フィルソンのベスト乾燥機で縮ませるのは絶対にNG『4つのデメリットを紹介』

フィルソンのマッキーノクルーベルト

 

『フィルソンのマッキーのベストを乾燥機で縮ませたい』

 

そう思い、勢いで乾燥機に放り込む前にもう一度考え直してください。
ぶっちゃけ、乾燥機にかけると確実に縮みますがデメリットのほうが遥かに大きです!

 

この記事では乾燥機をかけることによる大きな4つの大きなデメリットを紹介!

※フィルソンのベストだけではなくウール素材のものすべてに共通します。

 

乾燥機でガッツリ縮める方法を知りたかったという方には残念ですが、やめておいたほうが良いでしょう。

パーカーの上からベストを羽織るなどコーディネートの役割を変更させることが一番の解決策です!

 

 

この記事の結論
自己紹介用のアイコン
フィルソンのベストは絶対に乾燥機に入れてはだめ

【理由】
 ・縮みすぎる可能性がある
 ・ねじれてしまう
 ・生地感が大きく変わる
 ・保温性が弱くなる
少しでも小さくしたい
 →洗濯のみだと1cmくらいは縮みます。

 

 

これが全てです。
では、なぜこのようなデメリットが起きるのか詳しく紹介していきます。

 


合わせて読みたい
【フィルソン】マッキーノウールベストを深堀り【特徴とサイズ感】

 

フィルソンベストを乾燥機にかけるデメリットを4つ紹介

マッキーノベストのフロント

 

様々な方の体験談を見ていると『-5cm縮んだ』『ワンサイズダウンした』など書かれていますが鵜呑みにしないほうが得策です。

なぜなら、デメリット部分を言わず奇跡的にジャストサイズに変化したことだけ紹介しているから。

 

  • 縮みすぎる
  • ねじれてしまう
  • 生地感が大きく変わる
  • 保温性が弱くなる

 

上記4つのデメリットをまったく紹介していません。

ウール素材を乾燥機にかけるなんて言語道断!絶対にやめたほうが良いです。

 

 

自己紹介用のアイコンいなか
では、その4つのデメリットを詳しく説明します。

 

想定以上に縮む可能性がある

マッキーノベストの生地感

ウール素材のニットを乾燥機にかけて縮ませる人は確かにたくさんいます。

しかし誰も狙ったサイズに縮ませることはできません。

 

まさに運任せ!

着丈と身幅が想像通りに縮まるというのは奇跡に近いでしょう。

 

いろんなブログで〇〇センチ縮んだとか書いてますが、それがすべてのアイテムに当てはまるわけではありません。

生産時期や一度洗いをかけたものかによっても全く違ってきます。
 
 
自己紹介用のアイコンいなか
ジャストサイズに縮むなんてミラクルはまず起きません!
 
 

生地がねじれてしまう

マッキーノベストのボタン部分

ボタンのかみ合わせが悪くなるほどに左右にばらつきが出る可能性があります。

縮み方をコントロールできないからミラクルは起きない。つまりはどこがどの様に縮むかがわからないということ。

 

デニムの場合はサイドのミミが正面に来るほどねじれます。約45度!!

デニムだと味とされますが、ウールがコレほどねじれてしまうと使い物になりません!
 
 
 

素材感がゴワゴワになってしまう

 

本来のウールの気持ち良いさわり心地は失われます。

縮んでしまう原理が大きく関係します。

 

「そもそもなぜ乾燥機をかけるとウールは縮むのか?」

それは水洗いによってスケールと呼ばれるウールの繊維が開き、更に乾燥機で熱を送ることに絡まり圧縮されてしまうから。

コレをフェルト化といいます。

 

 

ちょっと難しいですよね。

つまりは、「水をつけることでウールが膨張する(スケール)」→「乾燥機によってねじれからまる」→「圧縮され縮む」

 

髪の毛でいうとクシが通らないほど絡まった状態です。
本来の繊維の流れではないのでさわり心地はゴワゴワ。

ウール本来のふんわりとした質感は失われます。

 

 

本来の保温性が弱くなる

マッキーノベストの後ろ側

【ウールが温かい理由】

一本一本の毛は天然の油分や空気をまとっており体から発生した熱気を閉じ込めてくれるから。

 

自己紹介用のアイコンいなか
ダウンジャケットと構造が似ているね!
 

ダウンジャケットもダウンそのものが温かいわけではなくて、体の体温を空気とともに閉じ込める性質があるから。

 

乾燥機をかけてフェルト化してしまうと、温かい空気を閉じ込めることができなくなるので、保温性は失われるのです。
 
 

まとめ:縮ませたい人は洗濯だけにしましょう

ランドリーの写真

【乾燥機をかけることにデメリット】

  • 縮みすぎる
  • ねじれてしまう
  • 生地感が大きく変わる
  • 保温性が弱くなる

 

以上の4つのデメリットから当ブログではフィルソンのマッキーノベストはもちろん、ウール全般を乾燥機にかけることは推奨していません。

 

大きすぎるのであればトレーナーの上から羽織るなどコーディネートの役割を変更させてあげることで解決できます!

 

 

自己紹介用のアイコンいなか
それでも少しでもサイズダウンしたい!
 
そんな方には洗濯することをおすすめします。
やり方は簡単、中性洗剤で洗濯するだけ!
 
フィルソンはタフなので普通に洗濯機で回しても大丈夫です。
 
【洗濯のルール】

必ず中性洗剤またはウール専用洗剤で洗うこと!

アルカリ性などは強力なので、ウールに含まれている油分も洗い流してしまいます!
 
洗濯だけだとウールの風合いを損なわず1センチほどは縮みます。
 
何度も言いますが、乾燥機はNG、縮ませたいときは洗濯だけで!
正しいケアで大事長く愛用!それが一番です。

 

関連記事

『ウールの種類についてもっと詳しく知りたい』そんな悩みをこの記事で解決しちゃいます!  いなか(Inaka1992)ひとくちにウール素材と言っても様々な種類が存在しています。なんとその数3000種以[…]

羊の大群

 

マッキーノベストのフロント
最新情報をチェックしよう!