『20年後も着ていたい』が見つかるメンズファッションブログ  【スグレモノ】

『M52フランスチノパンを乾燥機へ』サイズとあたりの変化結果を紹介

M52チノ横

 

フランス軍の名作パンツ「M52フランスチノ」

今後値段が上がり続けるであろう、ヴィンテージ的価値のあるパンツの一つです。

 

 

自己紹介用のアイコンいなか
今回私は思い切ってデッドストックの状態から乾燥機に入れて縮ませました!
 
 
そんなわけで、この記事では実際にM52パンツを乾燥機で縮ませた工程と変化具合(結果)を紹介

 

 

①デッドストック時のサイズ
②乾燥機にかけて縮ませる手順
③ビフォーアフターを紹介

 

上記の順番で紹介していきます。

 

縮み具合やM52パンツの購入を考えていた方は是非ご参考ください!

 

 

【先に結論紹介】

→横よりも縦に大きく縮んだが、マイサイズになるほど劇的な縮みは見られなかった。

 

M52パンツはほんとにでかいのばかり。ウエストとレングスがジャストになるという奇跡は起きませんでした。

 
 
【関連記事】

※私のは後期のM52です。

 

それでは本題に入っていきます!

 

『M52チノのサイズを紹介』購入したのは35です。

M52チノ正面

写真を見てもらうとわかるようにかなりブカブカですね。笑

 

サイズはざっと平置きでこんな感じ

 

M52チノパンのサイズ表
表記サイズ35
ウエスト45cm
総丈112.5cm
股上36.5cm
股下77cm
もも幅33cm
裾幅24cm

 

購入したM52はサイズ表記35のもの3がレングスで5がウエストのサイズを意味する)

一番流通量の多いサイズになります。

 

ただ、35というサイズ表記はおおよその目安くらいにしかなりません。

ミリタリーあるある『個体差が激しいのです』

 

 
フランス軍ってアメリカ軍のものよりきれいめだったり作りが良いとか言われますが、意外と適当。
M38のモーターサイクルパンツも、M47の定番カーゴパンツも同様サイズ感は適当・・・

 

 

☆ヴィンテージパンツはマイサイズを探し続けるとほんとに見つからない。

探してる間に価格が更に高騰する可能性があるので、本当にほしいのであればオーバーサイズをベルトで絞るという妥協も必要!

 

M52チノ後ろ

後ろ姿を見てもらうとよりオーバーサイズであることがわかります。

 

 

自己紹介用のアイコンいなか
ウエストはベルトで絞ればなんとかなりますが、特に丈が問題。

ロールアップはせめて2〜3回で済ませたいところ。
 
 
 

理想はお尻のダボつきを減らすことと、丈が短くなること。

それでは、作業に入ります!

 

M52パンツを乾燥機にかける手順を紹介

ランドリーの写真

 

縮ませる方法と言ってもやり方はすごく簡単。

 

1.洗濯機で通常洗い(洗剤は何でもOK)
2.脱水
3.乾燥機で30〜60分乾燥させる『必ずパワーの強いクリーニング屋の乾燥機で!』

 

たったこれだけです。

 

M52パンツはタフな素材なのでそこまで気にする必要はありませんが、
乾燥機に入れる際は、ボタンをすべて閉じて裏返して乾燥させる

 

 

デッドストック時はリジットデニムのようにパリパリと固くて、縮みそうな雰囲気がありました!

それではこの記事の本題、『ビフォーアフタ』を次に紹介します。

 

関連記事

 こんにちは!スグレモノ運営者の『Inaka』です。今回はタイトルの通り、今まで乾燥機実験の総まとめ記事だよ!これからもどんどん増えていくので定期的にこの記事を覗いてみると良いよ!デッドストックをメインで色々乾燥機にかけ[…]

dry-items-overall

 

M52チノパンのサイズとあたりの変化『ビフォーアフター』

「サイズがどれだけ変化したのか?」

「あたりやよれは生まれたのか?」

写真とともに見ていきましょう。

 

乾燥機後のM52チノのサイズ変化

 

乾燥機後のサイズ変化
表記サイズ35
ウエスト-1cm (45cm→44cm)
総丈-3.5cm (112.5cm→109cm)
股上-2.5cm (36.5cm→34cm)
股下-3cm (77cm→74cm)
もも幅+-0cm (33cm)
裾幅-1cm (24cm→23cm)

 

見事にサイズは縮みました。
上の表を見たところ横幅はあまり縮まず、縦に大きく縮みました。


 

自己紹介用のアイコンいなか
次に写真でどれほど変わったか見て行きましょう。

比べてみると結構縮んでいます!
 
 
 

 

縮み具合と生地感の変化を写真で紹介「ビフォーアフター」

ビフォーアフタを写真で見比べると全体的に小さくなったことがわかります。

サイズの変化と生地感の変化を見て行きましょう

左の写真がビフォーで右がアフターです。

 

 

サイズの変化

【1.フロント】

股上、股下合わせて5.5cmも縮んだだけあり、かなりスッキリした印象になりました。

ウエストは44センチと大きいためぶかぶかであることは変わりません。
(私で、178センチ63キロ ウエストは40くらい)

 


【2.サイド】

横側から見るとお尻のダボつきがスッキリとしたのがわかります。

ビフォーの写真の状態のままだと、オシャレには見えませんね。汗

私より小柄な方は35サイズだと乾燥機だけでは難しいかもしれません。

お直しを検討したほうが良い場合もあります。



【3.バック】

もう一目瞭然ですね。
別のパンツのようにサイズの変化をしてくれました。



ウエストは流石にまだブカブカなので、ベルトをするなり対処は必要ですが、裾に関しては2、3回ロールアップするといい感じに

乾燥機にかけて本当に良かったと思います。

ネット注文して届いたときはデカすぎて焦りました。笑

 

 

自己紹介用のアイコンいなか
予想以上に縮んでくれて大満足!

次は、生地感の変化について紹介していきます。
 
 



生地感の変化



【1.生地のネップ感】

こちらも同様、左が乾燥機を掛ける前、右が後です。

 

ビフォー:光沢感がありツルッとした印象
アフター:凹凸感が生まれマットな印象に

 

写真だと少し伝わりづらいですが、実際触ってみるとサラサラだったのが少しだけザラッとしたさわり心地に。

おそらく、きれいに整っていたコットンの繊維が洗うことにより縮んだだりねじれたりすることによって、ネップ感が生まれたんだと思います。

 

また、ボタンフライ部分もいい感じにシワ感が生まれています。
今後の変化が楽しみです。

 


【2.フラップポケット】

フラップポケットは驚くほどに変化しました。

デッドストックのものがきれいな形なのに対して、乾燥後はよれよれに。
かなりねじれています。

 

ここはヴィンテージ好きにぐっと刺さるポイント。

 


【3.パッカリング】
洗濯前の写真を取り忘れてしまったのですが、パッカリングもしっかりとでています。

デニムと同じ様にチノパンも使い込むごとに経年変化していくものなので、今後が楽しみです。

 

以上がM52パンツを乾燥機をかけた結果でした。

最後にまとめをして終わりとします。

 

【まとめ】M52パンツは乾燥機にかけるべき

 

乾燥機にかける手順はすごく簡単。

サイズを小さくしたいというだけでなく、いい感じに経年変化も見られるので、一度は試してみる価値アリです。

購入を考えていた方も、大きすぎるから諦めるのではなく、縮ませてみたりお直しで調整すればマイサイズに近づけることができます。

 

長々とお読みいただきありがとうございました。

是非皆さんもトライしてみてください。笑

 

【関連生地】

【サイズ変化実験】ジャングルファティーグを乾燥機で縮めてみた

 

M52チノのサイズ表記
最新情報をチェックしよう!