級ラインのコーチと同じ工場で作られていたのだとか。
妥協のない裁縫。それでいて学生でも手の届く価格帯だったことから爆発的な人気がでたのです。
 
 
 
③普遍的なデザイン
オールドコーチの多くは、なんてことのないトートバッグだったりハンドバッグばかり。
奇をてらうことなく、普遍的なバッグを多く生産したからこそ、流行の枠を外れて定番となったのです。
 
令和の時代に使用してもなんの遜色もない。
しかしどこか懐かしい雰囲気も感じる。
このバランスが取れたデザイン性が「オールドコーチ」が愛される理由でしょう。

 

 

以上3つの理由がオールドコーチが今尚愛される秘密。

 

 

 

オールドコーチのアメリカ製とそれ以外の見分け方

オールドコーチのタグ
出典:sixpackjoe

 

オールドコーチにはアメリカ製の他に様々な生産国のものがあります。

トルコ、イタリア、コスタリカetc…

 

その見分け方は簡単で中の刻印を見ると判断ができます。

 

【アメリカ製の場合】

MADE IN NEY YORK
MADE IN USA
MADE IN THE UNITED STATE

などの刻印があります。


【それ以外の国の場合】

刻印内にIT WAS HANDCRAFTED IN 『国名』となります。

 

 

やはり発祥国であるアメリカ製がほしいところ。
古着屋さんで見つけたら中の刻印を確認することをおすすめします!

 

最後に注意点!偽物と本物の見分け方について触れておきます!

 

【偽物に注意】本物のオールドコーチとの違いを紹介

「運命感じて買ったら偽物だった〜」

なんて失敗は絶対にしたくないですよね!

 

オールドコーチの本物にありがちな特徴を箇条書するので、一つでも当てはまらなければ要注意です!

 

 

【本物である証拠】

①ジッパーはYKKまたはIDEAL製
②縫い目は必ず1インチ12ピッチ
③レザープレートの刻印の番号には意味がある

 

 

新しいアイコンいなか
上記3つのポイントと重ね合わせて見よう!
 
 
具体的には、
①ジッパーのブランドを確認。
②1インチの縫い目の数を数える。
③刻印の番号をネットで検策し商品名とアイテムがあっているか確認
 
 
※本物にもイレギュラーや時代によって違いはありますので一概に当てはまるわけではないです。
 

 

もっと詳しく偽物と本物の違いが知りたい方は下記のサイトを御覧ください。
読ませていただきましたがすごく詳しく書いていました!

オールドコーチの偽物と本物の見分け方を徹底解説

 

 

以上がオールドコーチの深堀り記事でした。
最後まで読んでくれてありがとうございます!!

 

【関連記事】

【オススメ品紹介】5〜10万円の高級フルレザートートバッグ8選「流行り廃りのない定番モノだけ激選」

オールドコーチのタグ
最新情報をチェックしよう!