『20年後も着ていたい』が見つかるメンズファッションブログ  【スグレモノ】

【商品レビュー】希少ブラックBDUジャケットとは?『特徴を徹底的に深堀り!』

BDUブラックジャケットの横部分

 

アメリカ軍BDUジャケット。
長い歴史の中、たった1年だけブラックカラーが生産されていたのをご存知ですか?

 

この記事では、そんな希少価値の高いブラックBDUジャケットを深堀りしていきます。

 

【この記事の内容】

・BDUジャケットの特徴やスペックを紹介
・1年間のみ生産されていたブラックカラーについて
・サイズ感を紹介
 
 
 
実際に私が持っているBDUジャケットの写真とともに、わかりやすく紹介していきます。
 
 
 
新しいアイコンいなか
(Inaka1992)
結論今すぐにでもGETすべき名作ジャケットですよ!
 
 
【関連記事】
 
 
 

ブラックBDUジャケットの特徴をすべて紹介

ブラックBDUジャケット

 

ブラックカラーのBDUジャケットを10秒で紹介するとこんな感じ!

 

①ミリタリーとしてのスペックは120点満点。
②1997年の1年間しか生産されておらず希少性が高い。
③現代にも通用するデザインとサイズ感。

 

 

そして、現在の値段は4,000〜10,000円ほど。

これからどんどん価格が上がることが予想されるので、正直今が買いどきだと思います。

 
 
新しいアイコンいなか
それでは細かな仕様や歴史を見て行きましょう!
 
 

 

BDUジャケットの特徴を紹介

BDUジャケトのポケット

 

近代ミリタリーの名作との呼び声高いBDUジャケット。

デザインは至ってシンプルです。

 

・フラップ付きポケットがフロントに4つ
・素材はコットン50%ナイロン50%
・生地は引き裂きに強いリップストップ織り

 

デザインはほんとコレくらいしか説明することがない。
それくらい無駄が研ぎ落とされています。

 

しかし、各パーツのディテールは凝っているんです!

 

 
 
新しいアイコンいなか
写真と共に男心くすぐるディテールを見ていきましょう。
 
 

ディテールについて

BDUジャケットのバック部分
背面は何の装飾もなくシンプル。
写真では少し明るい黒になってしまっていますが、実際は真っ黒。
 
DDUジャケットの素材感
 
生地はリップストップ。
 
薄い生地の強度を上げるために縦横に格子状に補強糸を織り込む技法。
引き裂き強度は強いにもかかわらず、生地が薄いため通気性に優れている。
 
 
ベトナム戦争など亜熱帯地で活躍した生地です。
 
 
BDUジャケットの肘部分
 
肘は二重にパッチが施されており、より強度が強くなっています。
※写真わかりづらくてごめんなさい

 

BDUジャケットの袖部分

袖先は、ボタンで絞りを調整することができます。

あえてオーバーサイズを選び、袖を絞って着こなすなんてこともできますね!

 

BDUのフロントボタン

前たては2重。

テーラードによく見られる比翼仕立てです。

 

フロントポケットのボタン

フラップボタンも2重。

雑さは感じられず丁寧な作りとなっています。

フロントポケットのマチ

ポケットはマチ付きなので、見た目以上に収納力あり。

 

BDUジャケットの内側のタグ

内側の商品名が書かれた品質タグ。

 

 

「なんとなくBDUジャケットの全体図が見えましたか?」

 

次に、そもそもBDUジャケットとは何?ということと希少価値の高いブラックカラーの使用用途について紹介!

 

 

ブラックカラーの希少性

BDU-BLACK-JACKET
出典:PROPPER

 

先程からBDUと連呼していますが、BDUジャケットとはそもそもどのようなアイテムなのかについて解説します。

 

BDU:B(バトル)D(ドレス)U(ユニフォーム)の略

戦闘服として開発されたジャケットで様々な柄が存在する。
最大の特徴は引き裂きに強いリップストップ素材を採用していることで、軽くて生地が薄いにもかかわらず強度が非常にある。
 
アメリカ軍の戦場で使用されていたという歴史があるBDUジャケット。
特に亜熱帯地域で活躍したと言われています。
 
 
新しいアイコンいなか
そんなBDUジャケットの中でもたった1年しか製造されなかった幻のカラー。

それが黒色なのです!
 


 
 
ブラックカラーのBDUジャケットについて
①1997年の1年しか生産されなかった
②一部の特殊部隊にのみ支給された
③デザインや素材は通常のBDUジャケットと同じ。
 
生産年数は1年のみ。そして少人数にしか官給されなかったブラックカラー。
何着生産されたのかは不明ですが、球数は徐々に減っていることは確かです。
 
 
 
アメリカ軍の特殊部隊自体が10万人もいるはずがないので、多くとも数万着しか世の中にないでしょう!
 
 
BDUジャケットのタグ
 
 
ほとんどの、ブラックカラーのBDUジャケットのロゴには【006】というスタンプが押されています。
005と007も存在するようですが、9割方『006』だと思われます。
 
 
理由は不明ですが、後から押されたスタンプであることから以下の目的が予想されます。
 
  1. 特殊部隊ごとに番号を振り分けた
  2. 作りの善し悪しによってランクをつけた
  3. 97年製造の中でも時期が異なる。

 

本当の意味は調べきれなかったのですが、この様に想像するのも楽しいですよね。

古着やミリタリーアイテムの醍醐味といえるでしょう。

 

 
新しいアイコンいなか
今なら10,000円以下の値段!

僕はコレクション用に2着目検討してます。
 
 
 

サイズ感について

モデルがBDUジャケットを着用
出典:WAIPER
サイズ表記着丈身幅肩幅袖丈
SMALL-XSHORT(日本サイズM相当)70 cm53 cm44 cm58 cm
SMALL-REGULAR(日本サイズM相当)77 cm56 cm45 cm63 cm
SMALL-LONG(日本サイズM相当)80 cm56 cm45 cm66 cm

【スモール・ミディアム・ラージ】はサイズ
【ショート・ロング】は着丈の長さを意味している。

 

※僕が大好きなミリタリーショップWAIPERさんを参考にさせていただきます。

 

【写真のモデルさん】

サイズ:SMALL-REGULAR
身長:170cm
体重:70キロ前後

 

BDUジャケット自体やや着丈が長めなので、170前後の人はRegularサイズがオススメ。

最近はビッグシルエットブームでもあるので、崩して着こなしたい方はハーフコートのようにロングサイズにトライするのもおもしろそうですね。

 

※私は何に【スモール・レギュラー】を所有しています。(178cm,63キロ)

 

 

 
新しいアイコンいなか
あと10年もしないうちに手に入らないアイテムになるはず。

そして価格も倍、2倍と高騰することが予想されます。
 
 
 
偽物も多く出回っているみたいなので、信頼できる古着屋さんや、WAIPERさんのように信用できる店舗かネットショッピングで購入することを強くおすすめします!
 
 
以上がブラックカラーのBDUジャケットについてでした。
お読みいただきありがとうございました。
 
 
 
【関連記事】
 
 
ブラックBDUジャケット
最新情報をチェックしよう!