『20年後も着ていたい』が見つかるメンズファッションブログ  【スグレモノ】

【使用レビュー】ブレード20を2年間使用して感じた不満(デメリット)と劣化具合

アークテリクスブレード20の正面写真

 

アークテリクス『ブレード20』を使用しだして丸2年が経ちました。

 

今回は実際に2年使ったからこそわかる『不満だと感じたスペック』と『劣化具合』を紹介。

 

『ブレード20のリアルな口コミ(不満)が知りたかった』

そんな方に参考にしてほしい内容になります。

 

 

□この記事を読むとわかること
★ブレード20の2年後の様子(劣化具合)
★5つの不満やデメリットに感じたのこと

 
 
自己紹介用のアイコンいなか
良い点はたくさんありますが今回はデメリットのみ紹介!
 
そもそものブレード20のスペックや特徴を知りたい方は【スーツとの相性抜群】アークテリクスのブレード20『その特徴と機能を紹介』も合わせてお読みください。

 

 

使用者が感じたブレード20のデメリット

 

デメリットというと間違いかも知れませんが、2年間使用して思ったこと、感じたこと。一個人の使用レビューを紹介します。

ブレードはトータル的に見て10点満点中9点で、スペックもデザインも申し分ない。
今回は残りの1点部分の不満を赤裸々に書きます。

 

1.不要なポケットが多い

はじめの頃は、収納が多く入れるものと入れる場所を決めると便利だな〜と思ってました。

 

  • メインケースの2つに別れたポケット
  • サイドポケットと細かく別れたペンやコードを入れるポケット
  • 背面の隠しポケット
 
 
こまめ人だと、どこに何を入れるかルールを決めてうまく利用するのでしょうが、私には無理でした。

途中で面倒くさく感じてしまった。
 
ブレード20サイドポケット内の細かな収納
 
特に不要に感じた箇所はサイドポケット内の小分けにされたポケットと背面の隠しポケット。
 
 
指が入れづらく、一度ものを入れてしまうと取り出しづらい!
 
 
現在は大きなメインポケットとサイドポケットのみ使用しています。
中は小分けにするよりはごちゃついてしまいましたが、取り出しづらいストレスよりはましです!
 
 
 
自己紹介用のアイコンいなか
こんな感じでめんどくさがりのボク個人の不満を紹介していきます。

当てはまる人は多くいると思うので購入前の参考に!
 
 

2.ビジネスでしか結局使わない

ブレード20横側の写真。少し引き目

 
【購入前】
『ビジネスでも私服でも使えるデザインで一石二鳥じゃん、よし買おう!』
 
【購入後】
『結局仕事の時しか使わなくなってしまった。』

 


 
デザインがビジネス&カジュアル対応でも2つのシチュエーションで使うことはほとんどどなかったです。
 
なぜなら、わざわざ名刺入れや書類をその都度取り出さないといけないから!
遊びに行くときにガッツリ仕事用具が入っているのって嫌ですしね。
 
 
購入後3週間も経たずにビジネス専用リュックになりました。
 
両立できるからということで購入したのに、結局ビジネス専用に。
そう考えるとわざわざブレード20に決めた意味が無くなってしまった気がするのです。

 

 

 

3.防水性能は低くPCを入れるのは不安

雨で水たまりが溜まっている

 
正直なところブレード20はたいして防水機能は優れていません
 
止水ジップとデニールの高いナイロン素材を使用していますが、雨の日にパソコンを入れておくのはかなり不安。
 
 
ゴアテックス素材の様に完全防水ではなく、あくまで防水性の高いナイロンに撥水加工を施したモノということを頭に入れて置かなければ取り返しのつかないことになります!
 
 
私の場合は不安だったので購入早々に防水カバーを購入しかばんの中に忍ばせていました。
 
 
関連記事

 私が一番長く使っているゴアテックス素材のジャケットはアルピニストに愛されるアウトドアブランドの最高峰「アークテリクス」の定番モデルベータAR. 私自身このモデルが大好きで、山登りをする日や大雨の日にレインウェアとして使用。それ[…]

マウンテンパーカーに記載されているゴアテックスタグ
 
 

 

4.2WAY使用をすることが一度もなかった

ブレード20の後ろ側をストラップで止めた写真
 
デメリットというほどはありませんが、2WAYで使用することは一度もありませんでした。
 
なぜなら個人的にストラップを背面のゴムベルトに装着すると「かっこ悪い」と感じたから
 
『そしてリュック自体が自立しない』
 
2WAYのブリーフケースタイプで使用し地面に置いた際に自立してくれればまだ良かったのですが、コロンと倒れてしまう。
 
 

 

5.高頻度で他の人と被る

 

洋服好きにとっての一番の難点。
それは他人と被ってしまうコト。

 

満員電車の中でも、街なかでも。オフィス街でもどこに行ってもブレード20を使用している人が多かった。
一時期のアークテリクスの『アロー22』のような状態です。

 

目が合う→気まずい→嫌になる。

 

特に、靴が汚れていたり、スーツのサイズがあっていないような人と被っていると良い気持ちではありません!

 

【関連記事】

「流行りすぎたか」アークテリクスのアロー22!結局買うべきなの「スペック徹底分析」

 

2年使用したブレード20の経年劣化

ブレード20の正面縦向きの画像

 

 
自己紹介用のアイコンいなか
次にブレード20の劣化具合について紹介

2年間の使用ではありますが結構汚れました!
 

ナイロン素材のバッグは必ず劣化します。
その劣化具合と原因について記事にしたものがあるのでそちらも合わせてどうぞ!
クレッタルムーセンがカビだらけに。リュックのベタつき劣化を防ぐケア方法

 

ショルダーストラップの汚れと擦れ

背面ストラップが白く汚れてきている

 
ブレード20は自立しないので、背面を下に向けて地面に置くしかありません。
 
よって背面が一番汚れます。
また、置く際に角もあたるのでリュックの側面も汚れていきます。
 
背負ったとき、ショルダーストラップは正面になるので結構目立つんですよね。
 
 

止水ジップの劣化

ブレード20の止水ジップが白く汚れている
 
止水ジッパーは水の侵入がしづらい構造ですが、普通のジッパーに比べると劣化が早い。
そして汚れて見えるこの色は、ビジネス利用でも使いづらくなってきます。
 
 

全体的な汚れ

ブレード20のショルダーストラップが汚れている

黒は白く褪せていくので、徐々に徐々に汚れが。
 
個人的見解で寿命は2年ほどでしょうか。
 
新卒で使うリュックというの用途では良いとおもうのですが、30歳超えて少し汚れたリュックをビジネス使いしている良くない。
 
 
自己紹介用のアイコンいなか
この記事はデメリットを中心に紹介しましたが、

クオリティーは高いし他のリュックと比べると頭一突き抜けてるよ!

 

 

【まとめ】ブレード20の2年使用して思ったこと

ブレード20を完全に開けた状態

 

・収納が多すぎて逆に使いづらくなってくる。
・PCを入れる事を考えると防水性はやや不安
・自立しないので、背面と角が汚れていく。
・ブリーフケースとして使うことはほぼなかった。
・カジュアルで使うこともなくなった。
・止水ジップの色が変わるのが早い。

 

※ズボラな私場合であって、定期的にブラッシングしたり、防水スプレーを使用すれば汚れもまだ抑えられると思います。

 

ただ年齢を重ねるごとに、ブリーフケースがビジネスにマッチしてきたり、汚れがレザーのように経年変化として良い方向に働かないナイロン素材なので、5年10年使うものでは無いのかな〜と感じました。

 

几帳面かつ、20代の若い世代が使用する場合は最高のアイテム!オジサンはNGかな。

 

【関連記事】【20代のあなたへ】使えるビジネスリュック14選【おしゃれ&スペック重視】

 

 

 

アークテリクスブレード20の正面写真
最新情報をチェックしよう!