ジャングルファティーグパンツの年代判別方法『ディティールを見ると見分けられます』

ジャングルファティーグパンツ
出典:Feeet

 

価格がさらに上がり始めたアメリカ軍のヴィンテージ『ジャングルファティーグパンツ』

今回はそんなジャングルファティーグパンツの年代判別方法を紹介!

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
ベトナム戦争で活躍した名作であるジャングルファティーグパンツ!
気になっていた方はぜひ最後までお付き合いください。
 
 
 
またアウターであるジャングルファティーグジャケットの年代判別方法が気になる方は下記の記事も合わせてどうぞ!
 
 
 

ジャングルファティーグパンツの年代判別方法を紹介

ベトナム戦争時に官給された亜熱帯地用戦闘服『ジャングルファティーグ』

1963年から1968年のわずか6年間で4回にも及ぶ改良がなされました。

 

【各モデルの年代】

1stモデル:1963年〜1964年
2ndモデル:1965年〜1966年
3rdモデル:1967年
4thモデル:1968年〜

 

この記事を読めば上記4つの仕様の違い。見分け方やおおよその相場、レア度などがわかるようになります!

 

ディティールの違いを見ればすぐにどのモデルかわかるので、この機会に知識として知っておくとよいでしょう。

 

 

新しいアイコンいなか
Inaka1992
それでは早速4つのモデル。
そのディティールの違いについて紹介していますきます!
 
 
 

1stモデル:1963年〜1964年

ジャングルファティーグパンツ
出典:Feeet

カーゴポケットのボタンがむき出しになっている。

ジャングルファティーグパンツの1stモデル2
出典:Feeet

ウエストの調整はボタン式。

ジャングルファティーグパンツの1stモデル3
出典:Feeet

ボタンフライ&ガスフラップ。

 

 

最初期型である通称1stモデル。
ジャングルファティーグパンツの原点であり最も手に入りづらいモデルになります。

 

1stモデルの基本ディテール
年代1963年〜1964年頃
素材コットンポプリン
フロントボタンボタンフライ+ガスフラップ-(1stのみのディテール)
カーゴポケットむき出しボタン-(1stのみのディテール)
ウエストアジャスターボタン式

 

最大の特徴はカーゴポケットのボタンがむき出しであることと、ガスフラップがフロントに付いていること。
この仕様は1stのみでしか見られません!

 

【価格相場】

古着:2万円〜4万円
デッドストック:3万円〜6万円

 

デッドストックを見つけるのは至難の業。
使い込まれた古着ですら球数はかなり少ないです。

 

→むき出しボタンとガスフラップがついていれば1stモデルで間違いない!
 

2ndモデル:1965年〜1966年

ジャングルファティーグパンツの2ndモデル
出典:Feeet

むき出しボタンは廃止され通常のフラップポケットとなる。

ジャングルファティーグパンツの2ndモデル2
出典:Feeet
ジャングルファティーグパンツの2ndモデ3
出典:Feeet

ウエストアジャスターは2ndまで。3rdからベルトに変更される。

 

2ndモデルになるとむき出しボタンが廃止とガスフラップがされます。
それ以外のディテールは1stと同じになります。

 

 

1stモデルの基本ディテール
年代1965年〜1966年頃
素材コットンポプリン
フロントボタンボタンフライ
カーゴポケット通常のフラップポケット
ウエストアジャスターボタン式-(1st&2ndのディテール)

 

むき出しボタンでは無くなるだけで、雰囲気はかなり変わります。
しかし1stほどの人気はなく、価格は少しだけ下がります。

 

【価格相場】

古着:2万円〜3万円
デッドストック:2万円〜3.5万円

 

→ウエストアジャスターがボタンかつ、むき出しボタンでなければ2ndモデル

 

3rdモデル:1967年

ジャングルファティーグパンツの3rdモデル
出典:NEXT51
ジャングルファティーグパンツの3rdモデル-2
出典:NEXT51

 

3rdモデルになるとウエストアジャスターがボタンではなくベルト式に変更されます。
それ以外は2ndモデルと基本ディテールは同じになります。

 

3rdモデルの基本ディテール
年代1967年頃
素材コットンポプリン
フロントボタンボタンフライ
カーゴポケット通常のフラップポケット
ウエストアジャスターベルト式-(3st&4thのディテール)

 

また、1stから使用されていたノンリップのコットンポプリンとフロントのボタンフライは3rdモデルで廃止となります。
最終型の4thでは大きくディティールが変更されます。

 

【価格相場】

古着:1万円〜2万円
デッドストック:2万円〜3万円

 

3rdあたりになると価格は落ち着き始めます。
しかしジャングルファティーグパンツ自体の価格が徐々に上がっているのでそのうち手の届かないパンツになるかも。

 

→ウエストアジャスターがベルト式+ボタンフライであれば3rdモデル。

 

 

4thモデル:1968年

ジャングルファティーグパンツの4thモデル2
出典:Hi−Smile
ジャングルファティーグパンツの4thモデル
出典:Hi−Smile

格子状にラインが入ったリップストップコットン生地に変更される。

4thモデルのジャングルファティーグパンツ

フロントはジッパーフライへと変更される。

 

完成形である最終モデル4th。
1st〜3rdまでは細かなディテール変更のみでしたが4thでは大幅なモデルチェンジが行われました。

 

1stモデルの基本ディテール
年代1968年頃
素材リップストップコットン素材-(4thのみのディテール)
フロントボタンジッパーフライ-(4thのみのディテール)
カーゴポケット通常のフラップポケット
ウエストアジャスターベルト式

 

これまで素材は同じコットンポプリンでしたが、4thではより強度の高いリップストップコットンに変更されます。
フロントもジッパーフライに変更となったためより着脱がしやすくなりました。

 

【価格相場】

古着:1万円〜2万円
デッドストック:1.5万円〜2.5万円

 

最終方は多く生産されていたようで、デッドストックはまだ見つけやすい!
1st〜4thの中ではもっとも手に入れやすいモデルとなります。

 

→リップストップコットン+ジッパーフライは4thモデル
 

 

 

新しいアイコンいなか
以上がジャングルファティーグパンツ1st〜4thのディテールの変化について。

最後に見分け方のまとめをしてこの記事は終わりとします!
 
 

ジャングルファティーグパンツの各モデルの見分け方【まとめ】

ジャングルファティーグパンツすべてのディティールを覚えるのはやはり難しい。

最後の各モデルの特徴的なディティールのみまとめますので、それさえ当てはまればおおよその年代判別は可能です!

 

1stのみの特徴むき出しボタン+ボタンアジャスター
2ndのみの特徴通常フラップボタン+ボタンアジャスター
3rdのみの特徴通常フラップボタン+ベルトアジャスター
4thのみの特徴ジッパーフライ+リップストップコットン

 

上記の特定部だけ見ればどのモデルかわかります!

また、このどれもにも当てはまらない移行期のものやイレギュラー品も存在するらしい。
逆にそれはレアなので見つけたら買いですね!

 

 

新しいアイコンいなか
これからどんどん見つからなくなってくることが予想されるジャングルファティーグパンツ。

気になっていた方はぜひこの機会にゲットしてみてください!

 

【関連記事】

【サイズ変化実験】ジャングルファティーグジャケットを乾燥機で縮めてみた

【おすすめ軍パン8選】後世に語られる名作定番ミリタリーパンツを紹介

 

 

US.ARMY 60’s 60年代 ジャングルファティーグパンツ 4th リップストップ 米軍実物 官給 放出 USA VINTAGE ヴィンテージ ビンテージ アメリカ古着 メンズ ズボン O.D M-REGULAR【中古】
最新情報をチェックしよう!